簡単なのに豪華!ガツンと美味しい丼5選

ランチや時間のないときの夕飯など、手軽にパパっと作れる丼はとても役に立ちます。 今回は簡単に作れてガツンと美味しい豪華な丼ぶりレシピを集めてみました。一品で食事の支度が整う丼ぶりは、食事の後片づけも手早く済むのもうれしいところ。いつもとちょっと違う豪華な丼ぶりを出して、家族を笑顔にさせましょう。

蒲焼きを使って簡単に絶品丼「うなぎとごぼうの卵とじ丼」

まず最初にご紹介するのは、高級食材のうなぎの蒲焼きを使ったごちそう丼です。
フライパンにだし汁と調味料、ごほうを入れて5分ほど煮たら、電子レンジで加熱してふっくらと温めたうなぎを加えます。にらを加えて、溶き卵を回しかけ、卵が半熟状になったら、ご飯の上にのせて完成です。
ごぼうは煮魚などの臭み消しにも使われることも多く、うなぎとの相性も抜群。トロトロの卵がふっくらとしたうなぎにからみ、ごぼうとニラも香りのアクセントになり、まさに絶品です。

焼肉を豪華にのせて食べ応え満点「長ネギたっぷり♪焼肉丼」

次に紹介するのは、食べ盛りの子供も大人も喜ぶ豪華な焼肉丼です。
このレシピのポイントは牛肉を蒸し焼きにすること。焼肉用の肉をフライパンに入れた後、日本酒を加えてふたをして加熱調理することで、余計な脂を落としつつ、ジューシーに仕上げます。
また、トッピングの長ねぎは丸々一本を活用。サラダ油で2分ほど炒めて、しんなりしてきた後にしょうゆを加えてさらに炒めることでねぎの香りと焦がししょうゆの香ばしさを引き立てます。しっとりとした肉と香ばしいねぎの相性は抜群でご飯が進む美味しさですよ。

王道のバターしょうゆで簡単に味が決まる「牛肉とじゃがいものバターしょうゆ丼」

次にご紹介するのも、牛肉とじゃがいもで食べ応えのある丼ぶりです。
塩こしょうで下味をつけた牛こま切れ肉をバターで炒めた後にじゃがいも、アスパラガスを加えて炒め合わせ、しょうゆと塩で味を調えます。丼に持ったご飯の上に具材をのせたあと、最後にバターをのせて粗びきこしょうをかけたら完成です。
最後にのせたバターが余熱で程よく溶けて具材にからみ、粗びきこしょうも良いアクセントになりクセになる美味しさです。「バターしょうゆ」という王道の組み合わせを存分に楽しめる一品です。
最後にバターをのせる「追いバター」というワザはバターの風味をダイレクトに味わいたいときに使えるワザです。ほかの料理にも応用可能なので、ぜひお試しください。

牡蠣の濃厚な美味しさを丼で楽しむ「かきのピリ辛照り焼き丼」

次にご紹介するのは牡蠣を贅沢に使った丼ぶりです。
牡蠣を使った料理は牡蠣フライや牡蠣鍋くらいしか思い浮かばない方も意外に多いのではないでしょうか。うま味が多い牡蠣はサッと炒めただけでもご飯によく合うおかずになります。今回は甘辛く仕上げる丼ぶりです。
牡蠣は塩水でふり洗いした後、ペーパータオルで水気をしっかりふき取ります。こうすることで水っぽくならずしっかりとタレがからんで美味しくなります。牡蠣に片栗粉をまぶしたら、サラダ油を熱したフライパンで表面がカリッとするように強火で焼きます。
コチュジャンが入ったピリ辛のタレをからめながら炒めて、最後に小ねぎを加えてザっと炒め合わせたら完成です。
ピリ辛のタレが牡蠣のうま味を引き立ててくれ、ご飯との相性は抜群。コチュジャンの量はお好みで加減してください。

スペアリブを炊き込んだ豪快丼「炊飯器deスペアリブ丼」

次に、炊飯器を活用して作る豪快なスペアリブの丼ぶりをご紹介します。コトコト煮込む必要なく、美味しいスペアリブが楽しめる画期的なレシピです。ご飯と一緒に炊き上げるので調理が一気に完了するのもうれしいポイント。
作り方はじつに簡単。スペアリブを焼肉のタレに1時間ほど漬け込んだ後、サッと表面を焼き付けます。表面を焼いたスペアリブを米と一緒に炊飯すればOK。
とても簡単でに美味しいスペアリブご飯が完成です。
一緒に炊き込んだキムチが程よい辛みで食欲をそそります。
キムチの量はお好みで調整してください。

食べ応えのある豪華な丼ぶりレシピをご紹介してきましたが、いかがでしたか。
パパっと簡単に作れるものばかりですが、いつもよりちょっと豪華な食材を使うことで、手抜き感が一切出ないのもうれしいポイントです。
ご飯が進む絶品丼をぜひご堪能ください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部