パプリカ&チーズの簡単おしゃれレシピ5選

ホームパーティーのお料理や、特別な日のごちそう。考えるだけでわくわくしますか、それとも、プレッシャーに感じるほうでしょうか。今回は、パプリカとチーズを使って、ごちそうや、おもてなしにぴったりのレシピをご紹介します。どれも、作るのも楽しくなるような、おしゃれでかわいいものばかり。さらに、簡単でおいしい、というすぐれもの。そんな、食卓をパッと華やかにしてくれるレシピを選んでご紹介します。

おいしいドリアをパプリカの器に詰め込んで「パプリカドリア」

ドリアは、お子さまの人気メニューのひとつですよね。熱々をハフハフ言いながら食べる幸せは、手作りならではのもの。
そんなドリアをパプリカにつめて焼いた、「パプリカドリア」は、特別な日の献立にぴったり。肉詰めピーマンに似ていますが、パプリカの赤や黄色の器の中、トローリとろけるチーズの下に隠れているのは、ケチャップライスとホワイトソース。
焼くと甘みが増しておいしいパプリカと絶妙にマッチします。見た目のかわいらしさは、クリスマスやお誕生日のテーブルにも合いそうですね。

白いチーズと黄色いパプリカがまるでケーキ「カマンベールと牛肉のガトー仕立て」

たまに過ごす旦那さまとの大人の時間に、ワインのお供にぴったりな、こんな一品をご用意してみてはいかがでしょうか。
丸ごとカマンベールチーズを使った、贅沢な大人の味が楽しめる「牛肉のガトー仕立て」のご紹介です。
名前から難しそうなイメージが浮かぶかもしれませんが、カマンベールチーズ、下ごしらえしたパプリカ、にんじんを交互に重ねて牛肉で包んだら、あとはオーブンにおまかせです。
チーズの芯までトロトロにとけるよう焼いたら、熱いうちに食べるのが、おいしくいただくポイントです。
簡単なのに豪華な見た目は、おもてなしの一品としても活躍してくれそうですね。

豚肉を重ねてピザ生地代わりに「パプリカとチーズの豚肉ピザ」

お家で飲み会の〆に、ふとピザが食べたくなることはありませんか。そんなときはぜひ、このレシピを試してみて下さい。
フライパンに豚の薄切り肉を重なり合うように並べて焼いたら、ケチャップを塗って切ったパプリカとチーズを乗せ、蒸し焼きにするだけ。ピザ生地がない分、重くなりすぎずに食べられそうです。
肉と野菜とチーズとバランスもいいので、おかずにもなり、受験生の夜食にも喜ばれそうですね。
パーティーの一品として作れば、きっと話題になるはず。

パプリカとチーズを生ハムで巻いて「カラフル・アンティパスト」

ホームパーティーの食卓に、目を引くような前菜を作ってみたい。でもおしゃれな前菜は材料が手に入りにくかったり、とても手間が掛かったりして、ハードルが高そう…。
そんな方におすすめのアンティパストがこちら。
生ハムに、食材を順番に巻いて切るだけで、カラフルでおいしい一品ができあがり。赤と黄色のパプリカ、バジル、ゆでた豚肉にスライスチーズを生ハムがくるりと包み、まるで生春巻きのような見た目です。
ワインがおいしくいただけそうですね。

テーブルが映える色鮮やかな一品「パプリカのチキンソテー」

おもてなしやごちそうの献立に、あと一品作りたい。おいしくて、華やかで、でも手間はかけず簡単に!「パプリカのチキンソテー」は、そんなときに役立つレシピです。
思ったよりお客さまが沢山食べて、お料理が足りなくなりそう、そんなときにも、パパッと作れるうれしい一皿です。
パプリカと鶏肉をフライパンで炒めたら、耐熱皿に移し、パン粉と粉チーズをかけてオーブントースターで焼くだけ。
足りなかったかも!と思っても、食事の途中でちょっと立って追加で作れば、熱々を食べていただけますし、お腹も満たされて、ばっちり満足していただけそうです。

いかがでしたか。パプリカは、とろけるチーズ、カマンベールチーズ、スライスチーズに粉チーズ…と組み合わせるチーズの種類も選ばず、色々なお料理に変身してくれますね。
おもてなし料理は少しプレッシャーと感じる方も、こんな簡単レシピなら、楽しんで作っていただけるのではないでしょうか。
きっと料理上手に見られるこの5選、ぜひ作ってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部