フライパン一つで完成!パプリカと鶏肉を使った炒め物レシピ5選

赤やオレンジ、黄色のパプリカ。今や料理の彩りに欠かせない存在です。甘みがあり、肉厚でジューシーなパプリカは、サラダはもちろん、炒め物やピクルスでももはやおなじみの食材。今回はそんなパプリカと鶏肉を使った、フライパン一つですぐに作れる炒め物レシピをご紹介します。

パプリカで鶏肉をおしゃれに「中華風パプリカと鶏肉のピリ辛炒め」

鶏もも肉に砂糖をもみ込んでから一口大に切り、玉ねぎやまいたけも食べやすい大きさに切ります。
赤黄パプリカの大きさも合わせてカット。ボウルに豆板醤、コチュジャン、酒、砂糖、醤油、白ごま、ごま油を合わせ、もも肉、玉ねぎ、まいたけを浸しておきます。
フライパンを熱して下味をつけた肉類と野菜を炒め、8割火が通ったらパプリカを加えてサッと炒めます。
器に盛ったら長ねぎをまんべんなく散らしてできあがり。ピり辛のやみつきレシピ、ご飯ががっつり食べられますよ。

にんにく×オイスターソースで箸が進む「パプリカと鶏肉のソテー」

鶏もも肉、赤黄パプリカ、エリンギ、アスパラガスを食べやすい大きさに切ります。
フライパンでごま油とにんにくを熱し、香りを出したら鶏もも肉、パプリカ、アスパラガス、エリンギの順にイン!味付けはオイスターソースと酒、鶏がらスープの素、砂糖、塩胡椒であっさりと。
にんにくとオイスターソースがいい味を出しています。具材を炒めるのも味付けも、どんどんフライパンに入れていくだけなので、準備さえしておけば、難しい手間は一切なし。
簡単におしゃれなメインディッシュができます。これならパンでもご飯でも、どちらでも合わせやすいですね。

甘酸っぱいあんでコーティング「鶏肉とパプリカの甘酢あん」

鶏もも肉と赤黄パプリカは、食べやすい大きさに切ります。
ここでひと手間、鶏もも肉は片栗粉をまぶしておき、プリプリ感をアップ。
黒酢、はちみつ、醤油、みりんなどの調味料は、あらかじめ合わせておきましょう。フライパンを熱して、ごま油、鶏もも肉を炒め、両面にこんがり焼き色が付くまで中火で。
そこに合わせ調味料を投入。
パプリカも加え、全体に味を絡めるように炒めます。
仕上げにカシューナッツをパラリ。一気に家庭料理から本格中華のクオリティに。ナッツの食感と香ばしさが楽しい一皿ですね。

パプリカと鶏肉でやみつき照り焼き「鶏手羽元とパプリカのガーリック照り焼き」

鶏手羽元は塩胡椒し、赤黄パプリカは縦4等分にカット。
調味料の醤油、酢、みりん、にんにくのすりおろしは合わせておきます。フライパンに手羽元を並べ、蓋をしてときどき両面を返しながら、焼き色がつくまで中火でじっくりと。
さらにパプリカを加え、お酒を入れて蒸し焼きに。合わせ調味料を入れ、具材に絡めるように炒め、照りが出てきたら完成。
器に盛りつけ、ベビーリーフを添えると赤黄のパプリカとの色のバランスが映えて、オシャレな一皿になりますね。
手羽元は火が通りにくいので、蓋を活用して蒸し焼きにしましょう。調味料を加えたら焦げないように気を付けて。時間が経つと照りはなくなってきますが、味が染みて美味いですよ。
お弁当や作り置きにもおすすめです。

パプリカと鶏肉をアジアンテイストで「ガパオライス」

ちょっと難しそうなタイ料理の定番ですが、意外と簡単に作れます。本格的な出来上がりにみんなが驚くかもしれませんね。
玉ねぎは薄切り、ピーマンと赤パプリカは縦に細切り。フライパンにサラダ油とにんにく唐辛子を入れて香りを出し、鶏のひき肉を加えてほぐしながら炒めます。鶏肉の色が変わったらピーマン、パプリカ、玉ねぎを加え強火に。
しんなりしてきたところで砂糖、醤油、ナンプラーで調味。
汁気がなくなくなるまで炒め、バジルを散らして盛り付けます。バジルの風味が飛ばないよう、炒めすぎに気を付けてください。
ご飯の上に目玉焼きをのせて、香りも見た目も本格的なガパオライスの完成です。

パッと食卓が華やぐパプリカと鶏肉のメインディッシュをご紹介しましたが、いかがでしたか。しかもササっと炒めるだけで本格的な味に。使うのはフライパンだけなので、洗い物も少なくて助かります。ぜひマスターしてリピートしてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部