お子さまも食べられる! ほうれん草とベーコンで作る簡単レシピ5

栄養が摂れる緑黄色野菜・ほうれん草。おひたし、胡麻和え、バター炒めなど、和風にも洋風にもなり、料理のバリエーションが豊富です。 今回はその中から相性の良いベーコンを使い、簡単に作れてお子さまも喜んで食べられるような、美味しいレシピをピックアップしました。

いつものおひたしがコンソメ味に!「ほうれん草の洋風おひたし」

和食の定番であるおひたしをコンソメで洋風に。
パンにも肉料理にも合うサイドメニューになります。作り置きのお惣菜として、多めに作っておいてもいいですね。
ベーコンとほうれん草は食べやすい大きさに切ります。フライパンにオリーブ油をひいてベーコンをサッと炒め、さらにほうれん草を加えて火が通るまで炒めます。
そこにコンソメ顆粒、めんつゆ、水を入れてひと煮立ち。容器に移して冷蔵庫で冷やしましょう。最後に冷やすことで、しっかりとほうれん草に味を染み込ませることができますよ。

ほうれん草と相性抜群「もっちりベーコンの海苔巻き」

簡単に作るコツは、ほうれん草を耐熱容器に入れて水をかけ、ラップをして電子レンジで加熱すること。
こうすることで柔らかくなりますので、茹でるよりも簡単ですよね。このレシピでは、ほうれん草を半分に切ってからレンジでチン。
ベーコンはフライパンで炒めて出た脂を軽くふき取り、塩胡椒します。
ラップの上に焼き海苔を広げ、ベーコン、ほうれん草を乗せて巻き、適当な長さに切って、切り口に白ごまを振って完成。ベーコンのうま味でほうれん草がたっぷり食べられるレシピです。
おつまみやお弁当に活躍しそうですね。

ほうれん草が苦手な方に試してほしい「ほうれん草のポタージュ」

きれいなグリーンが、泡立てた牛乳の白色とマッチ!
ほうれん草がたっぷり摂れるポタージュスープです。本格的な見た目と味ですが、作り方は簡単。
じゃがいも、ベーコン、玉ねぎ、マッシュルームをバターで炒め、水を加えて柔らかくなるまで煮たらコンソメで味を付け、牛乳を加えます。
ほうれん草を加えてサッと熱を通しミキサーにかけて完成。牛乳のおかげでほうれん草の臭みも気になりません。仕上げに、牛乳を温めてハンドタイプのカプチーノマシンで泡を立て、器に入れたスープの中央にそっと乗せます。
もちろん、カプチーノマシンがなかったら、泡立てなくてもOKです。

オーブンで仕上げるイタリア版オムレツ「ほうれん草とベーコンのフリッタータ」

美味しく作るポイントは、卵を溶いてからザルでこすこと。このひと手間で本場のクオリティに近づきます。ボウルに茹でたほうれん草、ベーコン、こした卵、ピザ用チーズ、牛乳と生クリームを加え、味を調えてしっかり混ぜます。
これをフライパンに流し、トロトロになるまで火を通しましょう。さらにクッキングペーパーを敷いた耐熱容器に入れ、パセリやチーズをかけ、お湯を張った天板にのせて蒸し焼きに。
オーブンから出し、冷めたら切り分けます。時間があるときに作っておくと、豪華な一品になりますね。

ヨーグルトでヘルシーに!簡単「ほうれん草とキノコのヨーグルトカルボナーラ」

カルボナーラといえば、生クリームをたっぷり使い濃厚な味に仕上げたものをイメージしますよね。
こちらは、ヨーグルトを使ったさっぱりとしたソースでいただける簡単レシピです。オリーブ油を熱したフライパンでベーコンとキノコ類、ほうれん草の順に炒めましょう。
パスタを茹でてボウルに入れ、炒めた具を混ぜ、ヨーグルトと卵とチーズで作ったソースを絡めます。
お皿にふんわり柔らかく盛り付けて、セルフィーユなどのハーブを飾って完成。彩りも鮮やかで食卓に華を添えてくれそうです。

できれば毎日でもお子さまたちに食べさせたい、栄養のあるほうれん草。ベーコンと合わせてこんなふうに味付けに一工夫できれば、ほうれん草のお料理がたびたび食卓にあがっても飽きられませんよね。ぜひ、試してみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部