子供にウケる! 夏にあう絶品カレー5選

子供の好きな食べ物の定番といえば、カレーライスですよね。ベーシックなものも美味しいけれど、それだけではちょっと飽きちゃうことも…。 今回は子供にウケて、大人も大満足できる絶品カレーの数々をご紹介します! いつもとちょっと違うカレーを作って、家族全員から「美味しい!また作って!」のコメントをいただきましょう。

材料を工夫して切る時間も煮る時間も短縮「ひき肉カレー」

まずご紹介するのは、ミックスベジタブルが食感や彩りのアクセントになるキーマカレー。
トマト缶を入れることで辛みをマイルドに仕上げているので、お子さまも食べやすく、ほのかな酸味が食欲をそそります。
トマト缶はトマトを手でつぶしながら加えると、他の具材ともなじみやすくなるのでおすすめです。
辛いのがお好みの方は、卓上でガラムマサラを振って召し上がれ。
ひき肉やミックスベジタブルを使うことで火を使う時間も少なくて済みますよ。
お肉のジューシーさがたまらない、ご飯がすすむ一品です。

夏向きのさっぱりカレー「トマトとオクラの夏カレー」

次に、夏に美味しい、旬の野菜トマトとオクラを使ったカレーをご紹介します。しかも「トマトとオクラの夏カレー」はフライパンで作れる上、煮込む時間もほとんど必要ありません。
カレールーを使わず、ヨーグルトを加えることで、より口当たりが良くさっぱりと仕上がります。
牛肉にカレー粉をまぶして炒めることで、スパイスの香りが引き立ち、いつもと少し違うごちそうカレーになります。
トマトはあまり火を加えないほうがフレッシュな風味が際立つのでおすすめです。

さつまいもとカレーも好相性「さつまいものドライカレー」

お子さまに人気のさつまいもですが、大学芋やスイートポテトなどのイメージが強いのではないでしょうか。
今回はそんなさつまいもを使った、ありそうでなかった“ドライカレー”をご紹介します。
さつまいもを角切りして使うことでひき肉ともなじみがよくなり、自然なほくほくとした甘さが美味しい一品です。
バターとオリーブオイルの風味も良く、ご飯がすすみます。

ほんのりスパイシーでご飯にも合う「豚肉とじゃがいものカレーミルク煮」

次にご紹介するのは、見た目もグッと変わったカレーです。牛乳を使うことで辛さをマイルドにしているので、小さなお子さまでも食べやすく、美味しくいただけます。
カレールーを使わず、カレー粉で味つけするので、口に入れた瞬間スパイスがほんのり香るのも美味しさの秘訣。大きめに切った野菜がごろごろと入っており、食べ応えがある一品です。
小松菜は最後に加えてサッと火を通すだけにしたほうが、色味がきれいに仕上がります。
メインおかずにもなり、副菜としても楽しめるレシピです。

ブランチにもぴったりの食べるスープ「野菜とパスタのカレースープ」

最後にこちらのカレーはいかがでしょうか。
食欲が落ちているときでもさっぱりと食べられるスープにパスタを加えることで、食べ応えのある一品になりました。
ミックスベジタブルも使って、たくさんの食材が一気に摂れるのも魅力です。
今回はペンネを使いましたが、コンキリエやマカロニなどパスタはお好きなものをお使いください。
お好みでガラムマサラを加えると、さらにスパイシーになって美味しさがアップします。

夏向けのカレーをご紹介しましたが、いかがでしたか。
お子さまが夏休みに入ると、お昼ご飯も毎日用意しなければならず、メニューに頭を悩ませている方も多いかと思います。
そんな時にカレーのアレンジレシピをレパートリーに加えておけば、とても便利です。
サッと作れて家族にも喜ばれる絶品カレー、ぜひお試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部