食べ盛りのお子さまにぴったり!絶品炒め物レシピ5選

今夜のレシピは何を作ろうか。食べ盛りのお子さまに作るレシピに、日々悩み続ける主婦も少なくないのではないでしょうか。 今回は、そんな食欲旺盛なお子さまに食べてほしい、絶品炒め物レシピを5つ紹介いたします。 炒め物はフライパンがあれば手軽に作れるものが多くあります。今回紹介するレシピの中から、お子さまへ作ってみたいと思うようなレシピを是非見つけてみてください。

ボリューム満点の炒め物「牛肉とアスパラガスの炒め物」

炒めるだけなのにボリューミーなこちらのレシピは、牛肉とアスパラガスの絶品レシピ。
牛肉のジューシーさとアスパラガスの旨味が美味しさを際立たせています。
にんにくやねぎの香味野菜もたっぷりと活用していて、食欲を刺激するような香りがGOOD。
具材と共に、オイスターソース、醤油、料理酒、胡椒で味を調えながら炒めれば、あっという間にボリューム満点、美味しい炒め物の完成です。熱々のうちにお召し上がりください。

バターが味の決め手の炒め物「にんじんのきんぴら風バター炒め」

にんじんが苦手なお子さまにもチャレンジして食べていただきたい!
そんなこちらのレシピは、食べやすくバターで炒めた優しい味わいのきんぴら風炒め。
素材の良さも残してポリポリ食感が楽しめるにんじんと炒りごまの食感が心地良い一品です。皮を剥いて千切りにしたにんじんを炒めて、味噌、料理酒、醤油、味醂、砂糖を加えて炒めます。
調味料が絡まったら、仕上げにバターを加えて全体に馴染ませれば完成です。
バターの優しい味わいがにんじんとマッチして、ついつい箸が進むような美味しい炒め物ですよ。

野菜と魚介のシンプルな炒め物「じゃがホタテのコク旨炒め」

ホタテ貝柱、じゃがいも、長ねぎ、塩こしょう、醤油、有塩バターのシンプルな材料で作ることができるこちらのレシピは、じゃがいもを使っていてお腹に溜まりやすい一品。
食べ盛りのお子さまにもぴったりな炒め物レシピです。
レンジで加熱した一口大のじゃがいもを有塩バター、ホタテ貝柱と一緒にフライパンで炒めます。
全体に火が通ったら塩胡椒と醤油を加えてサッと炒めます。
盛り付けたら青ねぎを散らして完成。ホタテが厚い場合、横半分に切ってお使いください。

あさりの旨みが染み込む炒め物「あさりのオイスター炒め」

代表的な炒め物といえば中華炒め。
こちらのレシピは、プリプリのあさりの旨みが染み込んだオイスター炒めです。
あさりの他、にんにく、にら、長ねぎ、もやしが入っていたりと、あさりとの組み合わせも抜群です。
また唐辛子が入っていることにより、ピリッと辛みを感じ、食欲をそそります。
より美味しく仕上げる為に、あさりは砂出しをして殻の表面をよく洗い、臭みや水気をしっかりと取ってから調理してみてください。
あさりは殻から外れないように、優しく炒めるのが綺麗に作るポイントです。

見た目で食欲そそる炒め物「フレッシュトマトといかのバジル炒め」

トマトの赤やバジルの緑、いかの白など見た目が鮮やかで美味しさが詰まったこちらのレシピ。
お洒落なのに塩分控えめな味付けなので、食べ盛りのお子さまにたっぷりと作ってあげてください。
いかのわたを抜く時はゆっくり丁寧に引き抜くと、わたが破れにくいです。
にんにくの香りも感じられ、食欲をそそります。
カッテージチーズのトッピングが味のアクセントとなっており、トマトの酸味を全体と馴染ませてくれます。
温かいうちにお召し上がりください。

食べ盛りのお子さまにおすすめな炒め物レシピを5つ紹介しました。
炒め物はシンプルに作れるものが多く、簡単なものからこだわったものまでありますよね。
食べ盛りのお子さまにぴったりな食べ応えあるものを積極的に使用したレシピなど、今回紹介したレシピにぜひ、チャレンジして作ってみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部