苦手な人にこそおすすめ、ピーマン初心者向け簡単レシピ5選

ピーマンがおいしく食べられない、というお子さまは多いですよね。お子さまだけではなく、大人になっても自分で料理してまで食べない、という方も意外と多いのではないでしょうか。改めて家でピーマンを料理しようと思ったら、実はあまりレシピを知らなかった、そんなことも…。今回はそんな時に役立つ、ピーマンを使った初心者向け簡単レシピをご紹介します。

大見出ピーマンを具材のひとつに使って作る「野菜たっぷり彩り野菜の中華和え」

ピーマンの鮮やかな緑色は、料理の彩りを華やかにしてくれます。
ピーマン初心者の方は、手始めにまず、いろいろな種類の野菜と混ぜて調理するのがとっかかりやすいかもしれませんね。
もやしはひげ根を取り、にんじん、ピーマン、さやえんどうを大きさをそろえて千切りします。野菜の大きさをそろえるようにすると、できあがりの見た目もきれいになりますよ。
フライパンで1種類ずつ順番に炒めて、取り出したらボウルに入れ、醤油、砂糖、塩、胡麻油、すりごまを混ぜておいた和え衣と合わせ、和えればできあがりです。
もう一品ほしい、という時におすすめですよ。

ピーマンと鶏肉の組み合わせ「鶏肉とピーマンの中華ソテー」

ピーマンのように特有のクセのある野菜は、肉と合わせるのもおいしく食べるコツですよね。
「鶏肉とピーマンの中華ソテー」は、簡単ながら、こってり中華の味付けでピーマンがおいしく食べられるおすすめのレシピです。
塩胡椒を振ったひと口大の鶏もも肉を胡麻油で炒めたら、細切りにしたピーマンと薄切りにした玉ねぎを加えて、しんなりするまで炒めます。料理酒、鶏ガラスープの素、オイスターソース、すりおろしにんにくで味付けしたらできあがり。
鶏肉にはサッと下味をすることで、味がグッとしまり、ジューシーに仕上がります。
ピーマンを使ったメインにぴったりのレシピですね。

ピーマンと言えば。気軽に作れる「チンジャオロースー」

ピーマンと肉を組み合わせた中華といえば、有名なのは「チンジャオロースー」ですね。
チンジャオロースーというと、本格中華のイメージで、ちょっとハードルが高い…と感じるかもしれませんが、こちらはザクザク切って野菜炒めのように作れる簡単レシピです。
料理酒と醤油で下味をつけた牛肉に片栗粉をまぶし、斜め切りにしたネギとつぶしたにんにくと一緒に炒めます。醤油、料理酒、砂糖で味付けしたら、先に軽く炒めておいたピーマンを加えて、サッと炒めればできあがりです。
ピーマンを彩りよく、歯ごたえよく仕上げるために、先に炒めて取り出しておき、最後にまた合わせるのがポイントです。

ピーマンだけで副菜にぴったり「ピーマンおかか」

ピーマンがメインのおかずも作ってみましょう。
ピーマンによく合う醤油味で、ご飯のお供や、箸休め、おつまみに簡単に作れるレシピをご紹介します。
一度にピーマンをたくさん消費でき、作りおきにもぴったりですよ。
ピーマンの種を取ってひと口大に切り、油で炒めます。火が通ったら、料理酒、醤油、味醂で味付けし、かつお節をひとつかみ加えて混ぜ合わせればできあがりです。
ピーマンはサッと炒めることで、照りが出て色の変色を防ぐことができます。低温で時間をかけて炒めると、くすんだ色になりあまりおいしそうに見えなくなってしまうので、少し意識してみるといいポイントですよ。
お弁当のおかずにも使えます。

ピーマンをダイナミックに食べよう「丸ごとピーマンの肉詰め焼き」

最後はピーマンを使った定番料理に挑戦です。玉ねぎとにんにくをフライパンで炒め、挽き肉と混ぜたら、種をくりぬいたピーマンに詰めてフライパンで裏返しながら蒸し焼きにするだけです。肉詰めする時は、ジップロックなどのビニール袋に入れて端を切り、絞り出し袋のようにするとやりやすいですよ。最後にケチャップをかけていただきます。

いかがですか。気になるレシピがあれば、ぜひ一度は作ってみてくださいね。ピーマンの緑をおいしく使いこなせると、料理のバリエーションが広がりますよ。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部