初心者向け!簡単に作れる生姜焼きレシピ5選

生姜の風味が食欲を刺激する、絶品!生姜焼きレシピのご紹介です。 今回は、あまり生姜焼きを作る機会がない方も簡単に作れる、初心者向けのものをピックアップしました。王道の味付けから、ちょっと工夫の凝らしたアイデアレシピも。 普段の献立のレパートリーが大幅に増えてしまうかもしれません。子供から大人まで楽しめる、簡単な生姜焼きレシピをご紹介します。

煮詰めたタレが絶品、王道のレシピ「豚肉と玉ねぎの生姜焼き」

まずは豚肉に、酒、生姜汁、醤油を加えてよく揉みましょう。ここでしっかり下味をつけておくのがポイントですよ。
そこに片栗粉をまぶして炒めます。
たまねぎ、調味料と一緒にとろみが出るまで炒めたら完成です。
豚肉とたまねぎからでた甘みが口いっぱいに広がりますよ。生姜の香りも食欲を刺激してくれます。
トロっと煮詰まったタレのおかげで、思わず白米がすすんでしまうような仕上がりに。
温泉卵を落として、生姜焼き丼として応用しても良さそうです。

梅干しの酸味が決め手!「鶏肉と梅の生姜焼き」

普段の生姜焼きに梅干のみじん切りを加えることで、さっぱり爽やかな仕上がりになりますよ。
暑い日やさっぱりしたものが食べたい時などには、もってこいかもしれませんね。
梅干しの酸味のおかげで、生姜焼きを飽きることなくお腹いっぱい食べられますよ。
鶏むね肉を使うことで、しつこくなりすぎないのがヘルシーで嬉しいですよね。
ブロッコリースプラウトと紫きゃべつスプラウトを加えることで、より爽やかさが増しますよ。

味噌と鶏皮油のコク!レモン香る「こってり☆鶏皮味噌生姜焼き」

豚肉を使うことが多い生姜焼きですが、ジューシーな鶏皮を使ったアレンジメニューにチャレンジしてみませんか。
すりおろした生姜、醤油、味噌、料理酒、味醂、砂糖でタレを作ります。
フライパンで鶏皮を炒めたら、タレを加えて馴染ませます。鶏皮の旨みがしみ出した油に、味噌がよく合いますよ。
濃厚なタレに仕上がったら、最後にレモン汁を加えます。
こってりとしたタレも、レモンの香りでさっぱりといただけますよ。
ご飯との相性バッチリで、お酒のおつまみとしても大活躍してくれるかも。

ごま香る、しめじと万能ねぎを使った「豚ときのこのごま風味生姜焼き」

次にご紹介するのは、「豚ときのこのごま風味生姜焼き」。
生姜焼きのタレを作ったら、豚肉全体に浸して置いておきます。
その時にフォークを刺して、豚肉全体に穴をあけておきましょう。ごま油で豚肉としめじを炒めたら、蓋を閉じて蒸し焼きにします。
最後に万能ねぎを加えてサッと炒めたらお皿に移しましょう。白ごまを加えて香りを出したら完成です。
生姜焼きなのに、白ごまと胡麻油の風味がすることが特徴です。
しめじを加えることで香りも食感も楽しめるようになっています。お子さまのお弁当にもぴったりですね。

新感覚!シャキシャキ野菜であっさりいただく「生姜焼きのせ冷やし中華」

半熟状になるまで火を通した卵と生姜焼きを使って、冷やし中華を作ってみませんか。小松菜、豆もやし、千切りにしたにんじんをレンジでチン。
この野菜たちがポイントですよ。シャキシャキとした食感があると、冷やし中華も全然印象が違いますよね。
野菜も豚肉もバランスよくいただけるので、お子さまに野菜を多く食べてもらいたい時に便利そうです。

生姜の香りがポイントとなる生姜焼き。
豚肉を使ったり、鶏肉を使ったりとそのレシピは多岐に渡りますが、重要なのは基本となるタレです。
生姜、味醂、料理酒、醤油などで作られることが多いですが、これらを知っておけば様々な応用が効きそう。
はちみつで甘みを加えたり、コチュジャンでピリ辛に仕上げるのも面白いかもしれません。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部