鶏肉が主役!簡単煮込み料理5選

鶏肉は、和洋中、味付けを選ばない優れもの食材。もも肉やむね肉など、比較的リーズナブルに塊で入手しやすいので、煮込み料理に重宝する食材でもあります。骨つき肉のよく煮込んだほろりと柔らかな食感は、鶏肉ならではの独特のおいしさですよね。今回は、そんな鶏肉を使った煮込み料理の中から、色々なバリエーションのレシピを選んでご紹介させていただきます。

簡単本格!鶏肉チャーシュー風「ジューシーチキン煮込み」

甘じょっぱい照り焼き風の味付けで、ご飯がどんどん進みそうな鶏もも肉の煮込み料理。
鶏もも肉を用意したら、皮にフォークをさして穴をあけ、味を染み込みやすくしておきます。
皮を内側にしてきっちり、くるくると巻いたら爪楊枝で端が緩まないように留めて、油を熱したフライパンでこんがりと焼き色が付くまで焼きます。
それを水と料理酒で煮たら、各調味料を加え、照りととろみが出るまで煮つめます。ポイントは、中まで火が通るよう、火加減をうまく調節すること。
煮汁をかけて、レタスを添えたらできあがり。
ご飯のおかずだけでなく、チキン照り焼きサンドなどにアレンジしてもいいですし、おつまみにもおすすめです。

鶏肉の旨味を塩麹で引き出す「鶏むね肉の塩麹煮込み」

鶏むね肉を和風に味付けした「鶏むね肉の塩麹煮込み」は、薄い輪切りにしただいこんと、薄くそぎ切りにした鶏むね肉を交互に並べ、水とみりんで煮込んだだけのとてもシンプルな煮込み料理です。
丸くて白いだいこんと鶏肉が、お互いを挟み合うように並んでいる見た目もユニーク。
このシンプルな料理のおいしさの秘訣は、塩麹。鶏むね肉は、そのまま加熱すると固くなってパサパサした食感になりがちですが、薄くそぎ切りにして塩麹に漬け込むことで、柔らかく仕上げられると同時に、旨味を引き出してくれるのです。
こちらも、おかずにはもちろん、おつまみにもぴったりのおすすめレシピです。

電子レンジで簡単に作る煮込み料理「鶏のトマト煮込み」

次は、電子レンジだけでできる、簡単ながら本格的に仕上がる鶏肉のトマト煮込みのレシピです。
耐熱ボウルに、一口大に切って塩胡椒した鶏肉、マッシュルーム、薄切りにした玉ねぎを順に重ねて入れ、ケチャップ、ウスターソース、料理酒、砂糖を混ぜ合わせたソースをかけて、電子レンジで加熱します。火が通ったら、よく混ぜて器によそい、生クリームをかけてパセリを散らし、下ごしらえしたブロッコリーを添えてできあがりです。
定番のトマト味は子どもにも人気。
時間があれば、できたてよりも一度冷ました方が、中まで味が染み込んでよりおいしくいただけますよ。
短時間でできるので、急なおもてなし料理や持ち寄りパーティーにも活躍してくれそうですね。

サッと作れるご馳走風煮込み料理「キャベツと鶏肉のマスタード煮」

鶏もも肉のマスタード煮は、カリッと焼いた鶏もも肉をキャベツと一緒に煮込んだ大人向けの味。
蒸し煮にしたキャベツの柔らかな食感とやさしい甘味がピリリと仕上げた鶏肉とよく合います。
キャベツはくし型にザクザクと大きく切ってフライパンに並べ、水、塩、みりんを加えて蒸し煮にします。この時の煮汁には、キャベツから出た旨味がたっぷりなので、煮汁ごと、カリッと焼いた鶏肉に加え、粒マスタードをのせて煮込めばできあがりです。
晩酌のお供にも合いそうなレシピですね。

ピリ辛キムチ味の鶏肉煮込み「鶏とじゃがいもの韓国風煮込み」

最後は、鶏手羽元をじゃがいもと煮込んだピリ辛煮込みをご紹介します。
いつもの鶏肉で、手軽に本格的な韓国風の味が楽しめます。
フライパンに胡麻油を温めたら、にんにくとしょうがのみじん切りを炒め、香りが立ったら手羽元を入れてこんがり焼きます。
そこに、じゃがいも、水と砂糖、料理酒を加えて柔らかくなるまで煮込んだら、キムチ、ニラ、醤油、コチュジャン、白いりごまを加えてできあがり。
ご飯との相性抜群の、辛くて旨い本格韓国風煮込みに仕上がります。コチュジャンの量で辛さを調整してくださいね。

むね肉、もも肉、手羽元など、種類も豊富な鶏肉。
煮込み料理ならさまざまな種類の鶏肉をボリュームたっぷりに楽しめますね。
どれもシンプルなレシピですが、煮込み料理ならではの旨味がたっぷり。今夜のおかずにさっそく作ってみたくなりますね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部