トマトで作る多国籍スープレシピ5選

真っ赤なスープが食欲をそそる、トマトのスープ。トマトジュースやトマトソースがベースの赤いスープもあれば、トマトが具材として入っているコンソメスープなど、幅広いバリエーションがあります。今回は、トマトジュースや水煮缶はもちろん、生のトマトなど色々なトマトを使った、洋風、和風、中華風、イタリアン、エスニックと様々な味のスープレシピをご紹介します。

濃厚な本格イタリアン風トマトスープは赤ワインが隠し味「ポモドーロスープ」

トマトのスープといえば、トマトソースの本場イタリアのポモドーロスープでしょうか。
トマトをたっぷり使った真っ赤なポタージュはいかにもトマトのスープ、という感じがしますよね。オリーブオイルでよく炒めた紫玉ねぎとニンニク、オレガノに、皮を剥いてざく切りにしたトマトとトマトピューレを加えて炒め、コンソメスープでのばします。そこに赤ワインを加えて煮込むと上品な味に。
器によそったら、薄く切ってこんがり焼いたバゲットをのせてできあがりです。ちょっとおしゃれなスープを楽しみたい時にぴったりのレシピですね。

電子レンジで作れる簡単サラダ風スープ「レタスとトマトの洋風スープ」

ザク切りトマトがたっぷり入ったこちらのスープ。電子レンジを使って驚くほど簡単に作れるレシピです。ザク切りレタスが1/4玉も入る、野菜たっぷりでお腹も満足なこのスープは、ボウルにレタス、トマト、ハム、塩胡椒を入れて、電子レンジで加熱するだけ。ハムから出汁が出るので、特にスープストックは必要ありません。ハムはベーコンでもオッケーです。不足しがちな野菜を手軽にやさしく補ってくれる、忙しい朝に食べたいレシピですね。

トマトジュースを使った和風スープ「肉団子入りトマトスープ」

次は、トマトジュースを使ったトマトベースの和風スープです。鶏の挽き肉に刻んだごぼうを混ぜて作った肉団子を、トマトジュースと白醤油で作ったスープに落として火が通ればできあがり。サッと湯通ししたレタスをあしらい、白髪ねぎをトッピングすれば、彩りも美しい和風トマトスープのできあがりです。仕上げに黒胡椒をかけると、ピリッと味のアクセントになって一段上のおいしさに。「トマトスープが和風?」と意外に思うかもしれませんが、食べれば納得のおいしさです。

やさしいおいしさのトマトスープ「トマトと卵の中華スープ」

次は、湯むきしたザク切りトマトがまるごと入った中華風スープをご紹介します。温かいトマトに少し抵抗がある…という人もいるかもしれませんが、そんな人も、このスープを食べればきっと考えが変わるはず。作り方はとてもシンプルで、鍋に温めた鶏ガラスープにななめ切りした長ねぎ、トマト、料理酒、醤油を入れて煮ます。火が通ったら塩で味を整えて一度煮立て、溶き卵を放してできあがり。器によそってさやいんげんをトッピングすると、彩りも良く、見た目も楽しい仕上がりに。卵をスープに放した後は、少し待ってから混ぜた方が、ふわっとした卵の食感を楽しめます。トマトの酸味と卵がふわっと包み、クセになるおいしさですよ。

カレーの風味が食欲をそそるスープ「夏野菜と鶏肉のエスニックスープ」

最後にご紹介するのは、夏野菜がふんだんに入ったスパイシーなスープです。鶏肉は一口大に切って塩胡椒し、小麦粉をまぶしてカリッと焼き、一度取り出します。ニンニクと、賽の目に切ったズッキーニ、なす、玉ねぎ、おくらを炒めたら、カレー粉を加えてさらに炒め、鶏肉を戻し入れます。そこに、ベースのスープ、チキンコンソメとホールトマトの水煮を加えて煮込めばできあがりです。夏バテも吹き飛び、元気になれそうなレシピですね。お好みで、新じゃがいもや煮豆を加えるのもおすすめです。

作ってみたいトマトスープのレシピはありましたか。トマトがメインのしっかりトマトスープから、具材がたっぷり入ったトマトベースのスープまで、色々な楽しみ方ができますね。ぜひシーンに合わせて、いろいろなトマトのスープを作ってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部