中華の定番!やっぱりおいしいあんかけの人気レシピ5選

水溶き片栗粉でとろみをつけたあんは中華料理にベストマッチ。今日は定番の人気料理、中華風あんかけレシピをもう一度おさらい!コツをおさえて、中華風あんかけ料理を極めましょう。

野菜たっぷりでヘルシーに「中華あんかけ豆腐ステーキ」

玉ねぎは薄切り、にんじんは千切り、しいたけはスライスし、にらは5cmの長さに切っておきます。豆腐は8等分にしてから豆腐の水気を拭き取り、片栗粉をまぶしておきましょう。多めの油をひいたフライパンに豆腐を入れ、中火で8分間表面を揚げ焼きし、きつね色になったら器に盛り付けます。続いてあんを作りましょう。鶏がらスープ、醤油、オイスターソース、砂糖、酢をフライパンに入れ、野菜を加えて煮立たせたら、にらも加えます。火を止め、水溶き片栗粉でとろみをつけたらごま油をひとかけして出来上がり。仕上げにあんを豆腐にかけ、彩りで糸唐辛子を散らしましょう。あんにいれる野菜は冷蔵庫にあるものでOKですよ。

簡単&節約メニュー「中華風豆腐と卵のあんかけどんぶり」

つるりとした舌触りの絹ごし豆腐にふわふわ卵にとろ〜りあん。子供にも大人気の丼は一品で大満足できてお財布にも優しいメニューですよ。豆腐は大きめに切り、長ねぎは小口切りに、カニカマは細かく裂いておきましょう。フライパンに水、中華だし、醤油、オイスターソース、料理酒、塩を入れて中火で熱したら豆腐、カニカマ、ねぎを入れて3分煮ます。その上から溶き卵をまわし入れ、豆腐があまり崩れないようにざっくりと混ぜましょう。卵が半熟になったら火を止め、水溶き片栗粉を入れてとろみをつけたら仕上げにごま油を少々たらします。ご飯を器に盛って上にあんかけをのせて召し上がれ♪

野菜はシャキシャキ食感に仕上げて「豚肉と野菜のあんかけ焼きそば」

なす、ピーマンは細切り、豚肉はこま切れにしておきます。サラダ油を引いたフライパンに中華麺を入れて3分焼いたら、油きりをして皿に盛っておきましょう。野菜は下処理としてサラダ油と塩を加えた熱湯でもやし、なす、ピーマンを40秒茹でてザルにあげておきましょう。フライパンにサラダ油を入れ、豚肉を入れて強火で2分炒めます。八割ほど火が通ったら、水、顆粒中華スープの素、醤油、胡椒、砂糖、オイスターソースを加えてから野菜を入れ、強火で4分半混ぜます。水溶き片栗粉を入れて強火で1分混ぜ合わせ全体にとろみをつけてください。仕上げにごま油を加えたら焼いためんにかけて完成!

あんをかけたらジュワーッ!「おこげの具沢山中華あんかけ」

温かいご飯をクッキングシートに広げ、5mmの厚さにのばし、表面が乾くまでおいておき、600Wの電子レンジで両面を3分ずつ2回、繰り返し加熱します。鶏肉は小さめのそぎ切りにしてフォークで両面を突き、紹興酒をかけて揉み込みます。野菜は食べやすい大きさにカット、にんじんは薄切りにしておきます。片栗粉を鶏肉にまぶし、油をひいたフライパンで4分焼き、色がかわったところで野菜を入れて炒めます。水を入れて強火で5分加熱し、煮立たせたら調味料を入れ、全体に味がいきわたるように混ぜ合わせ、水溶き片栗粉でとろみをつけましょう。ご飯は一口サイズにちぎり、180度の油に入れてきつね色になるまで5分程度揚げたら、あんをかけていただきます!

ひと手間加えて絶品レシピに「本格!とろーりあんのにんにくチャーハン」

にんにくの香ばしい香りが食欲を刺激するあんかけチャーハンです。にんにくは芯をとり、粗みじん切りにし、ウィンナーは5mmの角切りにします。長ネギは縦半分にしてから斜め薄切りにカット、卵は塩、胡椒を入れて溶きほぐしておきましょう。フライパンにごま油とにんにくを入れ、弱火でじっくりと香りを出したらウィンナーを加えてさっと炒め、端に寄せておきましょう。空いた場所に卵液を入れた直後にご飯も入れ、パラっとなるように素早く混ぜます。鶏がらスープの素を加え、全体が混ざったところで火を止めてお皿に盛り付けます。最後にフライパンであんを作ったら上からかけて召し上がれ。

そのまま食べてもおいしい中華料理にあんをかければ一気に味がグレードアップします!ぜひあんかけ中華料理をマスターして家族みんながよろこぶ一皿をレパートリーに加えてくださいね。


「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部