簡単に作れる 変わり種きんぴら5選

ごぼう、にんじん、れんこんなどを醤油と砂糖で甘辛く炒めたきんぴら。お弁当や作り置きのおかずに便利ですね。 そんなスタンダードなきんぴらもおいしいですが、たまには変わり種きんぴらはいかがでしょうか。

ボリューム満点でメインディッシュにも!「豚肉入りきんぴら」

いつもは脇役のきんぴらごぼうも、豚肉を入れれば一気に主役級に!
ご飯がすすむガッツリおかずに変身します。
フライパンにごま油を熱し、赤唐辛子を炒め、さらにごぼう、にんじんを順に炒め合わせます。野菜を端に寄せて空いたところで豚肉を炒め、色が変わったら全体を混ぜて調味料を加えてふたをします。1分ほど蒸し炒めにしたらふたを外し、ごぼうが柔らかくなるまで炒めて完成です。
ごぼうは皮の部分にうまみも栄養も多いので、洗うだけで皮は剥かずに使います。
厚さをできるだけそろえて切ると、火の通りにムラがなくなります。

ピリカラ味にご飯がすすむ「じゃがいもの麻婆風きんぴら」

続いても主役級レシピをご紹介します。
にんにくと味噌のコク深い味わいに箸が止まりません!
フライパンにサラダ油を入れ、にんにくと赤唐辛子を香りが立つまで熱したら、挽き肉を加えポロポロになるまでほぐし炒めます。
じゃがいもを入れて全体に油が回るまで炒め合わせたら、ふたをして蒸し焼きにします。じゃがいもが柔らかくなったら万能ねぎとみりん、醤油でのばした味噌を加え、汁けがなくなるまで絡めるように炒めて出来上がりです。
じゃがいものシャキシャキ食感が残るよう、手早く仕上げましょう。

簡単おつまみにも♪「ごぼうとベーコンの洋風きんぴら」

ベーコンのうまみがごぼうにぴったり。黒胡椒がスパイシーでおつまみにもピッタリの洋風きんぴらをご紹介します。
ごぼうはピーラーで帯状にカットし、5分間水にさらした後ざるに上げ、ペーパータオルで水けを拭き取ります。
フライパンにごま油を熱し、ベーコン、ごぼうを順に入れて炒めます。火を止めて醤油とみりんを回し入れ、再び火にかけたら水気がなくなるまで煮詰めます。仕上げに黒胡椒をふって混ぜれば完成です。
長く切ったごぼうはイタリアンパスタ・フェットチーネのようで、おしゃれな見た目に仕上がります。

シャキシャキ食感が心地よい「きんぴらキャベツ」

きんぴら×キャベツ。意外な組み合わせと思われるかもしれませんが、ピリ辛味とシャキシャキ食感がやみつきになります。
フライパンにごま油と唐辛子を入れて熱したら、ざく切りキャベツを加えて強火で一気に炒めます。
砂糖を入れてなじんだら、みりんと醤油を加えて炒めます。
キャベツを一旦取り出して、残った汁を煮詰めたら、再びキャベツを戻して煮からめて、ごまをふれば完成です。
キャベツを一度取り出すことで、ビチャッとならずにシャキシャキの食感に仕上がります。

簡単カラフルおかず「3色ピーマンの塩きんぴら」

赤、黄、緑とカラフルな塩きんぴらは、食卓やお弁当を鮮やかに彩ってくれます。
赤・黄パプリカとピーマンはそれぞれ細切りにして、オリーブオイルで炒めます。しんなりしてきたら火を止めて、合わせ調味料を加えましょう。
再度弱火にかけて水分がなくなるまで炒めます。仕上げにごま油を回しかけ、白ごまをふればカラフルきんぴらの完成です!
醤油は使わず焦げないように気を付けて、色鮮やかに仕上げます。
細切りにする際同じ太さになるようにするのが、見栄え良く作るポイントです。

メインディッシュになるボリュームきんぴらや洋風きんぴらなど、変わり種のきんぴらをご紹介しましたがいかがでしたか。
味付けは同じでも、素材を変えるだけで一気に雰囲気が変わるので、マンネリな献立解消にお役立ていただければ幸いです。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部