夏にあう!あっさり味の冷やしうどんレシピ5選

暑い夏に食べたくなるのが、冷やしうどん。とはいえ、定番のざるうどんやぶっかけうどんが続くと家族もげんなり…。そんなときにおすすめのアレンジレシピをご紹介します。トマトや梅を使ったさっぱり味のものからジェノベーゼ風の冷やしうどんまで、変化に富んだメニューはこの夏大活躍してくれそう。夏野菜やたんぱく質もたっぷり摂れて、変化に富んだ味わいの冷やしうどんが食卓に上がれば、家族も喜んでくれるはず。どのレシピも電子レンジ解凍した冷凍うどんでも代用できるうえ、簡単に作れますので、ぜひお試しください。

青じそ香る和風トマトソースが美味「冷やしトマトめん」

青じその香りと醤油が効いたフレッシュトマトソースがうどんに絡み、さっぱり美味しい「冷やしトマトめん」のレシピです。しかも、トマトソースは煮込まずに作れるのが時間のない時に嬉しいのです。
湯むきしたトマトを粗く刻んだら、すりおろしにんにく、調味料と一緒にすり鉢で混ぜるだけ。すり鉢がない場合は、フードプロセッサーを使用するか、ボウルに入れてフォークなどでつぶしながら混ぜればOKです。
キンキンに冷やしたトマトソースをうどんにかけて、さっぱりヒンヤリ召し上がれ。

晩ごはんにも◎「豚しゃぶうどん 梅みそだれ」

梅の酸味とみそのコクが豚しゃぶと相性抜群!
パワーランチはもちろん、夕食にもおすすめの一品です。味の決め手となる梅みそだれは、煮立てたみりんに、梅、みそ、醤油、だし汁を混ぜるだけ。きゅうり、レタス、トマト、ミョウガといった夏野菜もたっぷり入り、ボリューム満点です。
暑い時は食欲がわかないときもありますが、そんな時でも食べたくなる一品です。

まるでイタリアン♪「生ハムとトマトの冷やしうどん」

和風うどんに飽きたときにトライしたい洋風アレンジメニューをご紹介します。
うどんを市販のジェノベーゼソースで和えたら、トマト、生ハム、クリームチーズをトッピング。それだけで“まるでイタリアン”なおしゃれな一品が完成します。
切るだけ、和えるだけで、火を使わずに作れる簡単レシピなのもうれしいですね。
見た目が華やかなので、ママ友との家ランチにも活躍しそうです。

お疲れ気味のときに「ゆずが香る鶏肉のさっぱりおろしうどん」

大根おろし、ゆで鶏、ゆず胡椒で、さっぱりと食べられるうどんです。しっとりやわらかなゆで鶏を作るコツは、鍋に蓋をして弱火で火を通すこと。茹であがってから、お好みの厚さにスライスします。
忙しいときは、耐熱皿に鶏肉、青ねぎ、ショウガをのせて酒をふりかけ、ラップをして電子レンジ調理すれば、お手軽に作れます。夜食にも最適です。

ピリ辛味に食欲が進む!「ピリ辛ごまだれ冷やしうどん」

ビールによくあい、辛いもの好きな男性も喜んでくれるメニューがこちら。ピリ辛味が病みつきになるたれは、家庭に常備されている調味料を混ぜるだけ。
市販のごまだれやごまドレッシングを使えば、さらに手軽に作れます。また、具材は焼きナスや蒸しナス、レンチンしたいんげんやかぼちゃ、チャーシューなどもあうので、その日の気分に合わせてお好みでどうぞ。10分でできる時短メニューなので、時間のないときや夏休みのお昼にもぴったりです。

いかがでしたか。夏場に大活躍の冷やしうどんメニューも、たれや具材を工夫すればバラエティ豊かな味わいが楽しめますね。
どのレシピも10~20分以内で作れる時短メニューなうえ、家庭に常備されている調味料でできるのもうれしいポイントです。家族が「おいしい」と食べてくれる顔、「また作って」とリクエストをしてくれる声を楽しみに、ぜひチャレンジしてみてください。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部