ピリ辛好きにオススメ。人気の麺類レシピ5選

ピリ辛味が恋しくなったとき、一品で満足できる麺類はとても便利ですよね。 熱々のものからひんやりメニューまで、様々な季節に楽しめる人気のレシピをご紹介します。

ピリ辛でマイルドなヌードルメニュー「豆乳担々麺」

ピリ辛麺の定番の担々麺は、様々なレシピがありますが、豆乳を加えた「豆乳担々麺」は、辛味とコクを一度に楽しめるのが特徴です。まず、酢、醤油、練りゴマ、ラー油と、みじん切りしたザーサイ、ネギを器に用意します。
鶏ガラスープと調整豆乳を鍋で沸かしたら、調味料の入った器に注いで豆乳スープを作りましょう。
茹で上がった中華麺をスープの中に入れたら、サッと茹でた小松菜と炒めた豚挽き肉をのせて完成です。
豆板醤を加えてさらに辛みを足したり、ネギ油を加えたりといったアレンジもオススメです。熱々でお召し上がりください。

ありそうでなかったピリ辛味「豚キムチ味のスタミナ焼きそば」

ありそうでなかった、豚キムチと中華麺の組み合わせで作る「豚キムチ味のスタミナ焼きそば」は、スタミナをつけたいときにオススメの一品。
ご飯と合う豚キムチは、中華麺との相性も抜群です。豚肉、キムチ、ニラを炒めて作った豚キムチに中華麺を加えて作った焼きそばに、卵を弱火でじっくり焼いて作った目玉焼きをのせたら完成です。
具だくさんにしたいときは、もやしや玉ねぎを加えるのもオススメです。
スタミナをつけたいときにぜひ、ご活用ください。

ピリ辛のつけ汁で食欲UP「冷やしつけうどん」

熱々ピリ辛のつけ汁に冷たいうどんをつけて食べる「冷やしつけうどん」は、食欲のないときにもピッタリの一品です。
ざく切りにしたキャベツともやしを鍋で茹で、冷水で冷ましておきます。豚肉も茹でたらザルに上げておきましょう。
うどんを茹でて氷水にさらしたら、水気を切って器に盛ります。
キャベツ、もやし、豚肉と半熟卵、海苔をうどんの上にのせて白ゴマをふります。
耐熱容器に麺つゆと調味料を入れて電子レンジで加熱したら、熱々のつけ汁も完成。
熱々ピリ辛のつけ汁に冷たいうどんをつけてお召し上がりください。

大見出ラー油がきいたピリ辛麺「鶏ときゅうりの絶品冷やし中華」

冷やし中華のピリ辛アレンジ「鶏ときゅうりの絶品冷やし中華」は、ピリ辛好きにオススメの一品です。
キュウリと鶏肉で作るシンプルなレシピなので、手軽に作れるのもポイントです。
まず、キュウリは千切りにしておきます。鶏肉は火が通るまで10分ほど茹でてから細切りにしましょう。
鶏肉の茹で汁で中華麺を茹でたら、冷水にさらします。
すりおろしたニンニクとゴマ油、酢、ラー油を加えてピリ辛にした麺つゆと、水気を切った中華麺を合わせ、鶏肉とキュウリも加えたら出来上がりです。
ラー油がきいたピリ辛さをお楽しみください。

つるっと食べれる「ピリ辛ごまだれ冷やしうどん」

つるっとしたものが食べたいけれど、茹でるのは少し手間だな…というときには、電子レンジで調理できるレシピがオススメです。
「ピリ辛ごまだれ冷やしうどん」は、冷凍うどんを電子レンジで解凍して作るので鍋いらず。
解凍した後は流水で洗って水気を切っておきます。冷たいうどんに具材をのせて、たれをかけるだけとお手軽です。
ピリ辛のゴマだれは、砂糖、酢、白ゴマ、マヨネーズ、ラー油と麺つゆを合わせて作りますが、さらにお手軽に作りたいときは、ゴマだれをお手持ちのドレッシングで代用してください。

いかがでしたでしょうか。
担々麺から冷やしうどんまで、様々な麺類のピリ辛レシピをご紹介しました。
気になるレシピは見つかりましたでしょうか。お気に入りのレシピが見つかったら、ぜひお試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部