夜食にぴったりの満足&時短レシピ5選

お仕事やお付き合いで遅くなった旦那さまに、塾や習い事で遅く帰ってくるお子さまに、お子さまを寝かしつけてからの夜なべ仕事をがんばった後に…そんな時には、手早く作れてゆっくり食べられる夜食のレシピが大活躍。 今回は夜食にぴったりの時短レシピをご紹介いたします。

夏の夜食にさっぱり満足「冷やし茶漬け」

お茶漬けは、手早く作れる夜食の定番。ご飯にお茶だけ、では少しさびしい…。暑いから、冷たくてさっぱりしたものが食べたい…。
そんな時に、具材を全てご飯にのせて冷たい緑茶をかけるだけ、と簡単ながら、居酒屋のシメの一皿のような満足感あるお茶漬けはいかがですか。
冷たいお茶漬けをおいしく作るコツは、ご飯を氷水でサッと洗ってほぐしておくこと。
お茶碗によそったら、酢でしめたタコのぶつ切り、イチョウ切りにしたたくあんときゅうり、千切りにした青じそとみょうがをのせてごまをふり、わさびをのせて、冷やしたお茶を注げばできあがりです。
2〜3個氷を入れると、はっきりした冷たさを楽しめますよ。

電子レンジで手早く作れる夜食レシピ「鶏そぼろの親子丼」

こちらも、手早くお腹を満たしたいときに便利なレシピです。
耐熱容器に、薄切り玉ねぎ、鶏ひき肉、麺つゆを入れ、電子レンジで途中何度か混ぜながら加熱します。
火が通ったら、溶き卵を加えて最後にもう一度加熱。ご飯の上にのせ、お好みで万能ねぎや刻みのりをトッピングすれば、立派な丼ぶりのできあがりです。
本格的なレシピと比べれば、もしかしたら少し手抜きに見えるかも知れませんが、お腹も満たされ、ほっと癒されるおすすめのレシピですよ。

あっさりヘルシーにお腹満足。夜食にぴったり「豆苗の春雨スープ」

「小腹がすいて、このままでは眠れない。でも時間も遅いし、あまりヘビーに食べるともたれそう…。」こんなこと、ありませんか。そんな時には野菜と春雨で軽くお腹を満たせる、温かいスープはいかがでしょうか。
ヘルシー食材で作る、薄味で罪悪感の少ない夜食レシピです。
小鍋にお湯を沸かし、ざく切りにした豆苗、そぎ切りにしたささみ、鶏がらスープの素、オイスターソース、砂糖を入れます。火が通ったら胡麻油、おろししょうが、春雨を加えて、春雨に火が通ったらできあがり。
豆苗は、水菜やもやしなど、他の野菜に変えてもオッケー、その時に冷蔵庫にある野菜で作ってみてくださいね。

忙しくてお疲れ気味の体にしみる夜食「ほたてクッパ」

温かくて柔らかい雑炊も、お腹にやさしい夜食にもってこいですね。この「ほたてクッパ」は、ほたての缶詰めを使って、手軽に本格クッパを作れます。
ほたての出汁をしっかり使うので、旨みがしっかり感じられ、少量でも満足感ある一品です。
鍋に胡麻油とにんにくを炒めたら、汁と分けたほたての身としいたけを加えて炒めます。
ここに、ほたての汁を水で薄めてひと煮立ちさせたら、ご飯と溶き卵、みつばを加えてできあがり。
ご飯を加えたら、手早く仕上げるのがコツ。
時間をかけるとドロッとした食感になって、重たい仕上がりになってしまうので気をつけてくださいね。

やさしいほっこり夜食「中華風鶏団子スープ」

しょうがとにんにくの風味がきいた、鶏の肉団子入り中華風スープ。
小鍋に鶏がらスープ、砂糖、にんにくとしょうがのすりおろし、胡麻油を入れ、切った野菜を加えて煮立てます。
このレシピでは、はくさい、長ねぎ、にんじん、しいたけ、きくらげを使っていますが、その時ある野菜でOK。
玉ねぎのみじん切り、豆腐、鶏ひき肉を混ぜて、このスープの中に丸めて落としていきます。最後に春雨を加えてできあがり。
例えば、春雨を加える前のところまで作っておけば、帰って来たら温めなおして春雨を加えるだけ。
残れば朝食にも使い回しでき、すきま時間で用意ができて満足感の高い、すぐれものレシピですね。

さて、今日の夜食はどれにしますか。
家族のために、自分のために、パパッと作れる簡単・満足の夜食レシピ、ぜひ活用してみてくださいね。
受験勉強中のお子さまや残業の多い旦那さまも、きっと喜んでくれるはずです。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【家がおしゃれBARに大変身♡】宅飲みの簡単おつまみレシピまとめよこさん
  2. 2子どもからリクエストが出る!簡単で楽々できる和食レシピ12選メアリー
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4もう1品プラスしたい時に!食卓を彩るおすすめの副菜16選あやっこ
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部