とろ〜りあんで優しい味に♪いつもと違う変わり種あんかけレシピ5

あんが具材を包み込み、体の中からほっこりと温まるあんかけ料理。定番レシピも良いけれど、今日はいつもとすこし違ったあんかけレシピに挑戦してみませんか。今回は変わり種のあんかけレシピを5つピックアップしたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

枝豆の食感を楽しむ「あんかけチャーハン」

枝豆の食感と熱々のあんが絶妙に絡み合う、色鮮やかなグリーンが美しいチャーハンのレシピです。卵は溶きほぐしておき、ねぎはみじん切りにします。味の肝となるカニ缶、水、鶏がらスープの素は混ぜ合わせ、片栗粉は同量の水で溶きます。中火で熱したフライパンにサラダ油を入れ、卵液を一気に流し入れたらすぐにご飯を加え、押さえつけながらほぐしパラパラになるまで炒めます。塩、胡椒、醤油で味を整えたらさらに中火で1分炒め、最後にねぎを加えて炒め器に盛りましょう。今度はフライパンにごま油を熱し、枝豆を中火で1分さっと炒め、スープを煮立たせたら水溶き片栗粉でとろみをつけ、チャーハンの上にかけて出来上がりです。

湯葉の中からコクのあるあんが登場「パリパリ湯葉春巻き」

湯葉をひたひたの水につけて約5分おいて戻したら乾燥しないようにラップをかけておきましょう。にんじんは細切りに、生しいたけも石づきを除いて細切りにします。もやしはひげ根を除き、たけのこは水をきって細く切り下準備が完了です。フライパンにごま油を熱し、しょうが、鶏挽き肉を炒めたら塩、胡椒で下味をつけます。そこに野菜を加えて炒めたら、コンソメ、水、砂糖、薄口醤油を加え沸騰したらアクを取ります。とろみをつけたらバットに移し、粗熱を取り冷蔵庫で1時間冷やします。湯葉に具材を入れて巻き、揚げ焼きにしたら完成!醤油、水、酢、砂糖を混ぜたタレでいただきます。

とろとろとネバネバがタッグを組んだ!「納豆オムライス」

納豆もオムライスもお好きなら、納豆オムライスはいかがですか。あんに入れる野菜は火を通しすぎないようにするのが美味しく仕上げるコツですよ!長ねぎは斜め薄切り、にんじんは千切りにします。火を入れる前に、ご飯に納豆、納豆のタレ、小口切りにした万能ねぎ、白いりごまを混ぜ合わせておきます。フライパンに溶き卵2個分を流し入れ半熟になったら、ご飯の半量を卵の中央に盛り付け、崩さないようにお皿に盛ります。醤油、みりん、料理酒、だしを鍋に入れてひと煮立ちさせたら一旦火を止め、水溶き片栗粉でとろみをつけ長ねぎとにんじんを加え予熱で火を通してご飯の上にかけて召し上がれ!

梅あんでさっぱりいただく「大葉と鶏むね肉のしっとり焼き」

大葉が香るさわやかな一品はヘルシーなおつまみや前菜にぴったり!鶏むね肉は皮を取り除き一口大のそぎ切りにしてボウルに入れ、醤油、塩、しょうが汁を加えて揉み込みます。5分ほどおいて味をなじませたら水気を拭き取りましょう。大葉は軸をとって縦半分に切り、梅干しは種を除き刻んでおきます。鶏肉を大葉で巻いたらフライパンで熱し火が通るまで焼きましょう。小鍋に砂糖、梅干し、料理酒、薄口醤油を入れてしっかりと混ぜ合わせたら弱火にかけて水溶き片栗粉でとろみをつけ梅あんを作ります。焼きあがった鶏肉をお皿に盛り付けたらあんをかけて完成です。鶏肉は固くならないようにご注意ください。弱めの中火で様子を見ながら焼いてくださいね。

きのこあんでボリューミーに「えびのすり身高野サンド」

きのこの旨みがぎっしりのあんの下に隠れているのは、高野豆腐を使ったサンド!新鮮な驚きがいっぱいの一品です。えびはフードプロセッサーですり身にして水、すりおろした山芋、薄口醤油を混ぜておきます。高野豆腐はぬるま湯に10分つけて戻し、半分の厚みにカットして薄力粉を片面にまぶします。エビのすり身は高野豆腐でサンドして中火の蒸し器で15分間蒸しましょう。続いてあんを作ります。きのこ類は食べやすく切り、さっと熱湯にくぐらせておきます。にらは5cmのざく切りにしたら、だし、みりん、薄口醤油を鍋に入れ、きのこ類を入れてから中火で5分加熱します。火を止めて水溶き片栗粉でとろみをつけたら最後にニラを加えてあんは出来上がりです。仕上げにカットした高野サンドにかけてお召し上がりください!

味付けや合わせる具材でいつもとは違うあんかけメニューが楽しめそうですね。納豆や梅など、思いがけない組み合わせも、試してみると意外な美味しさが発見できます。好みのレシピを是非見つけてみてくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部