さっぱり仕立てのおいしいスープレシピ5選

どんな具材でも組み合わせが自由自在で、たっぷり素材の旨味を引き出し、気が向いたら手軽に作れるスープ。 スープがあれば、気持ちもほっこりしますし、献立のバランスも取りやすくなりますよね。 今回は、電子レンジで簡単にできるお手軽スープから、しっかり主役向きのスープまで、身近な食材で作れるさっぱりスープをテーマにご紹介します。

ヘルシー鶏団子のさっぱりスープ「鶏団子の塩鍋」

まずはパンにもご飯にも合い、主役にも脇役にも活躍する「鶏団子の塩鍋」。ほんのり大葉の香る、鶏の出汁が美味しくあっさりとしつつもボリューム満点のスープです。
おろしにんにく、塩、みりんを加えた鶏ガラスープを煮立てたら、鶏団子をスプーンで丸めながら落とし入れ、もやしを加えて火が通ったらできあがり。
鶏つくねには、おろししょうがと刻んだ大葉を混ぜて、爽やかな風味に。
つくねの味付けは塩や醤油でもいいですが、このレシピでは味噌を使って旨味を引き出し、スープにコクをプラスしています。

お手軽いろどりスープ「鶏ささ身とチンゲンサイのスープ」

次はおかずを引き立てる、出汁いらずのお役立ち脇役スープレシピです。
パプリカの赤、チンゲンサイの緑、ささ身の白という彩りが食欲をそそり、不足しがちな野菜をさりげなく補ってくれる、うれしい一品です。
鶏ささ身を下茹でして出汁の出たスープに、細切りした野菜を加えます。下茹でしたささ身は手で割いて戻し入れ、塩胡椒で味を整えればできあがり。
最後に胡麻油を加えるとコクが出ます。ごまを散らすのも、香ばしくなりおすすめですよ。

わかめスープにひとひねり。ちょっと変わった「わかめの冷やしスープ」

同じくおかずを引き立てる脇役スープレシピ。暑い日にぴったりの、さっぱりとした冷たいわかめのスープをご紹介します。
出汁に醤油と塩胡椒で味付けして煮立て、そこに水で戻したわかめを入れて冷蔵庫で冷やします。
千切りにしたきゅうりに、酢、砂糖、胡麻油、おろしにんにく、醤油で和えてナムルのようにして、器によそったわかめスープにのせればできあがり。
仕上げに糸唐辛子と氷を入れます。わかめをたっぷり使ったスープに、にんにくのきいた甘酸っぱいきゅうりのシャキシャキ食感がよく合いますよ。

電子レンジでできる、お手軽本格スープ「エスニック風スープ春雨」

コンビニやスーパーで見かける、スープ春雨。実は意外と簡単に、しかもインスタントのスープに負けないくらいの素早さで作れるのです。
カップに春雨、にら、水気を切ったツナを入れ、オイスターソース、酢、胡麻油、胡椒、水を加えたら電子レンジで加熱するだけ。
ツナの旨味で出汁もスープの素も入れずに充分美味しく仕上がります。にらをキッチンバサミで切れば包丁も使わずに済むので、お子さまでも気軽に作れるのが嬉しいポイント。
小腹が空いた時、軽い夜食やおかずとしても大活躍してくれそうなレシピです。
電子レンジから取り出す時はカップがとても熱くなっているので気をつけてくださいね。

滋味たっぷり薬膳風スープ「れんこんと鶏肉のあっさりスープ」

最後にご紹介するのは、しっかり主役にもなるスープ。
生姜のきいたさっぱりスープなので、体調がすぐれない日にもおすすめです。
鍋に水、料理酒、みりん、酢水にさらしたれんこん、塩もみした鶏肉、薄切りにしたしょうがを入れ、煮立ったら中火で煮ます。そこに、ほたての貝柱、切ったしいたけ、生のお米を加えたら煮込んでできあがりです。
器に盛って万能小ねぎを散らしていただきましょう。
いろいろな食感を楽しめる出汁のしっかりきいたスープは、子どもも大人もお気に入りのレシピになりそうですね。

素材の旨味をまるごと全部食べられるスープ。
今回ご紹介したレシピは、基本はもちろん、便利な小技も満載で、様々なシチュエーションで活躍してくれそうですね。
ぜひ色々な場面で活用してみてください。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部