簡単に作れる!変わり種ナムル5選

韓国の家庭料理でおなじみのナムル。ゆがいた野菜を調味料と胡麻油で味付けした、日本のおひたしや和え物のような料理です。 日本で馴染みのあるナムルは、ビビンバの具材にもなっている、もやしやほうれんそう、にんじんといったところでしょうか。 ですが、本場韓国では数多くのナムルがあります。今回は、そんなちょっと珍しいおすすめの変わり種ナムルをご紹介します。

雑穀の食感と柚子の香りが新鮮な「キャベツと雑穀の柚子胡椒ナムル」

本文テキスト

にら入りで、すりごまたっぷりナムル風 「ひじきの韓国風煮もの」

いつものひじきの煮物がナムル風に変身、お酒によくあう韓国風煮物に。
水で戻したひじきと短冊に切った厚揚げを胡麻油で炒め、全体に油が回ったら水を入れてひじきがふっくらするまで煮ます。
ここまでは、和風のひじきの煮物と同じですね。
ひじきが煮えたら、鶏がらスープの素、醤油、料理酒、砂糖をよく混ぜたソースとすりごまをたっぷり加え、塩胡椒で味を調えたら煮汁がなくなるまで煮詰め、仕上げににらを加えてできあがりです。
すりごまの豊かな香りとにらの旨味で、意外なおいしさに。
家飲みの定番おつまみになりそうですね。

まぐろときゅうりで簡単ナムル 「まぐろキムチ丼」

丼ぶりは、ご飯のお供のナムルが活躍する料理。
ビビンバはその代表選手ですが、海鮮と組み合わせて簡単に韓国風丼ぶりが作れます。
これは、きゅうりのナムル、まぐろ、キムチをのせたレシピ。作るものはきゅうりのナムルだけ、という気軽さがうれしいですね。
きゅうりはピーラーを使って1本分丸々、縦に長くスライス。
胡麻油、塩、白すりごまと和えます。まぐろのぶつ切りには軽く塩をすると、ご飯にのせた時、生臭さが出ません。最後にのせるキムチの辛さが絶妙なマッチです。
思い立ったらすぐに作れて、分量も自由自在なので、夜食やお酒のシメにぴったりのレシピですね。

桜海老でもやしのナムルをよそ行きに「桜海老のムーナムル」

おなじみの、もやしのナムルにひとひねりしたい、そんな時は、だいこん(ムー)と桜海老で、簡単にアレンジしてみましょう。
ゆがいたもやしに、塩もみしてかたく水気をしぼっただいこんの千切りを加えて味付けし、桜海老を散らすだけ。
桜海老の紅色で彩り鮮やかなナムルは、小さな鉢に盛ると小洒落た一品に。
おもてなしにも活躍してくれそうですね。味付けは、胡麻油に鶏がらスープの素と出汁の素で。
冷蔵庫にもやしが半端に残ってる、という時にも役立つレシピですね。

厚揚げを使ったボリューミーなナムル「厚揚げと3種野菜の炒めナムル」

最後にご紹介するのは、厚揚げと野菜のナムル。
厚揚げでボリュームアップしたナムルは、肉なしでもメインのおかずにぴったり。冷蔵庫で保存もできるので、作り置きにも使えます。
みじん切りにしたにんにくを胡麻油で炒め、香りが立ったら、千切りにしたにんじんと手でさいたエリンギを加えて炒め、さらに厚揚げと冷凍ほうれんそうも加えて炒めます。
塩、料理酒、鶏がらスープの素で味付けしたら、白ごまを加え、器に盛って韓国のりを散らしていただきます。
ほうれんそうは、もちろん、生のものをサッとゆがいて使ってもオッケーです。

野菜のイメージが強いナムルですが、こんな風に色々な種類の食材と組み合わせて変化を楽しむことができるのです。
おかずに、おつまみに、お弁当に…簡単に素早く作れるナムルは、どんなシチュエーションでも大活躍。
忙しい日の心強い味方になりそうですね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部