お酒がどんどん進む!ゴーヤを使ったおつまみレシピ5選

独特のほろ苦さが魅力のゴーヤ。そんなゴーヤを使って作るおつまみは、泡盛やビールをはじめとしたお酒との相性抜群です。 今回は、魅力に溢れたゴーヤを楽しめるおつまみレシピをご紹介します。ゴーヤチャンプルーしか作ったことがないのはもったいない! 苦味が苦手という方も大丈夫。苦味を抑えて楽しめるレシピもご用意しましたので、ぜひお試しくださいね。

おつまみにも、ご飯のおかずにもバッチリ「ゴーヤと豚しゃぶのキムチ和え」

まずご紹介するレシピは、「ゴーヤと豚しゃぶのキムチ和え」。
ゴーヤの食感と豚肉のうまみは相性抜群、そこにキムチを入れれば辛さで食欲そそる味わいに。
ビールのお供としても、ご飯が止まらないおかずとしても、とても優秀な一品です。
作り方は茹でたゴーヤと豚しゃぶに、調味料とキムチを和えるだけ。
ゴーヤは軽く茹でて、食感をしっかり残すのが美味しさのコツです。
ゴーヤチャンプルーしか作ったことがない、という方におすすめのお手軽レシピです。

苦味がアクセント!絶品おつまみ「ゴーヤのチーズ豚巻き」

ゴーヤの苦味がやっぱり苦手という方にもおすすめしたいのが、このレシピ「ゴーヤのチーズ巻き」です。
豚肉のうまみとチーズのうまみの後にやって来る、ほのかなゴーヤの苦味が絶品、ビールと相性抜群なおつまみです。
作り方は、輪切りにしてわたを抜いたゴーヤの中にクリームチーズを入れ、豚肉で巻いて焼けば出来上がり。
ゴーヤが苦手な方は薄く切って量を調整してください。
味付けは味醂と醤油、柚子胡椒、塩胡椒、山椒など色々な楽しみ方ができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ちょっぴり苦いゴーヤを楽しむ、大人のレシピ「豚肉とゴーヤの梅和え」

次は、ゴーヤの苦味を楽しみたいという方におすすめのレシピ「豚肉とゴーヤの梅和え」をご紹介します。
熱した具材を和えるだけでサッと作れる今回のレシピは、ゴーヤの苦味と梅の酸味がさっぱりと美味しく、ごま油が豊かに香る大人のおつまみです。
作り方はレンジで加熱したゴーヤと茹でた豚肉に、梅肉、ごま油、ポン酢を和えるだけ。
お好みで刻んだみょうが、かいわれなどを和えても美味しいですよ。
ビールや焼酎はもちろん、ワインにも相性抜群の一品です。ぜひ作ってみてくださいね。

ほろ苦さとカレーの相性が抜群の簡単おつまみ「ゴーヤとちくわのカレー炒め」

「ゴーヤとちくわのカレー炒め」は、カレーの辛味がゴーヤのほろ苦さとよくマッチして、苦いものが苦手な方も楽しめるレシピです。
簡単準備でパパッとできるので、忙しい時にもおすすめですよ。
作り方は、まずゴーヤを炒め、料理酒を入れ、水気が飛んだら、ちくわと油揚げを入れ、カレー粉、塩胡椒で味付けすれば完成です。
スパイシーな香りで食欲がわくので、食べる元気がない時にもおすすめのレシピです。

ゴーヤといったらこれ!「簡単なのに本格ゴーヤチャンプルー」

最後に、ゴーヤを使った定番料理、「簡単なのに本格ゴーヤチャンプルー」をご紹介します。
ゴーヤの苦味とスパムの塩気を、卵と豆腐のまろやかさが包み混むゴーヤチャンプルーは、泡盛はもちろん、ビール、焼酎、白ワインとも相性抜群です。
作り方は、塩でもんだゴーヤとスパム、豆腐を炒め、溶き卵を入れ、鰹節、塩胡椒をふれば出来上がりです。
お好みで沖縄の辛味調味料、コーレーグースーをかければさらに本格的になりますよ。
食べれば元気いっぱいになれる一品、おすすめです。

いかがでしたか、どの料理も普段のおうち飲みで作れそうな手軽さが嬉しいですね。
アレンジも簡単にできるものばかりなので、ぜひ、作って楽しい晩酌を楽しんでください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり