シャケで作る!簡単な初心者向けレシピ5選

シャケの料理というと、何が浮かびますか。秋が旬のシャケですが、近頃は外国で水揚げされたものもスーパーに並び、年中食べることができますね。魚の中では特徴的なオレンジ色の身は、塩焼き、フライ、ホイル焼き…シンプルな調理で楽しむことが多いですが、今回はさらに踏み込んで、シャケを使った料理の中から、お料理初心者さんが作って楽しく、食べておいしいレシピを選んでご紹介します。

シャケと野菜を蒸しあげた「鮭の味わい蒸し」

シャケと素材の野菜を最大限に生かしたシンプルな味わい蒸しは、たっぷりの野菜とシャケがメインのおかずにぴったりなやさしいおいしさです。きゃべつ、玉ねぎ、にんじん、もやしをバットの中で混ぜながら塩をまぶしたら、フライパンに敷き詰め、その上に食べやすい大きさに切って塩胡椒したシャケを並べ、酒を回し入れて蒸し上げればできあがりです。ふっくらと蒸し上がったシャケと、しっとり塩味が広がる野菜は絶妙な組み合わせですよ。

浜の漁師風シャケ料理「鮭とキャベツのチャンチャン焼き」

「シャケのチャンチャン焼き」という料理の名前を聞いたことがあるでしょうか。北海道由来で、もともとはシャケを一匹まるまる使い、野菜をたっぷり入れて囲炉裏の火で蒸し焼きにした、漁師が作る豪快な味噌味の浜料理です。
ここでは、電子レンジとシャケの切り身を使ってチャンチャン焼きを再現した、簡単なレシピをご紹介します。
耐熱容器に、きゃべつ、玉ねぎ、コーンを入れて、塩と料理酒をまぶしておいたシャケをその上にのせます。シャケには、にんにく、砂糖、醤油、料理酒、そして味噌を混ぜた味噌ダレを塗り、小さくちぎったバターをのせます。ラップをかけて、電子レンジで加熱したらできあがり。
飽きが来ず、ご飯がどんどん進む一品ですよ。

ご飯と食べたいシャケ料理「サーモンの照り焼き」

シャケの照り焼きは、ご飯にぴったり、大好きなお子さまも多い料理です。
小鍋に味醂と料理酒を煮切り、砂糖と醤油にはちみつを加えて作った照り焼きのたれにシャケを漬けておきます。フライパンで両面を焼いたら、最後にバターを入れて仕上げます。はちみつを加えることで、よく照りが出て、食欲をそそる仕上がりになりますよ。なすの素揚げを添えて器に盛り付けたら、定食屋さんのような一皿に。
甘辛い照り焼きにバターのコク、おもてなしの一品にもぴったりですね。

シャケを使って和え物風に「鮭としめじのマヨソース和え」

シャケとマヨネーズは実は相性抜群。
シャケと野菜をマヨネーズソースで和えた、こんな料理はいかがですか。まず、砂糖、醤油、マヨネーズ、トマトケチャップを混ぜて、ソースを作っておきます。
シャケの両面に片栗粉をまぶしてフライパンで両面をこんがりと焼いたらソースの中へ。同じフライパンでしめじとアスパラガスを炒め、こちらもソースの中に入れてよく混ぜます。ベビーリーフを飾ったお皿に盛り付けてできあがり。トマトケチャップの酸味とマヨネーズの味が野菜とも良く合って、大人にも子どもにも人気の一皿になるはず。

シャケはレモンと相性抜群!「鮭のレモンバターソテー」

シャケとレモンの組み合わせは、ムニエルなどでもおなじみですが、意外にお互いを引き立てあうのです。両面にしっかり薄力粉をつけたシャケをフライパンでこんがり焼き色がつくまで焼き、一度フライパンから取り出します。そのフライパンに、醤油、レモン汁、砂糖、バターを混ぜてソースを作ればできあがり。
シャケのバター醤油ソースが、レモンの酸味でさっぱりおいしくいただけますよ。フライパンひとつであっという間に作れるシャケのソテー。
さっそく作ってみたくなるレシピですね。

作ってみたいレシピは見つかりましたでしょうか。蒸したり焼いたり、シンプルで簡単な調理方法でおいしくいただけるのが、シャケの魅力のひとつでもありますよね。ぜひ、こんなアレンジにも挑戦してみてくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2晩ごはんは洋食で決まり♪メニューに迷った時のお助けレシピ16選あやっこ
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5今日もお仕事お疲れさま♪旦那さんが喜ぶ晩ごはんレシピ11選