ひと味違った変わり種チャンプルーのレシピ5選

沖縄の言葉で「混ぜこぜ」という意味という「チャンプルー」。豆腐やゴーヤなどの野菜を使った料理がよく知られていますが、今回は少し趣の異なる食材を使ったアレンジレシピをご紹介します。いつもとはひと味違うおいしさを食卓にお届けします。

いつものチャンプルがごちそうに『えびたっぷりチャンプルー』

豆腐や卵にえび(ブラックタイガー)を加えた、ちょっぴり豪華なチャンプルーをご紹介します。
えびの独特な甘さや、見た目の鮮やかな赤色が一層の華やかさを演出します。背わたをとって塩をふり、下ごしらえをしたえびをにんにくで香りづけして油で炒めます。白ねぎ、粗くつぶして水気を切った豆腐の順に加えます。豆腐を入れたら水分が出ないうちに強火でさっと仕上げるのがコツです。最後に卵を溶き加え、ごま油を回しかけて完成。
熱々のうちにいただきましょう。

えびとしゃきしゃき野菜の『そうめんチャンプルー』

次はそうめんを使ったユニークなチャンプルーをご紹介します。
鳴門巻きをアクセントに使うので、優しい味で子供も喜ぶ一皿です。茹でて水切りしたそうめんに油を和えて、あらかじめ炒めておいたえび、人参、鳴門巻きを加えてフライパンで炒めます。最後ににらと豆苗を加えてさらに炒めます。
味付けは醤油でしますが、その代わりにナンプラーを使ってもおいしくいただけます。
白いそうめんにさまざまな色の具が彩りを添えて、見た目も華やかです。そうめんをたくさん買ったけど、余ってしまった時に趣向も変わって食べても作っても楽しいレシピです。

豚バラのうま味がしっかりとからみ合う『こんにゃくともやしのチャンプルー』

ヘルシーな豚バラ肉やこんにゃくを使ったチャンプルー。
ぷるんとしたこんにゃくと、しゃきしゃきとしたもやしの異なる食感が楽しめる個性派メニューです。
薄くちぎって塩もみしたこんにゃくを熱湯でさっと茹でて、豚肉と一緒に炒めます。続いて水切りした豆腐を一口大にちぎって加え、中火で炒め合わせます。
さらにもやしと昆布の佃煮、鶏がらスープの素を加え、最後に溶き卵を流し入れて味を整えます。味付けには醤油と削り節も使い、さっぱりとした和風の味わいに仕上げます。

ひき肉をかたまりで使って風味しっかり『ひき肉、ししとうの生姜チャンプルー』

10分ほどでさっと作れるのに、食べ応えのあるスタミナメニューです。
生姜の風味が食欲をそそります。豚のひき肉をかたまりのまま、いじらずにフライパンでごま油を使って焼きます。色が変わったらターナーなどでかたまりが崩れないように裏返し、一口大に切ります。続いて薄切りにした生姜を加え、肉の中まで火を通します。さらにししとうを加え、最後に溶き卵を加えてざっと混ぜ合わせて出来上がりです。味付けは醤油と料理酒を少しだけ使います。その濃厚な味わいに箸が止まらず、思わずご飯が欲しくなってしまう一品です。

鷹の爪でピリッと刺激的『ズッキーニ入り豆腐チャンプルー』

ゴーヤを使うことが多い豆腐チャンプルーですが、その代わりにこちらのレシピではズッキーニを使います。
味付けはニンニクと鷹の爪でイタリアン風に仕上げるのが特徴です。すりおろしたニンニクと鷹の爪の輪切りを油に入れて香りを立たせます。
そこに豚ひき肉を入れてさっと炒め、ズッキーニも加えます。最後に木綿豆腐を加えて崩しながら炒め、隠し味に醤油を入れて出来上がり。
鷹の爪の量を少し増やすと、お酒のつまみとしても絶品です。

チャンプルーというと私たちはゴーヤチャンプルーを連想してしまいますが、工夫次第でいろんな食材で新しい味が作れます。
アイデア次第で主食のおかずにも、お酒のつまみにもなるチャンプルー。
どのレシピもあまり手間をかけずに、さっと調理できるのも魅力です。自分流に好みのアレンジをいろいろと楽しんでみましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部