【ピーマン×豚肉】相性抜群!簡単おいしいピーマンレシピ5選

ピーマンといえば、1年中手に入りやすく、お値段も手ごろなうれしい野菜の1つです。しかしピーマンが苦手というお子さまも多いのではないでしょうか。そこで、そんなお子さまでも美味しく食べられるような、相性抜群のピーマンと豚肉と一緒に調理したレシピを5つピックアップしました。家族みんなでおいしく食べられるおいしいレシピです。 ぜひ、作ってみてくださいね!

コクうまなので野菜嫌いでも食べられる「豚肉のピーマンみそロール」

まずはピーマンを豚肉で包んだみそロールレシピをご紹介します。最初にピーマンを炒めて味噌で味付けをします。火が通ったら薄力粉を加え、それを大葉と豚肉で巻きます。最後にフライパンで炒めて豚肉に火が通れば完成です。見た目からはピーマンはわかりませんし、味噌で味をつけているため、ピーマンの苦味も感じづらくなっています。これなら簡単に作れますし、ピーマンが苦手なお子さまでも気づかずに食べてくれるかもしれませんよ。

つぶつぶ野菜を練りこんだカラフルミートローフ お野菜たっぷり!「手づくりミートローフ」

お子さまがピーマンに気づかずに食べてくれそうなレシピをもう1品ご紹介します。
色々な野菜を細かく刻んでひき肉で包んだミートローフです。作り方は簡単。たまねぎ、にんじん、ピーマンを細かく刻んで豚ひき肉と混ぜ合わせ、コーンやおからを加えます。それを電子レンジにかけ、火を通します。ケチャップと中濃ソースを混ぜて作ったソースをかければ完成です。豚ひき肉の中で細かく刻んで入っていれば、お子さまもパクパクと食べてくれそうですよね!

キャベツたっぷり春仕様「野菜たっぷりドライカレー」

ピーマンが入っていることに気づかないようなレシピをご紹介してきましたが、続いてはお子さまの好きな料理にピーマンを加えて一緒に食べてもらうというのはいかがでしょうか。お子さまの好きな料理といえば、カレーもその1つ。ピーマンやキャベツが入ったドライカレーのご紹介です。キャベツ、たまねぎ、ピーマンを1センチ角に切って、にんにく・生姜と炒めます。そこに豚ひき肉を加えてカレー粉と一緒に炒め、ケチャップ、チキンスープの素、水を加えて煮込みます。最後に水分を飛ばせば完成です。大好きなカレーの味がしみこんだピーマンであればお子さまも喜んで食べてくれそうですよね。

口の中でホロリと崩れる柔らか食感「簡単酢豚」

ケチャップ味の酢豚もお子さまが好きな料理ですよね。酢豚というと、お肉を油で揚げるので手間がかかると思ってしまいそうですが、少量の油で揚げ焼きにすれば、簡単に作ることができます。豚肉を手で握って丸く形を整え、片栗粉を全体にまぶします。それを少し多めの油で両面に焼き色をつけ、火を通すため蒸し焼きにします。そこでお肉は一度取り出し、ピーマンやたまねぎなどの野菜をそのまま炒めます。最後にあわせ調味料を加え、取り出したお肉を戻してからめれば完成です。豚バラ肉とピーマンの苦味がマッチした一品です。

ダイナミックな丸ごと肉詰め 丸ごとピーマンの肉詰め焼き

最後はピーマンと豚肉料理の王道、ピーマンの肉詰め焼きです。ピーマンが苦手なお子さまにとってはインパクト絶大なピーマン料理ですが、豚肉のうまみをたっぷりとすっているため、ピーマンの苦味は少なくなっています。一度食べさせてみてはいかがでしょうか。作り方も簡単。フライパンで炒めたたまねぎとにんにくを豚挽き肉とまぜあわせます。それをビニール袋にいれて端を切り、ヘタと種をとったピーマンに絞りいれれば、後は焼くだけです。焼き目をつけた後、蒸し焼きにすることでしっかりと中まで火が通ります。ピーマンがやわらかくなるまで蒸し焼きにすることで、ピーマンの苦味も少なくなっているため、お子さまも美味しいといってくれるのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか。ピーマンを食べやすく紛れ込ませた料理から、ピーマンが主役の料理までご紹介しました。栄養豊富な緑黄色野菜、ピーマン。見た目や味にひと工夫をしたら、お子さまも美味しく食べてくれるかもしれませんね。ぜひ、試してみてください!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部