意外と簡単!初心者向けの南蛮漬けレシピ5選

南蛮漬けは、魚などを揚げて、ねぎや玉ねぎを入れて、合わせ酢に漬けた料理。揚げ物が甘酸っぱい漬けだれでさっぱりする上、野菜も一緒に食べられる、メインの一皿にぴったりの料理です。揚げ物にさらにひと手間加えるので、ワンランク上の料理に感じますよね。魚は小あじを使うことが多いですが、さけやさば、鶏肉のから揚げでも。今回は、一年を通して手に入りやすい食材を使った、初心者向け簡単レシピを選んでご紹介します。

さけで南蛮漬けに挑戦「鮭の南蛮漬け」

まずは、鮭を使った基本的な南蛮漬けです。
切り身で手に入りやすい鮭は、初めて挑戦する南蛮漬け向きですね。
南蛮漬けの漬けだれ、というとハードルが高く感じるかもしれないですが、それも身近にある麺つゆを使って簡単に作れます。
漬けだれは、酢、砂糖、麺つゆを混ぜ、輪切りにした唐辛子を入れ、煮立てて作ります。麺つゆの濃さに合わせて水で薄めてくださいね。
千切りにしたにんじん、玉ねぎの上に、片栗粉をまぶして揚げた鮭をのせ、作った漬けだれを熱いうちにかけて、しばらく味を染み込ませればできあがりです。
器に盛り付けて、かいわれ大根の緑をのせれば、パッと食卓が華やかに。
いつも鮭は塩焼きという方も、これなら気軽に作れそうですね。

いつものから揚げが南蛮漬けに変身!「から揚げの南蛮漬け」

こちらも、鳥もも肉、長ねぎという、普段冷蔵庫にある身近な食材を使った、気軽にできる南蛮漬けです。
長ねぎは、から揚げによく絡むように、縦半分に切ってから斜め切りにして、砂糖、酢、胡麻油、醤油、料理酒、唐辛子を混ぜて漬けだれを作ります。
そこに揚げたてのから揚げを熱いうちに入れ、混ぜ合わるだけ。とてもお手軽です。
忙しいけれど、スーパーのお惣菜そのままでは味気ない…そんな時にはから揚げだけ買ってきて、サッと漬けだれだけ作るのもありですよ。その場合は、漬けだれに漬ける前に、から揚げをしっかりと温めなおしてくださいね。

シャキシャキ野菜たっぷり、揚げない「ゆで豚の南蛮漬け」

南蛮漬けは揚げ物だけ、とは決まっていません。
さらに手軽に、サッと茹でた豚肉と南蛮漬けを組み合わせたレシピもありますよ。
揚げ物の手間いらずで、暑い夏でもこれなら作りやすいですね。
漬けだれは、麺つゆと酢と唐辛子だけであっさりと作ります。
豚肉はしょうがを入れたお湯でサッと火を通し、熱いうちに漬けだれに漬けます。
粗熱が取れたら、水に晒した玉ねぎ、千切りのにんじん、ピーマンを加えてよく混ぜたらできあがりです。
肉も野菜も摂れてさっぱりヘルシーなのがうれしいですね。
南蛮漬けは、しっかりと味がしみた方がおいしいので、晒した玉ねぎの水気はよく絞って、漬けだれが薄まってしまわないようにするのがコツです。

カリッと焼き上げた魚で作るヘルシーな「サバの南蛮漬け」

次は、魚を使ったサバの南蛮漬けです。
こちらも揚げないヘルシーレシピですので、揚げ油を用意するというひと仕事がなく気軽に作れます。
サバは塩をして水気を取ったあと、両面に小麦粉を付けてカリッと焼き上げます。焼き上がったサバ、水に晒した玉ねぎと、にんじん、ピーマンの千切りを漬けだれに漬け込めば食べられます。
普段はサバが苦手という人も、甘酢の絡んだ野菜の独特のおいしさで、きっとどんどん箸が進みますよ。サバを他の魚や肉に変えても応用が利くので便利ですね。

鶏むね肉で挑戦する「鶏むね肉といんげんの南蛮漬け」

冷蔵庫にある鶏むね肉をいつもと違う料理で食べたい、そんな時にはこんなレシピはいかがでしょうか。
鶏むね肉といんげんを素揚げにし、玉ねぎがたっぷりと入った南蛮漬けの漬けだれに浸していただきます。
鶏むね肉を大きめに切るとボリューム感が出て、食べ盛りのお子さまや、おもてなしの一皿にも大活躍。
唐辛子のピリッとした辛さがアクセントになり、おなじみの鶏むね肉が新鮮な感覚でいただけるのでおすすめです。

作ってみたい南蛮漬けレシピは見つかりましたか。
基本的な作り方はどれも共通なので、いろいろなレシピを試して漬けだれの好みの配合を見つけたり、魚や肉の種類や調理方法を変えたりしてみてください。
自分好みに作れるようになれば、もう南蛮漬けマスターですね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1一気に料理上手に見える!【簡単】副菜レシピ12選イイダミワ
  2. 2【米】の意外な一面に惚れる♡米を使った絶品おつまみレシピ12選よこさん
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部