人気の和風ハンバーグレシピ5選

ハンバーグは、ごちそう、メインディッシュ、おもてなし等において定番メニューの一つですね。 今回のテーマは、そんなハンバーグの和風アレンジレシピです。 和風ハンバーグは、ソースの代わりに醤油やポン酢などの和風の味付けをしたり、材料に牛肉ではなく鶏肉や、豆腐、魚を使ったり。そんな人気のレシピを選んでご紹介します。

特製ポン酢だれは肉汁と合わせておいしさアップ「和風ハンバーグ」

まずは和風ハンバーグの定番中の定番、おろしポン酢でいただく合挽き肉のハンバーグレシピです。
ハンバーグにおろしポン酢という組み合わせは、好きな人も多いのではないでしょうか。
このレシピでは、ポン酢ダレにひと工夫して、柚子胡椒、砂糖、鶏ガラスープと混ぜて、ちょっと大人風味に。
コツはこのタレを、ハンバーグを焼いたフライパンで煮立てること。
ハンバーグから出た旨味たっぷりの肉汁と、さっぱりとした酸味のあるポン酢が引き立て合ってハンバーグによく合います。
がっつりと食べたい時にも活躍してくれそうなレシピですね。

ガッツリ×さっぱり美味しい「和風豆腐ハンバーグ」

次は、同じくおろしポン酢で食べるハンバーグですが、合挽き肉を鶏ひき肉と豆腐に替えてヘルシーに仕上げるレシピです。作り方はスタンダードなハンバーグのレシピと同様ですが、できあがりは軽いテイストのハンバーグに。
大葉、大根おろし、ポン酢と和食材のトッピングで爽やかに味付けします。
大根おろしにすりゴマを加えて風味をプラスするのも、このレシピのポイント。
大根おろしは多めに用意して、大葉の上からたっぷりとかけて…。
ハンバーグが食べたいけれど、カロリーは気になる、という時におすすめのレシピですね。

がっつりメニュー「たっぷりきのこあん和風ハンバーグ」

こちらのカロリー控えめハンバーグのレシピは、ハンバーグの材料に鶏ひき肉と豆腐を使う点は前出の「和風ハンバーグ」のレシピと同様ですが、トッピングをきのこあんにします。
出汁でエノキとシメジを炊いて、おろし生姜と醤油とみりんで味付けしたあんをハンバーグにかけていただきます。
きのこたっぷりで、カロリー控えめながら満足感が味わえる一皿です。
きのこあんに効かせた生姜がハンバーグの風味を引き立てて、上品な味に仕上がります。

低カロリーおかず「梅と鶏肉のハンバーグ」

カロリーをおさえたいから和風ハンバーグに、という場合も多いかもしれません。一度は作ってみてほしい「梅と鶏肉のハンバーグ」。
ハンバーグに使うのは鶏肉ですが、塩胡椒ではなくて、梅肉でハンバーグに味付けするところがこのレシピのポイントです。
鶏肉と梅肉の酸味は相性抜群。そのトッピングには、黄金の和風食材である、刻み大葉、大根おろし、刻みネギ、ポン酢を。どこを組み合わせてもおいしく、違った味わいを楽しめます。

柔らかく栄養満点お子さんにも「さば水煮缶で豆腐ハンバーグ」

最後は、魚を使った和風ハンバーグのレシピをご紹介します。具沢山のつくねのようなハンバーグをおろしポン酢でいただきます。
このハンバーグはさばの水煮と豆腐に、刻んだ野菜をたっぷり入れて作ります。
野菜は、玉ねぎはもちろん、まるでがんもどきのように、レンコン、にんじん、ヒジキ、塩昆布を、たっぷりと使います。
玉ねぎ、にんじん、レンコンはあらかじめ電子レンジで加熱して下ごしらえしますが、ポイントはこの野菜も、豆腐も、さばの水煮も、混ぜる前にしっかりと水気をきること。
水分が多くてまとまりにくい場合は、片栗粉を加えて固さを調整してくださいね。
生魚を使わないので、気軽に作れるのも嬉しいですね。

和風ハンバーグ5選、いかがでしょうか。
ハンバーグの材料やトッピングの組み合わせで色んな味が楽しめそうですね。いろいろ試してぜひ、お気に入りの組み合わせを見つけてください。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部