変わり種アレンジに挑戦!みんな大好き餃子レシピ5選 

餃子の皮が余っている…、いつもの餃子じゃないレシピを見つけたい…。たまには一風変わったアレンジレシピが食べたくなるものですよね。 ちょっとだけ新鮮な餃子の変わり種アレンジはいかがでしょうか。みんなでワイワイ一緒に作るのも楽しい5つのレシピをご紹介します。

濃厚な味なのになぜかさっぱり!『アボカドとマヨネーズの円盤餃子』

スライスやディップなど、さまざまな用途で人気のアボカドを使った餃子アレンジレシピ。
よく練り交ぜた豚ひき肉に、角切りにしたアボカド1/2個を加えて餃子の皮で包みます。ゴロリとしたアボカドの食感を楽しむためにも、具は多めに入れたい!
なので餃子の皮は2枚使って円盤型にしましょう。テクニック入らずなのでお子さまと一緒に包むこともできますよ。
フライパンで両面を焼いたら、つぶした1/2個のアボカドマヨネーズと酢、塩を混ぜたディップをつけていただきます。
たねにもディップにもアボカドを使うことで、まろやかかつ濃厚な味わいに。
マヨネーズと酢の酸味でさわやかさも感じられますよ!

食べられるカップにアレンジ『餃子の皮のカップサラダ』

餃子の皮は包むもの…という思い込みは捨てて、器として活用したレシピ。見た目もかわいいフィンガーフードなので、パーティーなどにもオススメですよ。
マフィン用など耐熱容器に餃子の皮を入れ、オーブンでカリっとするまで焼きます。
焦げやすいので目を離さないようにして下さいね。背わたを取り、下処理をしたエビはしっかり焼きましょう。
ゆでた卵とブロッコリーは、ひと口サイズにカット。
餃子の皮カップにエビ、卵、ブロッコリーを入れ、マヨネーズとケチャップを混ぜたドレッシングをかけます。
白、黄色、緑、ピンクとカラフルなカップサラダの出来上がりです。

野菜だねでヘルシーに!『里芋のカレー味揚げ餃子』

バリバリの餃子の皮が嫌いな人はいませんよね。
ウィンナー、カレー味、ほくほく、パリパリと、こちらのレシピはみんなが大好きな要素がぎっしり!
電子レンジで加熱してからつぶした里芋に、マヨネーズとカレー粉を混ぜて味付けます。ミニウインナーを餃子の皮に乗せ、まわりに味付けした里芋を置き包みます。
揚げているときにたねが出てしまわないようしっかり閉じて!両面がきつね色になるくらいまで、180度の油で2分ほど揚げたら出来上がり。
好みでケチャップやしょう油、ポン酢などを添えて召し上がれ。
具を少なめにするとパリパリ感がアップするのでスナック感覚で食べられますよ!

海外の味を餃子で堪能『ロシア風水餃子ペリメニ』

さまざまな国の作り方で気軽に海外旅行気分を味わうのも、料理の醍醐味のひとつ。たねは、合挽き肉に玉ねぎ、にんにく、卵、塩こしょうにナツメグ。
これだけ聞くとなんだかハンバーグを作るみたいですね。これらを良く混ぜて餃子の皮に包み、半月状に包んだら、ブイヨンを入れたスープで2分ゆでましょう。
味にコクを出すためにも溶かしバターを添えるのは忘れずに!
合挽き肉と玉ねぎの甘みがじわりと広がるつるりん水餃子、スープにもうま味がたっぷり出ているので残さずいただいてくださいね。

子供に大人気!『餃子の皮で作るミートカップ』

餃子の皮を器にして、仕上げるメニューその2は、ミートカップ!
餃子の皮はカップ状になるよう耐熱容器にしいておきます。合挽き肉はマヨネーズとケチャップを混ぜたオーロラソースをからめて加熱します。
そこへうずらの卵をぽとりと落としたら、トースターで卵に火が通るまで焼きましょう。
お好みで乾燥バジルをふりかければ、サッパリとさわやかな風味が広がります。
卵の焼き加減もお好みでOKですが、半熟のとろ〜り感がソースの甘酸っぱさとぴったり合いますよ。
調理時間は25分、しかも火を使わずに作れるのもうれしいですね!

海外の味から、餃子の皮を包まずに使う技まで盛りだくさんのレシピをご紹介しました。
焼く、揚げる、茹でるとどんな調理方法にも馴染みやすい餃子レシピを参考にしながら、好きな食材を包んでオリジナルレシピを考えるのも楽しそう!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部