今日はいつもと違う味!と思わせる変わり種チャーハンレシピ5選

時間がないときにサッと作れるチャーハンですが、いつも同じような味、素材、色味と案外レパートリーが少ないですよね。ちょっとしたアイデアで「いつものチャーハンとは違う!」と楽しめる変わり種レシピをご紹介します。

お店の味を超えるかも!コクと美味さの「チーズチャーハン」

家でつくるものとお店で食べるチャーハンの決定的な違いは、ずばり「アブラ」にあります。サラダ油やゴマ油ではなく、ラードを使用することで香りやコクが段違いに味わえるその味はまさに食欲そそる味です。
また、とろけるチーズを組み合わせたことで、よりコクが増すチャーハンは一品でも満足して食べれますよ。野菜が苦手なお子さまも、チーズと一緒であれば苦手を感じず食べてくれるかもしれませんね。
ごはんがたくさん余ったときにぜひ作りたいレシピです。

片付け楽チン!「アサリのオイスターソースチャーハン」

今日は肉は重いなと思った時、あさりを使った変わり種チャーハンはいかがでしょうか。
旨みたっぷりのあさりは、お味噌汁の具やパスタ以外でも重宝する食材。あさりは旬のものを活かすのもいいですが、冷凍のむきみあさりで代用しても十分プリプリ感がでますよ。
また、まな板などをあまり汚さず調理ができることでさらに時短レシピの一品としても大活躍。
にらやオイスターソースとの新たな味の発見をぜひお試しください。

おはしで食べたい「牛肉としば漬けチャーハン」

ごはんのお供であるしば漬けを使った和を感じる変わり種チャーハンです。
牛肉の切り落としからの脂の旨味をからめたしば漬けは酸味の中にもコクのある味わいが楽しめます。余りもののお漬物のアレンジとしても使える組み合わせですよね。さらにシャキシャキのレタスの食感が相まって食欲が増しますよ。
茶色くなりがちなお弁当レシピとしてもおすすめです。
このチャーハンには中華スープよりお吸い物が合いそうですね。

緑のスープで味の変化が楽しめる「春菊のスープチャーハン」

チャーハンが緑の池にぷっかり浮かんでいる目からみるインパクトは食べる前から驚きを感じ、どんな味なのかワクワクしますよね。
干しえびからは旨味を強く感じる出汁が溢れ、ごはんに染み渡ります。
最初はチャーハンだけで食べ、その後はスープの部分をかけながら食べたりと食べ方を変化させられるので一度で飽きずに食べられますよ。
お子さまと一緒に食べる場合、春菊を小松菜やほうれん草など苦みがあまり強くないものに代用すると食べやすくなります。

あのメニューもチャーハンの仲間「ドライカレーチャーハン」

チャーハンとは、ごはん、肉、野菜などを油で炒める料理のこと。となれば、誰もが大好きなカレー粉という調味料を加えてアレンジしたものもチャーハンの仲間として迎え入れてもいいですよね。
ドライカレー風にすることで一緒に炒める食材もたくさんアレンジがきき、冷蔵庫内の食材整理の際にも活躍できるレシピです。
具沢山の野菜をベースにしたドライカレーチャーハンの上に目玉焼きをのせれば、見た目から食欲をそそります。
ワンプレートの朝食にや、パッと済ませたいおひとりランチなどにぴったりですね。
またしっかり中まで火を通した目玉焼きや薄焼きたまごでくるっと巻いてしまえばお子さまのお弁当レシピとしても活用できます。

いかがでしたか。
肉を他の食材に、野菜を漬物で代用、など、いつもとは一風変わったチャーハンレシピをご紹介しました。
フライパンひとつでさっと作りたいときに作ることが多いチャーハン、バリエーションを是非ひろげてみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部