女子会で大人気!水菜×鶏肉でおもてなし料理5選

スーパーで季節にかかわらず、安定して安く手に入る水菜。鶏肉と合わせてサッパリと、そのまま生でサラダに、煮びたし、鍋などでも大活躍。ここでは、女子会でも人気が出そうな、水菜と鶏肉をたっぷり食べられるおもてなしメニューをご紹介します。

水菜と鶏肉でしっとり低カロリーに「さっぱりゆで鶏」

加熱するとパサパサになりがちな鶏むね肉を、しっとり柔らかく仕上げるために、強火で茹ですぎないことが大切です。
鶏むね肉は水、酒、しょうが、長ねぎを入れた鍋でひと煮立ちさせ、火を止めて放置します。
タレはフライパンにごま油、みじん切りにした長ねぎとおろしにんにくを入れ、軽くキツネ色になるまで炒め、酢と砂糖を加えて完成。
皿に水菜を敷き、そぎ切りにした胸肉を並べて特製タレをかけます。おもてなしでは見栄えがして食べ応えのある一品です。
ご飯のお供に、おつまみにどうぞ!

水菜に素揚げ野菜と鶏皮がからむ「揚げ茄子と鶏皮の甘酢あえ」

なす、しめじ、れんこん、ごぼう、にんじん、鶏皮を順番に素揚げします。白練りごま、白ごま、甘酢、醤油、塩、ごま油、ピーナッツバター、おろしにんにくなどを混ぜて甘酢タレを作りましょう。
皿に水菜を敷いてその上に素揚げした野菜と鶏皮を並べ、甘酢タレをかけてできあがり。
野菜や鶏皮の旨味が素揚げすることでギュッと凝縮され、しかもこの甘酢タレと水菜のおかげでさっぱりとバランスよく食べることができます。
材料が多くて一見大変に見えるレシピですが、手順は簡単で作りやすいですよ。彩りもきれいで、おもてなしにピッタリですね。

鶏肉はむね肉でカロリーダウン「肉だんご白菜汁」

鶏むね肉に白滝、長ねぎ、醤油を加えて肉だんごを作ります。
白菜を一口大に切って鍋に入れ、水と昆布を入れて火にかけましょう。白菜が柔らかくなったら鍋から取り出し、フードプロセッサーにかけて鍋に戻します。
さらにスプーンで肉だんごのタネを鍋に加え、煮えたら薄口醤油で味を調えます。水菜を散らして仕上げ、器に盛ってから黒胡椒を挽きかけて完成。
鶏むね肉の挽き肉に白滝を加えてボリュームアップした肉だんご。これならたっぷり食べても安心ですね。

梅の香りが食欲をそそる「鶏肉と水菜の梅煮」

材料を重ねて蒸し焼きにするだけなのに、ごちそうになるお得なメニューです。
フライパンにダシと調味料を入れ、そぎ切りにした鶏もも肉、しめじ、水菜を重ねて入れ、梅干をちぎって乗せます。蓋をして蒸し焼きにしましょう。
煮汁とともに器に盛り付けます。あまり崩さないように盛り付けると見栄えがしますよ。
鶏のむね肉やささみを使うと、よりサッパリとしたメニューになりますね。

鶏のささみをほぐして加える「水菜のたらこサラダ」

シャキシャキした水菜の歯ざわりと、ほぐした鶏のささみのバランスが良い、ヘルシーサラダ。
鶏ささみは酒を振って電子レンジにかけ、手でほぐします。ささみ、水菜、玉ねぎ、たらこをボウルに入れ、オリーブ油、コンソメ、粉チーズをかけて混ぜ合わせましょう。
皿に盛り付け、黒胡椒をかけます。
いつもの水菜サラダが、たらこと粉チーズでしっかりした味に仕上がり、初めて食べた人はきっとビックリ!
お客さまにレシピを聞かれる自慢のおもてなし料理になりそうです。

水菜と鶏肉の最強コンビのおもてなしは、バランスの良い組み合わせなので、いろいろな調理法を覚えておくと良いですよ。
今回はメイン料理、もう一品欲しいときの副菜としても、美味しくできるおもてなしメニューをチョイスしました。
この5つのメニューを活用したら、あっという間に水菜がペロリと、難なく一袋食べられるはずです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部