和食とも相性抜群!えびの和風レシピ5選

えびは海鮮類の中でもポピュラーな食材であり、和食との相性も抜群です。 生で食べる寿司を始め、焼いて食べる鉄板焼きなど、シンプルな調理方法でも美味しく食べることができます。 もちろん、調味料や他の食材と組み合わせれば、さらに奥深い美味しい味わいに。 今回はえびを使った絶品の和食レシピを5つ選んでみましたので、食べてみたいと思うレシピを見つけてみてくださいね。

麺つゆを使って簡単にえびの和食が作れる「エビと冬瓜の和風炒め」

トロッとした食感が美味しい、冬瓜とえびの旨みが相性抜群なこちらのレシピ。
冬瓜は名前の印象とは逆に夏が旬の野菜で、みずみずしい美味しさが特徴。
こちらの炒め物は麺つゆを使用して、簡単に和風の味わいに仕上げることができます。
えびは殻付きのものを使用することで加熱した時に身の旨みが外に逃げ出さず、殻の表面に味が染み込んで美味しさが際立ちますよ。
しょうがはしっかり炒めて、油に香りをつけるのが美味しく仕上げるポイントです。
殻付きのえびを使用しているので、しっかりと噛んで香ばしさを楽しみましょう。

プリプリなえびが美味しい!「プリプリえびかつ」

えびとはんぺんの組み合わせが絶品!
プリプリでフワフワな食感が心地良く、美味しい一品です。
パン粉は細めのものを使用することで優しい口当たりとなるので、細めのものがおすすめです。
パン粉をつけた状態で冷凍保存ができるので、作り溜めしておいて食べたい時に油で揚げれば、すぐに食べることができます。
えびとはんぺんは、すり潰して使いますが、えびは食感が残るように、ほどほどの状態に留めておくのが美味しく仕上げるポイントです。
揚げたての熱々のうちにどうぞお召し上がりください。

レモンでさっぱりえびを楽しめる「えびとかいわれの和風サラダ」

ヘルシーで見た目が可愛く、華やかな一品。
こちらのサラダは、レモンでさっぱり食べることができる、えびとかいわれのサラダです。
使用する材料はむきえび、オリーブオイル、かいわれ、レモン、薄口醤油、塩のみ。シンプルな材料だけで簡単に絶品料理の完成です。
オリーブオイルはサラダ油でも代用することができるので、家庭に備えている方のオイルで作ってみてください。
かいわれの食感とえびの旨みが、噛み締める度に楽しめるレシピです。

油揚げで作る!「和風えびフライ」

こちらのえびフライは、意外な食材を使って衣を作っています。その食材とは和食でよく口にする機会がある、油揚げです。
油揚げを剥きえびの身の回りにくっつけて衣にしています。
いつものえびフライとはまた少し変わった食感が楽しめ、えびも一口サイズなので、ついつい食べ過ぎてしまいそうです。
見た目も可愛いので、食卓に並べば食事が楽しくなりそうですね。
衣が取れた場合には、スプーンで溶き卵の残りを身の部分につけて、油揚げを乗せましょう。
揚げたてを食べてみてください!

美味しいえびのおつまみ!「海老と枝豆の塩いため」

お手軽に作れるこちらのレシピは、えびと枝豆のシンプルな塩炒め。日本酒やビールにもよく合うため、お酒が進んでしまいそうです。
プリプリのえびとコロコロ枝豆をシンプルな味付けで。えびはプリッとした食感に仕上がるように、水気を十分に切ってから炒めることが美味しく仕上げるポイントです。
えびは背わたをとり、枝豆は熱湯で解凍。
ねぎと一緒に調理酒と水、塩、胡椒を加えて炒めるだけで、あっという間に完成です。
美味しさのあまり、お酒の飲み過ぎには要注意ですよ。

どのレシピも、えびの美味しさを十分に引き立てているものばかりでしたが、いかがでしたでしょうか。
気軽に食べることのできるサラダや、ガッツリと食べたい時の揚げ物、お酒のお供に食べるレシピなど、実に様々な食べ方があります。
食事の際の内容に合わせて、えびを使ったレシピを作ってみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部