おもてなしにぴったり!グラタンの豪華レシピ5選

家庭料理の定番、グラタンはおもてなしの場面でも大活躍する優秀メニュー。 とはいえ、いつも具材が同じになる…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 今回は、お子さまと一緒に楽しめるものから、写真映えするおしゃれなものまで、バリエーション豊かで豪華なグラタンのレシピを紹介します。

モッツァレラがとろ~りとろける「ジャーマンポテトグラタン」

ジューシーなウインナーのグラタンは、世代を問わず人気のメニューです。
ウインナー、玉ねぎ、モッツァレラチーズ、じゃがいもを切り、じゃがいもは水にさらした後、レンジで加熱しておきます。
ウインナー、玉ねぎ、じゃがいもを炒め、塩、胡椒、醤油で味付けしたら、耐熱皿に移してモッツァレラチーズをのせ、オーブントースターで焼いて完成です。
仕上げにパセリを散らしましょう。
お子さんのお食事はもちろん、大人のビールのおつまみにもおすすめです。

みんな大好きな素材が一つになった「ツナとゆで卵のカレーマヨグラタン」

お子さまに人気のカレー、マヨネーズ、ツナ、ゆで卵…全部まとめてグラタンにしちゃいましょう!
ボウルにツナを缶汁ごと入れ、胡椒、塩、牛乳、マヨネーズ、カレー粉と一緒によく混ぜます。
これを、耐熱皿に並べた、カットしたゆで卵にかけ、トマトとチーズをのせてオーブントースターで焼きます。
チーズとマヨネーズのコクに、カレーの風味がアクセントになっておいしいですよ。
お子さんも一緒のママ友会や、親戚のお子さんのおもてなしなどに、ぜひ作ってみてください。

フライパンでできる楽チングラタン「ほうれん草とペンネのトマトクリームグラタン」

オーブンを使わなくても、フライパンだけで簡単に作れるグラタンのレシピを紹介します。
水煮のトマト、胡椒、塩、ケチャップ、生クリームでソースを作ります。
フライパンでペンネとほうれん草を茹で、茹で上がったらザルに上げて水気を切ってください。
フライパンを拭いたらオリーブオイルを引き、チーズを散らして、ペンネ、ほうれん草、ベーコン、ソースを加えざっくり混ぜます。
さらにチーズを重ねて、チーズが溶けるまで蒸し焼きにして出来上がりです。
あまり手間がかからず、後片付けも楽チンなのが嬉しいですね。
忙しい時のおもてなしに活躍するレシピです。

オクラの粘りがポイント「鮭のとろ~りグラタン」

いつもの定番グラタンに飽きたら、少し変わった具材で作ってみてはどうでしょうか。
鮭とオクラというちょっと意外な食材ですが、実はグラタンの具にしてもおいしいのです。
フライパンにバターを溶かし、鮭を焼きます。焼きあがったら、隙間にマッシュルームと長ネギを入れて炒め、ワインを加えてアルコールを飛ばします。
さらにオクラ、生クリーム、塩、胡椒を混ぜ合わせて煮た後、耐熱容器に入れ、粉チーズをふってオーブントースターで焼きます。
まろやかな生クリームとサケの甘み、そしてオクラのネバネバのハーモニーは絶妙ですよ。

ちょっと豪華なバゲットトースト「エビとブロッコリーのグラタントースト」

おしゃれなパーティーにおすすめのおもてなしメニューが、こちらのグラタントーストです。
あらかじめ、ホワイトソース、牛乳、生クリームを混ぜてソースを作っておきます。
キャベツと玉ねぎをしんなりするまで炒め、エビと白ワイン、茹でたブロッコリーとソースの順に加えながらさらに炒めましょう。
塩、胡椒で味を整えてフランスパンにのせ、パルメザンチーズをふり、オーブントースターで焼いて出来上がりです。
ブロッコリーを茹でた後にしっかり水切りをするのが、上手に作るポイントです。
見た目が豪華なので、パーティーのメニューにプラスするだけで、場がグッと華やぎますよ。

おもてなしにぴったりのグラタンレシピ、いかがでしたか。
レシピのアレンジが効くグラタンは、場面に合わせて様々な応用ができます。
お腹も心も満たされる豪華なグラタンを、ぜひ作ってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部