2018年08月10日

ボリューム満点のオススメ餃子レシピ5選

白菜と挽き肉を使った餡が定番の「餃子」。皮で包んで焼くだけで作れるので、家で作ったことがある人も多いはず。
今回は、普段の餃子をアレンジした、ボリューム満点の餃子レシピをご紹介します。

ボリューム満点のオススメ餃子レシピ5選
出典: shutterstock

簡単なのに本格味で大満足!「大葉トマトの本格三角チーズ餃子」

まずはトマトとチーズを使って作る、イタリアンな雰囲気漂うチーズ餃子「大葉トマトの本格三角チーズ餃子」のご紹介です。
見た目も可愛く、しっかり味を付けた豚ひき肉がジューシーで、ボリューム満点の一品です。
大葉の香りがアクセントになってとても美味しいですよ。
大葉・豚ひき肉・トマトで餃子の餡を作り、チーズをのせて餃子の皮で三角に包みます。
フライパンに並べてあとは焼くだけ。とても簡単に作れます。蒸し焼きの時間は10分前後を目安に、様子を見ながら調整してくださいね。
包み方は、好みの形にアレンジしてみてください。

モチモチの皮とマイルドな肉汁が相性抜群!「ロシア風水餃子ペリメニ」

ロシアの定番家庭料理、ペリメニをご存知ですか。
形が特徴的で可愛く、スープ感覚で食べられて、ボリューム感も満足の一品です。玉ねぎ・ニンニク・合挽き肉に味をつけ、餡を作ったら、餃子の皮で包みます。包み方はとても簡単。
半月に餡を包み、真ん中をグッと押し込み、端と端を引き寄せれば作れます。
ブイヨンでスープを作り、包んだ餃子を入れて煮込めば完成です。
好みでポン酢と溶かしたバターをつけて食べると、さらにおいしく食べられますよ。
見た目も可愛いので、おもてなし料理としても活躍しそうですよね。

一つずつ包まないダイナミック餃子「ジャンボ餃子」

ボリューム満点、見た目もびっくりな特大餃子のご紹介。
パクチー入りでジャンボ餃子だからこその食べ応えと食感が楽しめます。
特別な調理道具は不要で、フライパン一つで作れます。白菜・ネギ・ニラ・豚ひき肉で餃子の餡を作り、フライパンを熱して餃子の皮をそのまま並べます。
その上に餡を乗せ、上から皮を貼り付けて挟み、焼くだけの簡単調理。
餃子の皮をずらしながら重ね並べ、しっかりと肉ダネを包むことがポイント。
皮が焦げないように、焼き加減には気をつけてくださいね。

余った餃子の皮で「じゃがいもと明太子のサモサ風」

しっとりじゃがいもととろーりチーズ、明太子の相性が抜群のサモサ風餃子。
電子レンジを使った時短調理でパッと作れるので、余った餃子の皮でもう一品いかがでしょうか。
じゃがいもを電子レンジで加熱し、皮をむいてマッシュポテトにしたら、明太子を加えて味を整えます。
餃子の皮にチーズと一緒に包み、色好く揚げるだけ。
好みでマヨネーズや七味と一緒にどうぞ。
マッシュポテトにマヨネーズを加えても美味しく食べられるので、ぜひ試して見てくださいね。

食感が楽しいレンコンギョーザ「レンコンギョーザ」

シャキシャキの食感がやみつきになる、レンコンを使った餃子のご紹介。
ショウガとニンニク入りの餡が、香り豊かでとてもジューシーなのに、さっぱりと食べられます。
まず、レンコンを半分すりおろしにして、半分を粗みじん切りにします。食感の違いを楽しめるよう、レンコンは粗めに切ることがポイントです。
挽き肉と調味料を混ぜ合わせて餡を作り、餃子の皮で包み、あとはフライパンで焼けばできあがり。
そのまま食べても美味しいですが、酢醤油と一緒にどうぞ。
好みでラー油を加えても美味しく食べられますよ。

一味違った、ボリューム満点の餃子レシピ、いかがでしたでしょうか。
焼いても煮込んでも美味しく食べられる餃子は、メイン料理としても、副菜としてもアレンジ自在。
今回ご紹介したレシピを活用して、自分好みの餃子を見つけてみてくださいね。

肉料理
餃子

餃子の皮が余っている…、いつもの餃子じゃないレシピを見つけたい…。たまには一風変わったアレンジレシピが食べたくなるもので...
moguna編集部
餃子と言えば、半月の形をしたものが定番ですが、他に棒餃子や、最近ではスコップ餃子などアレンジ餃子レシピも話題ですね。そこ...
moguna編集部
暑い日はキンキンに冷えたビールのお供になる、外はカリッと中は肉汁ジュワ~の羽根付き餃子。寒い日は熱々のスープと一緒にいた...
moguna編集部
食欲誘う中華の王道メニュー、餃子! ご飯がススム最強おかずですよね。 オーソドックスな餃子も美味しいですが、たまには...
moguna編集部

ライター

Moguna org
moguna編集部
「明日なに作ろう?」が楽しくなる♪簡単に作れる定番メニューも、カフェで出てきそうなスイーツも、一風変わったアレンジ料理もお任せあれ^^食卓を彩る料理レシピを多数掲載しています!moguna編集部は何気ない日も特別な日もあなたにピッタリな料理をお届けします♪