ごまが味付けのポイント!簡単ごま和えレシピ5選

毎日料理を作っていると、味付けも定番化してしまって、なかなか新しいものに挑戦できなくなってしまうことはありませんか。 そんなときにオススメなのが「ごま」を使った味付けです。癖のない味わいなので、お子さまにも安心ですよ。「ごま」を使った簡単レシピをご紹介します。

ごま味噌にマヨネーズも足してさらにリッチに「アスパラガスのごま味噌マヨ和え」

ごま和えといえば、ごまと味噌の組み合わせが定番ですが、そこにマヨネーズをプラスするとさらにリッチな味わいを楽しめます。
「アスパラガスのごま味噌マヨ和え」は電子レンジで調理できる簡単レシピ。
まずは、カットしたアスパラガスを耐熱容器に入れて、電子レンジで加熱します。
ボウルにすりごま、味噌、砂糖、マヨネーズを入れて混ぜたら、耐熱容器に加えてアスパラガスとよく混ぜ合わせましょう。
電子レンジでさらに加熱したら出来上がりです。
電子レンジで簡単に作れるので、忙しいときにもピッタリですね。

梅肉でほんのり爽やかなごま和え「菜の花のおひたしごまだれ和え」

菜の花のおひたしは、ほろ苦さも魅力の一つですが、苦味をマイルドにしたいときは、味付けを一工夫するのがオススメです。
「菜の花のおひたしごまだれ和え」は、味付けに梅肉とすりおろした白ごまをプラスします。
醤油味に梅のサッパリ感とごまの甘みが加わり、柔らかい味付けになりますよ。
苦味が抑えられてマイルドになっているので、お子さまの菜の花デビューにもオススメです。
苦味がしっかりしているのも捨てがたい…というときには、半分は普通のおひたし、半分をごまだれ和えにアレンジしてみてもいいですね。

ヘルシーなごま和え「枝豆としめじのごま和え」

豆腐と練りごまの和え物は、クリーミーな味わいでもヘルシーなのが嬉しいですよね。このレシピは、食物繊維たっぷりのしめじも加わり、食べ応えもバッチリです。
木綿豆腐は電子レンジで加熱しておきます。千切りにしたにんじんと、石づきを切り落としてほぐしたしめじは、鍋でサッと茹でましょう。続いて枝豆を茹で、ザルに上げます。
枝豆の祖熱を取っている間に豆腐をすり鉢ですり潰し、醤油、味噌、砂糖、練りごまを加えて混ぜ合わせます。
にんじんとしめじ、薄皮をむいた枝豆を入れて混ぜたら、器に盛って完成です。

ちょっと変わったごま和え「生ピーマンの白ごま和え」

ピーマンを使った料理といえば炒めものが定番ですが、実はごま和えと相性バッチリ。
このレシピでは、ピーマンは加熱せずにいただきます。まずはヘタと種、ワタを取って薄切りにしたピーマンに塩をふり、少々おきます。
しんなりしたら水分をよく絞りましょう。すりおろしたにんにく、すりごまを加えて混ぜれば完成と、作り方はとても簡単です。
味の想像がつかない方も、ぜひ一度お試しください。
爽やかな苦味がクセになる味わいで、一度食べたらやみつきになるかもしれませんよ。

レンジで簡単に作れるごま和え「かぼちゃのごま和え」

ほっくりしたかぼちゃは、優しい味わいが恋しいときにぴったりですよね。そんなかぼちゃをごまで和えて、ほっくりした和え物を作りましょう。
鍋で茹でると時間がかかりますが、電子レンジで加熱すれば、時短かつ簡単。加熱するとかぼちゃがやわらかくなるので、包丁で切るのも楽々ですよ。
味付けは、すりごま、料理酒、砂糖、醤油。かぼちゃの甘みがさらに引き立つ、優しい味わいです。
かぼちゃが崩れないようにサッと和えてくださいね。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもオススメです。

様々な「ごま」の和え物をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
ごま和えといっても、合わせる調味料や食材の組み合わせでレパートリーが無限に広がりますよね。
レパートリーにあるととても便利なごま和え。ぜひこの機会に色々試してみてください。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部