ダイエットにもおすすめ☆鶏ささみを使った簡単副菜レシピ5選

高たんぱく低脂肪で、ダイエット中の方やアスリートからも支持される鶏ささみ。柔らかい肉質と、淡白でくせのない味も魅力です。簡単レシピを5つご紹介しますので、毎日の食事に取り入れて、無理なく美BODYを目指しましょう!

満腹感が得られる「ささみが入ったシャキシャキサラダ」

まずは電子レンジで簡単に作れるサラダをご紹介します。
鶏ささみは耐熱容器に入れて酒をふり、電子レンジで加熱します。冷めるまで待ってから裂けば加熱中に出た水分が戻るので、しっとりとした食感に仕上がります。スライスした新玉葱と混ぜ合わせ、レモン汁やマスタードなどで味付けします。器に盛って仕上げに胡麻と大葉を散らせば完成です。さっぱりとした味付けとシャキシャキ食感に、食べ始めたら止まらなくなっちゃいます。
大葉をパクチー、醤油をナンプラーに変えればあっという間にエスニックテイスト!使う調味料によって和風から、洋風、アジアンとアレンジも自由自在の副菜です。

ささみで定番パーティーメニュ作れちゃう!カリッとポップコーンチキン

スナック感覚でサクッとつまめる、人気のパーティーメニューポップコーンチキン。ポリ袋を使えば、簡単に作れるので、普段の副菜にもおすすめです。
筋を取った鶏ささみは一口大に切り、塩胡椒をふって、ビニール袋に入れます。コーンスターチを加えたら、袋を振ってまんべんなくまぶし、さらに溶き卵を加えてもみ込みます。別のポリ袋に入れたパン粉とコンソメ顆粒を付けたら、フライパンに熱したサラダ油でサクッと揚げましょう。
ビニール袋で作る上、少ない油で作れるので後片付けが簡単なのも高ポイントのメニューです。

ビールに合わせたいピリ辛おつまみ「蒸し鶏ときゅうりのザーサイ和え」

思わずビールがすすんじゃう、簡単おつまみレシピがこちら。ヘルシーで、遅めの夕飯の副菜にもおすすめです。
鶏ささみは塩胡椒と料理酒をふり電子レンジで加熱して、冷めたら粗くほぐします。蒸し汁ごと叩いたきゅうり、お湯で戻した春雨、葱、ザーサイと合わせ、ごま油、醤油を加えてしっかり和えたら、器に盛って完成です。お好みでラー油をかけてお召し上がりください。
さっぱり味の鶏ささみときゅうりに、ザーサイが程よいアクセントとなります。春雨にささみから出たうまみがしみこんで、ついつい箸が止まらなくなるおいしさです。

のりの佃煮とマヨネーズが意外とマッチ「ササミののりマヨあえ」

のりの佃煮は白いご飯に合うだけでなく、実はいろいろな料理に使える万能調味料。マヨネーズと合わせれば簡単コク旨ドレッシングに早変わりします!
ササミは筋を取って料理酒と塩をまぶし、電子レンジで加熱します。冷めたらほぐして酢、マヨネーズ、のりの佃煮で和えれば完成です!マヨネーズの油分でしっとり仕上がり、のりの佃煮の粘度で、まんべんなく味が絡みます。のりの佃煮は、メーカーによって塩分が違うので、まずは少な目に入れて味を調整してください。
意外な組み合わせなのに、子供から大人まで大好きな味。おつまみに、副菜にと活躍してくれます。

黄色と緑の色合いもきれいなピカタ「ささ身青じそ巻きピカタ」

ピカタは、小麦粉と卵で包みこんで焼くことで、パサつきがちな食材もしっとり仕上げてくれる調理法。簡単に作れて冷めてもおいしいので、普段の副菜だけでなくお弁当のおかずにもピッタリです。
筋を除いたささ身に塩をまぶし、ごま油をからめたら、青じそを巻きます。小麦粉を薄くまぶし、溶き卵をからめたらフライパンで焼きます。仕上げはふたをして弱火で蒸し焼きにすれば、しっとり食感に仕上がります。
卵の黄色から透ける青じその緑がきれい。そこに真っ赤なケチャップをかければ、カラフルな色合いが食欲をそそります。

ヘルシーな鶏ささみを使ったレシピをご紹介しましたがいかがでしたか。ささみ料理の幅が広がりそうなレシピでしたね。
揚げたり焼いたりしてもおいしいですが、電子レンジ調理もオススメです。電子レンジを使えば、ささみのうまみが逃げない上、油が不要なのでヘルシーです。そして何より簡単に調理できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1一気に料理上手に見える!【簡単】副菜レシピ12選イイダミワ
  2. 2【米】の意外な一面に惚れる♡米を使った絶品おつまみレシピ12選よこさん
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部