ほうれん草と鶏肉の組み合わせを楽しむ!簡単レシピ5選

鶏肉はあっさりした味わいで、色々な種類の野菜と合いますね。 ほうれん草と組み合わせると、緑の濃いほうれん草と白い鶏肉のコントラスト、しっかりしたほうれん草の味が淡白な鶏肉といい相性で、おかずにも麺にもスープにも使える組み合わせです。 今回は、そんな、ほうれん草と鶏肉を組み合わせた手早く作れる簡単レシピをご紹介します。

コクがあってさっぱり「ほうれん草とささみの梅バター和えパスタ」

まずは、ほうれん草と鶏のささみを使った、主食レシピをご紹介します。たっぷりのバターと梅干しで味付けした、さっぱりした味わいながらコクのきいたパスタ。
フライパンにバターをたっぷり溶かしたら、細かく切ったささみを炒めます。
そこに、少し硬めに湯がいたパスタ、湯がいてざく切りにしたほうれん草を加え、さらに炒めます。
パスタの茹で汁で伸ばして醤油で味付けしたら、叩いた梅干しを加えてできあがり。
仕上げにねぎや大葉を散らすと、さらに香りよく仕上がりますよ。

自家製麺つゆで食べる、蕎麦屋風「ほうれん草入り鶏南蛮そば」

もうひとつ、主食に鶏肉とほうれん草を使ったレシピをご紹介します。お蕎麦屋さんで出てきそうな、自家製麺つゆで作る鶏南蛮そばです。
麺つゆは、胡麻油、出汁、醤油、味醂を煮立てて作ります。
ここに、塩麹を塗って下ごしらえした鶏むね肉をそぎ切りにしてフライパンで焼き色をつけたものと、長ねぎを切って同じくフライパンで焼いたものを入れて、ねぎがしんなりするまで煮たら、湯がいたそばにかけてできあがりです。
仕上げに、サッと湯がいたほうれん草をのせていただきます。胡麻油のきいたつゆに、鶏肉、ほうれん草、そして長ねぎは、とても好相性ですよ。

ほうれん草が入った「塩麹つくねの鶏ガラスープ」

鶏ひき肉を使ったつくね入り、野菜たっぷりスープのレシピです。
鶏ガラスープの素と醤油で味付けしたスープに、ザク切りしたほうれん草、短冊切りしたにんじん、ほぐしたしめじ、鶏つくねを入れて火が通るまで煮るだけでできあがりです。
このスープのおいしさのポイントは、鶏ひき肉に加える塩麹。
旨みがしみ出し、さらに塩麹の効果で、鶏つくねがふわっと柔らかく仕上がります。
塩麹を活用したこのスープは、やさしい味で具沢山。心もお腹もたっぷり満足しそうですね。

絶妙な組み合わせでやみつき「ほうれん草と鶏ささ身のおひたし」

ほうれん草のおひたしは、そのままでもおいしいですが、鶏肉と合わせても相性抜群。
ボリュームもアップして、手早く簡単に作れる副菜にぴったりのレシピです。
ほうれん草は湯がいて水に取って冷やしたら、しっかり水気を絞って醤油で下味をつけておきます。
鶏ささみはそぎ切りにして片栗粉をまぶし、こちらも湯がいたら氷水に取って冷やしましょう。
醤油、味醂、和風出汁の素を混ぜて、ほうれん草と鶏肉と合わせたら、最後に海苔を散らしてできあがり。
おいしく作るコツは、ほうれん草の水気をしっかり絞ること。醤油味が全ての具材とマッチして、箸が進みますよ。

いつものおひたしにひと工夫「鶏ささみとほうれん草の梅あえ」

材料は同じ、鶏ささみとほうれん草で作るおひたしですが、味付けをアレンジして、バリエーションを増やしてみましょう。味つけは麺つゆと梅干しのみ。
サッと湯がいたささみは手でほぐし、ほうれん草は湯がいて水に取り、しっかり水気を絞ったら麺つゆで下味をつけます。
もう一度ほうれん草を絞ったら、ささみとたたいた梅肉、麺つゆを合わせて和え、かつお節をかけていただきます。
梅の酸味が味を引き立て、何度も食べたくなるおいしさですよ。副菜やお弁当のおかず、おつまみにもおすすめです。

いかがでしたか。
ほうれん草と鶏肉の組み合わせでも、こんなに簡単に色々なアレンジができるのですね。
ぜひ色々なシチュエーションで活用してみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部