2018年08月10日

手軽に作る!絶品煮込みハンバーグレシピ5選

煮込みハンバーグは、子供から大人にまで愛される大人気メニュー。
煮込みなので、普段ハンバーグを作る時に心配な生焼けもない、作りやすい料理です。今回はそんな煮込みハンバーグの手間いらずのレシピから、本格的な味わいのレシピまでご紹介します。
いずれも気軽に作れるものなので、ぜひお試しくださいね。

手軽に作る!絶品煮込みハンバーグレシピ5選
出典: shutterstock

甘くてふわふわ「家族みんなで煮込みハンバーグ」

まずは、家族で食べたいレシピ「家族みんなで煮込みハンバーグ」のご紹介です。
ふわふわのハンバーグと甘いソース、ご飯のおかずはもちろん、パスタやパンとも相性バッチリです。
卵、牛乳、パン粉とひき肉、玉ねぎ、ナツメグ、塩胡椒を和えてハンバーグのタネを作り、フライパンで焼きます。
玉ねぎときのこをバターで炒め、コンソメとウスターソース、ケチャップと水を入れて、ハンバーグを入れて煮込んだら完成です。
たっぷり作って冷凍すれば、いつでも使えて便利ですよ。

焼いて煮込むをフライパン一つで「煮込みハンバーグ」

煮込みハンバーグと言うと「ちょっと大掛かりで手間がかかりそう…」と敬遠しがちな方にも朗報の、フライパン一つで作る煮込みハンバーグ。
本格的な味わいなのに、洗い物も最小限なのが嬉しいレシピです。
ひき肉と、水を混ぜてしぼったパン粉、炒めた玉ねぎ、卵を混ぜてハンバーグのタネを作り、フライパンで炒める。
そこに玉ねぎ、デミグラスソース、きのこをいれ、塩胡椒で味を調整して煮込めば出来上がり。
スピードレシピとは思えない本格的な煮込みハンバーグ、今日はハンバーグを食べたい!と言う時にパパッと作ってみてくださいね。

こってり味のハンバーグ「煮込みハンバーグ」

お手軽準備なのに、こってりとした味わいでお箸が止まらない、煮込みハンバーグのレシピをご紹介します。
ひき肉、ケチャップ、卵、パン粉、ナツメグ、刻み玉ねぎ、塩胡椒で作ったタネをきつね色になるまで焼きます。
その中にブロッコリー、きのこ、ウスターソース、赤ワイン、ケチャップを入れて煮込んだら、バターと薄力粉の合わせ調味料を入れ、とろみがつくまで煮込めば完成です。
ケチャップとバターの濃厚な味わいがたまらない、食べ応え抜群の一品です。

家にある食材でレストランのような本格的な味に「煮込みハンバーグ」

本格的なハンバーグを作ってみたい!と言う方におすすめなのがこのレシピ。家庭にある材料でできるのでハードルは高くないですよ。
ひき肉、玉ねぎ、卵、ナツメグ、塩胡椒を混ぜ、牛乳に浸したパン粉を入れ、溶けるチーズを入れたらタネの完成。
フライパンで焼き色がつくまで焼いたら、赤ワイン、ケチャップ、ウスターソース、砂糖、バター、水、ブイヨンを入れて煮込み、最後にコーヒーミルクをかければ出来上がりです。
タネを作る時に、粘りが出るまでしっかり練って仕込むのがポイントですよ。

旬のきのこで栄養満点「煮込みハンバーグ」

最後に、ハンバーグはもちろん、きのこをたっぷりと楽しめる一品のご紹介です。
ひき肉、炒めた玉ねぎ、パン粉、ナツメグ、牛乳、塩胡椒、パルメザンチーズ、ウスターソース、パセリを粘りが出るまで混ぜ、焼き目が出るまで焼く。
しめじとエリンギ、玉ねぎを炒め、ホールトマト、デミグラスソース、ウスターソース、水を入れて全体が馴染むまで煮込んだら、ハンバーグを入れて塩胡椒と生クリームを入れて煮込めば完成です。
きのこはたっぷり入れて、旬を味わってくださいね。

いかがでしたか。どの料理も手軽にできるのに、本格的な味わいが魅力的ですね。
煮込みハンバーグは冷凍庫で保存もできる料理なので、一度作ってしまえば便利に使えますよ。
ぜひ、このレシピを参考に一度作ってみてくださいね。

肉料理
ハンバーグ
煮込みハンバーグ

ライター

Moguna org
moguna編集部
「明日なに作ろう?」が楽しくなる♪簡単に作れる定番メニューも、カフェで出てきそうなスイーツも、一風変わったアレンジ料理もお任せあれ^^食卓を彩る料理レシピを多数掲載しています!moguna編集部は何気ない日も特別な日もあなたにピッタリな料理をお届けします♪