手早く作れてボリュームたっぷり!なすと鶏肉の簡単炒め物レシピ5選

誰もが知っている夏野菜の代表格といえば、なすです。旬の季節に、美味しくいただきたいですね。 旬の時期はスーパーに出回ってお値段もお手頃になりますので、食卓に並ぶ回数も多くなります。回数が増える分、料理のマンネリ化問題も。 また、暑い季節に、キッチンに長時間立って料理するのも大変ですよね。 今回は、暑い夏でも簡単に美味しくなすをいただけるような、茄子と相性抜群の鶏肉を使った炒め物のレシピを5つご紹介します。

炒めるだけでさっとできる!ふっくら!「ナスと鶏肉のピリ辛炒め」

最初にご紹介するのは、鶏ささみやねぎと一緒に、豆板醤で炒めた、簡単中華風の炒め物です。
鶏ささみというと淡泊でパサつきやすいイメージがありますが、下味に酒をつけることで、しっとりと仕上げることができますよ!
鶏ささみとねぎとなすの、ふっくらとした触感が格別です。
フライパンひとつでサッと炒めて、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて完成です。
豆板醤のピリ辛で、ご飯がモリモリ進みます!暑い夏を乗り越えるために、オススメしたい一品です。

猛暑の夏でもさっぱり食べれる!あっさり「鶏むね肉とナスの醤油炒め」

こちらは、なすを鶏むね肉と一緒に醤油で炒めた一品です。
炒める前に、鶏むね肉にしっかりと下味をつけることで、コクのある味わいに仕上がります。
全ての食材をしっかりと炒めた後に、醤油や砂糖、酢などの合わせ調味料を入れて一気に仕上げるのが調理のポイントです。
さらにお好みで鷹の爪を入れると、味が引き締まりますよ!
最後に白ゴマと小ねぎを全体にまぶすと、ゴマの風味で一段と食欲が沸きます。
夏バテで食欲がない時には、こちらのレシピを試してみるのはいかがでしょうか。

枝豆がアクセントに「なすと鶏肉のマヨ炒め」

みそやしょうゆの炒め物はよく見かけますが、マヨネーズもなすと相性抜群で是非ともオススメしたい調味料です!
マヨネーズで炒めるとなすがくったりした触感となり、ご飯との相性が抜群ですよ。
同じく夏野菜である枝豆を入れて、また違った触感を楽しむことができます。枝豆は冷凍のものを使用することで、時短にもなります。さらに時短のため、なすに早く火が通るよう、小さめに切るのもポイントです。
マヨネーズだけのシンプルな味つけですが、味がよく浸みて美味しく仕上がります。
調理時間が15分なのも、暑い夏には嬉しいですね。

食欲がないときでも食べられちゃう「なすと挽き肉のカレー風炒め」

次にご紹介するのは、少し変わり種のカレー風味の炒め物です。いつもよりあっさりなカレーを食べたい!という暑い季節にもぴったりの一品です。
香ばしいカレーの風味が食欲をそそり、彩り鮮やかないんげんが見た目にもきれいです。なすは焼きつけるように火を通すと、おいしく仕上がりますよ。
鶏挽き肉を使うことで短時間で簡単に火が通るので、あっという間に仕上げることができます。普段の炒め物に飽きてしまったら、ぜひ試していただきたいレシピです。

なすに味がしっかり染み込む エスニック風「鶏肉となすの炒め物」

最後はエスニック風の炒め物をご紹介します。
こちらは鶏もも肉を使って、ジューシーに仕上げる一品です。醤油や鶏がらスープの素といった普段お家にある調味料にナンプラーを加えるだけで、一気にエスニック風の味に仕上がるので、思い立った時に簡単に作ることができますよ。
お好みでパクチーを添えると、さらにエスニック風に!
ジューシーなもも肉とレモン汁の効いた爽やかな味付けの組み合わせがやみつきになりそうですね。

いかがでしたでしょうか。
今回は、定番のみそやしょうゆ炒めから、ちょっと変わったマヨ炒めやカレー風炒め、さらにはエスニック風を紹介させていただきました。
相性抜群のなすと鶏肉のレシピの幅が広がりましたね。どれもご飯が進む、家族の食卓で大活躍しそうなレシピです!暑さに負けず、元気に夏を乗り越えられるよう、ぜひ夏野菜のなすを活用してみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部