あさりが美味しさの決め手!定番人気のイタリアン5選

魚介料理に「あさり」が加わると味に大きな差が出るのは、実感したことがある方も多いかと思います。 磯の香り豊かでうま味も多いあさりが入ることで、食べた人の心をぐっと掴む美味しさが生まれるのです。 今回はあさりが美味しさの決め手になるイタリアンのレシピを集めてみました。定番人気の美味しい料理をどうぞお試しください。

彩り鮮やか!「あさりとフジッリのクリームソース」

最初に紹介するのは彩りの良い一皿、あさりとフジッリを使ったクリームソースのパスタです。
白ワインで蒸してふっくらと美味しいあさりを枝豆、パプリカ、小エビとともに生クリームで軽く煮立てるだけで、極上のクリームソースのでき上がり。
ゆでたフジッリを加えて、塩こしょうで味つけしたら完成です。
レモンを添えれば、より見栄えがよく仕上がります。生クリームのコクがあさりのうま味を引き立て、おもてなし料理にもぴったりなレシピです。
パスタはショートパスタ以外にも、リングイネやタリアテッレなど太目のロングパスタで作っても美味しいです。

ランチにぴったりの香ばしスパゲッティ「和風あさりの醤油スパ」

次に紹介するのは、王道のあさりのパスタに「焦がし醤油」を合わせて、和風にアレンジしたレシピです。
ベーコンとあさりのうま味が効いたソースに、焦がした醤油とバターがコクと香りをプラス。うまみとコクがたっぷりの美味しいソースがからんだパスタが、最高に美味しい一皿です。
あさりは水煮缶で代用してもOK!
しっかりとした味つけのソースなので、パスタはリングイネやタリアテッレなど太目のものがおすすめです。ソースをからめながら召し上がれ。

魚介ときのこのうま味がしみ出し「カジキときのこのアクアパッツァ」

続いて、イタリアンの定番人気メニュー「アクアパッツァ」をご紹介します。
フライパン一つでたった15分でできるお手軽レシピながら、おしゃれな雰囲気が出せるのも魅力です。
フライパンにきのこを敷き詰め、あさりとミニトマトを散らし、上からカジキをのせて、ワインを入れたらふたをして蒸し煮にするだけで簡単にでき上がり。
フライパンのまま、豪快に食卓に出しても良いでしょう。
うま味の強いあさりときのこという食材をかけ合わせることで、うま味の相乗効果が生まれ、カジキの美味しさが引き立ちます。
魚はカジキのほかに、鯛やすずき、タラなどお好きなものにアレンジしてもOK。
旬の美味しい魚をあさりと合わせて美味しくいただきましょう。

かぶに染みこむあさりのエキス「あさりとかぶのワイン蒸し」

次に紹介するのは、あさりのエキスを吸ったかぶが美味しい一皿。
にんにくの香りとワインのほのかな酸味もアクセントになり、ベーコンとあさりのうま味で箸が止まらなくなる美味しさです。
大き目に切ったかぶは食べ応えもあります。
味つけは塩こしょうのみというシンプルなレシピだからこそ、あさりのうま味が本領を発揮します。
ベーコンもあさりも塩気のある食材なので、塩の加減は味見をしてから調整してください。

レンジで作れるリゾット♪「あさりのスピードリゾット」

最後にご紹介するのは、電子レンジを使って超簡単に作れるリゾットです。
ボウルに白ワインとあさりを入れ電子レンジで加熱します。あさりをふっくらと美味しく仕上げたら、同じく電子レンジ加熱したにんにくと玉ねぎのみじん切りと合わせ、冷ご飯と合わせてチンするだけ。
塩こしょうとバター、チーズで味を調えたら完成です。
ルッコラがなければ、パセリを散らしてもOK。
あさりのだしを吸ったご飯がしっとりと美味しく、チーズとバターのコクで食べ応えのあるリゾットです。簡単に作れて、お子さまにも大人にも喜ばれる一皿です。

ここまでご紹介したレシピのように、あさりは入れるだけで料理が美味しくなる優秀な食材。
香りよくうま味も強いので、塩こしょうなどのシンプルな味つけでも、味がビシッと決まります。
砂出し済みのものを買えば、簡単に料理に活用できます。あさりの水煮缶を使えば、あさり料理はさらに簡単!
あさり料理にあまりなじみがない方は、まずは水煮缶を使うのもおすすめです。
料理に極上のうま味をプラスしてくれるあさりのパワーを体感すれば、あさりをどんどん活用したくなるはずです。
ちょっと贅沢な美味しさを味わえるあさりレシピをどうぞお試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部