旨みがたっぷりしみたしらたきをつるり♪簡単&人気のレシピ5選

こんにゃくで出来た、しらたき。煮たり、焼いたりさまざまな調理法に合う上、味がしみやすく満腹感も得られるとうれしいポイントがたくさんあります。 簡単にできるしらたきメニューを覚えて、あと一品欲しいときなどに活用してみてくださいね。

甘酸っぱい味に食が進む♪『中華風しらたきサラダ』

あえるだけで完成!とても簡単でヘルシーなしらたきサラダ。緑とオレンジの爽やかな色も美しいですね!しらたきは熱湯でさっと湯がいてアク抜きをしておきましょう。
きゅうり、ハム、レタス、にんじんはそれぞれ千切りにしておきます。
しらたきは食べやすい大きさにカットしてください。
切った具材をボウルに入れ、中華ドレッシングと酢を入れたら、よく混ぜ合わせて完成です。
野菜もたっぷり摂れ、しらたきで満腹感もアップ!
汁気に注意すればお弁当にもおすすめですよ。
仕上げに白ごまを加えると、さらに風味がよくなるので、是非お試してください。

黒胡椒でスパイシーにいただきます『ねぎ豚鍋』

しらたきと万能ねぎは3cm長さのざく切りにします。しめじは石づきを除いて小房に分けておきましょう。
豚赤身肉は熱湯にサッとくぐらせ、下準備が完了です。
鍋に水、薄口醤油を入れて、しらたき、万能ねぎ、しめじを入れ中火で5分煮ます。
具に火が通ったら、最後に豚赤身肉を加えてさらに中火で煮たら器に盛り、仕上げに黒胡椒をふって出来上がり。
豚肉は必要以上に煮ると固くなってしまいがちなので注意してくださいね!スープの味がしらたきにもしっかりとしみ込んでうまみたっぷりですよ。

おつまみにもぴったり『わかめとしらたきの簡単ナムル』

材料を混ぜていくだけで簡単にナムルが出来てしまいます!
しっかり味がしみた美味しいナムルはおかずとしてはもちろん、お酒のおつまみとしてもオススメです。
甘辛味がビールとも合いそうですね!乾燥わかめは水に浸し、2分ほどおいてから水気を切り、お好みの長さに切ります。
しらたきは5cm幅にカットしましょう。ボウルにわかめとしらたきを入れて、コチュジャン、豆板醤、すりおろしにんにく、酢、みりん、ごま油、白ごまを合わせて全体に味がなじむようによく混ぜたら出来上がりです。
生わかめを使っても美味しく作れますよ。

人気のレシピをヘルシーに作るなら『麻婆しらたき』

しらたきを水洗いし、アク抜きが必要な場合は茹でてアク抜きをしたら、水気をよくきって食べやすい長さにカットします。
長ねぎの白い部分はみじん切りにしておきましょう。水溶き片栗粉もこのタイミングで用意して。
フライパンにサラダ油をひいたら豆板醤、すりおろしにんにくとしょうがを入れて炒めます。香りが立ったら長ねぎを入れて炒めた後、豚ひき肉を入れてさらに炒めてください。
水、鶏ガラスープの素、甜麺醤を入れて軽く煮立たせたら、しらたき、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけましょう。
最後に花椒とごま油を回し入れて火から下ろしたら、長ねぎの青い部分を小口切りにし、トッピングしていただきます!

とろ〜りスープで体の中からポカポカに『肉だんご白菜汁』

しらたきは粗みじん切り、長ねぎはみじん切りにします。水菜は5cmほどの長さに切り、鶏ひき肉、しらたき、ねぎ、薄口醤油すべてよく混ぜ合わせましょう。
白菜は一口大に切って鍋に入れ、水と昆布を入れて火にかけます。白菜が柔らかくなったら昆布を取り除いて白菜を取り出し、フードプロセッサーにかけます。
白菜を鍋に戻し、鶏団子のタネをスプーンで丸めて鍋に静かに入れて火にかけます。団子が浮いてきたら、薄口醤油を加えて味をつけ、水菜を散らしたら出来上がり!
器に盛り、黒胡椒を挽いていただきます。
スープや鶏団子の中に、みじん切りやすりおろしのしょうがを入れても美味しいですよ。

野菜や肉、調味料などの美味しさを余すことなく吸い、うまみをたっぷり含んだしらたき。
普段の食卓だけでなく、お夜食にもどうぞ!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部