サイドメニューの枠を超えた!ボリューム満点のスープレシピ5選

和洋中をはじめ、さまざまな国の料理に用いられる「スープ」。 食卓に並ぶ際には、メインの料理を引き立たせる、いわば箸休め的なイメージが強いメニューです。 しかし、今回はサイドメニューという枠を超え、メインのおかずにも匹敵する、具材をたっぷり使ったボリューム満点のスープを5つご紹介します。

ピリ辛とマイルドのハーモニー「厚揚げとおもちのキムチ納豆スープ」

キムチや納豆は保存が効くため、冷蔵庫に常備しやすい食材ですよね。便利なこれらの食材を合わせて、スープにアレンジするのはいかがでしょうか。
どちらもご飯がすすむ食材なので、スープにしてもご飯との相性は抜群ですよ。
今回はお餅も入れてボリュームのある一品に。
ちなみに、韓国版のお餅であるトックを使うと、煮てもとろけず本格的に仕上がりますよ。
キムチの辛味をマイルドな厚揚げが調和してくれるので、どなたにも食べやすく召し上がっていただけます。
ピリ辛なので、食欲増進にも役立ちますよ。

超簡単!1人分ずつ作れる「エスニック風スープ春雨」

包丁もまな板も鍋も使わない、料理初心者にもおすすめできる簡単メニューです。にらをキッチンバサミで切り、ツナ缶、春雨と合わせれば具材の準備は終了です。
あとはマグカップに具材、調味料、水を入れてレンジでチンすれば出来上がり。
1人分から作れるので、風邪を引いて寝込んでしまったという時にも、ご自身で簡単に調理できる優れものです。
また、ママの料理を手伝いたいというお子さまにも、包丁を使わないので安全に作っていただけます。
市販のカップスープにお湯を入れて完成というだけでは味気ないですが、このメニューでしたらパパッと手間なく出来上がるので、時間短縮にも一役買います。

厚揚げのボリュームでお腹満足「鶏ささみのピリ辛スープ」

ヘルシー食材の厚揚げと鶏ささみが入った満足感のあるスープです。しめじやしょうがなども使っているので、しっかりと栄養も摂ることができます。
ラー油としょうがで体の芯が温まるので、寒い時期にはもちろん、冷房にさらされた暑い時期にもおすすめです。
また、このメニューの特徴は調理の途中までは炒め物を作るプロセスとほぼ同じということ。
カットした厚揚げにしめじ、溶き卵をフライパンで炒めるまでは、さながらゴーヤーチャンプルーを作っているような工程なので、炒めもので揃えた具材をそのまま活かすことも可能です。

肉団子が食欲をそそる「もやしと肉団子の春雨スープ」

肉団子さえ作ってしまえばほぼ料理が完成してしまう、お手軽ごちそうスープをご紹介。
料理初心者の方でしたら、玉ねぎのみじん切りにフードプロセッサーを使うなど一工夫するだけで、より簡単に再現できます。
肉団子の作り方を覚えれば、ハンバーグなどに応用できるので、他の料理を作るための知識も身に付きますよ。
また、肉団子は一度火を通しているため、煮立たせすぎると固くなってしまうのでご注意を!
もやしやレタスはそのまま鍋に入れて煮ていくので、下ごしらえの必要はありません。

女性に大人気の豆乳を使った「ごま豆乳スープ」

ごまと豆乳の組み合わせは、鍋料理にも最近よく登場しますよね。好相性の2つですが、ここでは、練りごまでこっくりと深みのあるスープに仕上げていきます。
じゃがいもをつぶすときに粗目につぶすと、食感が残って満足感がアップしますよ。
じゃがいものスープといっても、ポタージュや冷製スープだけではなく、鶏がらスープともマッチするので、試してみてはいかがでしょうか。
豆乳でマイルドな味わいになるので、朝ごはんにも最適です。

ボリューム満点なスープをテーマに5つのレシピをご紹介しました。
ワンパターンになってしまいがちなスープも味付けを変えれば、飽きずにメイン級のおかずとして召し上がっていただけます。
食欲が沸かないというときにも、スープでしたら喉越し良く、摂りやすい調理法ですので、さまざまなシーンに活用してみてください。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2手抜き上手になろう!驚きの高見え晩ごはん12選てんぱちゃん
  3. 3【本日の主役は卵!】家族が笑顔になる☆おすすめの晩ごはんご紹介よこさん
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり