大根とトマトをつかったおもてなしレシピ5選

大根とトマトというと身近で食べ慣れている食卓の定番野菜。暑い夏にはさっぱり食べれておいしいですよね。 今回は、大根とトマトを使ったおもてなしに活躍してくれそうなレシピを5つご紹介します。

ノンオイルサラダの代わりにも「大根とミニトマトのピクルス」

ひとくちサイズの乱切りにした大根とヘタを取り除いたミニトマトを、はちみつ、ローリエ、白ワインビネガーを合わせたタレに漬けて、30分置いたら出来上がりです!
漬け置き時間を除いた作業時間はものの数分なので、これからお客様がやってくる!なんていう時にパパッと作っておく最初の一品に良さそうです。

わさびが香るさっぱりメニュー「漬けマグロとアボカドの冷製パスタ」

おもてなしの定番料理といえばパスタ。こちらはマグロとアボカドという相性抜群の食材で作る、おしゃれな冷製パスタのレシピです。
角切りしたアボカドにレモン汁をまぶして冷蔵庫で冷やします。トマトとマグロも角切りに、かいわれ大根は根を落として半分に切ります。みじん切りにしたたまねぎにわさび醤油、塩、オリーブオイルを加えたタレにマグロを漬けこんで味を馴染ませます。パスタを茹でて冷水で締めたらマグロの漬け、アボカドを混ぜて皿に盛り、トマトとかいわれ大根をのせて出来上がりです。
高さが出るように盛り付けをするととても華やかで、おもてなしのメインにぴったりですね。特に女性に人気がありそうな一品です!

切り干し大根とトマトは意外な好相性「切干大根と押し麦のミネストローネ」

スープもおもてなしの食卓ではぜひ準備したい料理のひとつ。切り干し大根とトマトという少し意外な組み合わせで作る、ミネストローネスープのご紹介です。
切り干し大根を水で戻し、水気を切って食べやすく切ります。にんにく、たまねぎ、パセリをみじん切り、にんじんをサイコロ切り、トマトはざく切りにし、しめじは手で小房に分けます。鍋にオリーブオイル、にんにく、たまねぎを入れてじっくり炒めたら、他の野菜と押し麦を加えてさらに炒めます。
水を加えて20分煮て塩、胡椒、醤油で味を整えたら、パセリを散らして出来上がりです!押し麦のプチプチした食感が楽しめる、おもてなしにぴったりのスープです。
切干大根と押し麦という買い置きできる乾物を活かして作れるのもありがたいレシピですね。

さっぱり塩味の冷たいおでん「冷やし塩おでん」

こちらは、事前に調理していて来客時にササッと出せるのがおもてなしに嬉しい冷やし塩おでんのレシピです。大根はいちょう切り、こんにゃくを薄切り、がんもどきをひと口大に切ります。
なすは適当な大きさに切ったら水にさらします。ミニトマトの皮を湯むきし、こんにゃくとがんもどきを熱湯でサッと下茹でします。塩とみりんで味を調えただし汁で食材を煮込んで枝豆をトッピングしたら、常温で冷ました後に冷蔵庫でよく冷やして出来上がりです!
温かいおでんが定番なので冷やしおでんというと意外な感じがしますが、煮物は冷める際に食材に味がしみ込むので、おいしく仕上がるのです。
暑い日のおもてなしに喜ばれそうですね!

野菜を挟んでヘルシーに♪「お手軽バインミーサンド」

最後にご紹介するのはベトナムのサンドイッチ、バインミーサンドのレシピです。気軽に手に取ってつまめるサンドイッチはおもてなし料理の定番のひとつですが、変わり種のアジアンバインミーサンドを作ってみましょう。
大根とにんじんを角切りにして塩もみし、電子レンジで30秒加熱したら、砂糖、水、ナンプラー、酢を合わせたタレに漬けてなますを作ります。クリームチーズを常温に戻し、トマトときゅうりを薄切りに、パクチーは2cmに切ります。切り込みを入れたバケットにトースターで焼き色をつけてクリームチーズを塗ったら、なますと野菜をはさんでパクチーをトッピングして出来上がりです。お好みでハムや海老などの具材を加えてボリュームアップするのもオススメです。
お子さまのおもてなしには、パンと具材を準備してテーブルを囲んでセルフで具材を挟みながら楽しむのも良さそうですね!

いかがでしたでしょうか。
前菜、スープ、メイン料理から、わいわい楽しめそうなレシピまでおもてなしのシーンで活躍してくれそうなレシピを5つご紹介しました。
大根とトマトという定番野菜を、ちょっとよそ行き顔で召し上がって頂けるおススメのレシピです。ぜひ挑戦してみてくださいね!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  3. 3ウキウキ♪運動会のお弁当レシピ特集深月あかり
  4. 4厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部