ボリューミーで嬉しい!じゃがいもの洋食メイン料理レシピ5選

ホクホクで美味しく、和食にも洋食にも相性の良い「じゃがいも」。身近な食材で使いやすく、料理のボリュームがアップする嬉しい野菜ですね。今回はそんな「じゃがいも」を使った、洋食のメイン料理レシピをご紹介します。子どもから大人までみんなで楽しめるレシピですよ。

ポークとお芋が相性抜群 ホクホク「ハーバルジャーマンポテト」

じゃがいも料理の代表的な料理の一つ「ジャーマンポテト」。じゃがいものホクホク食感が楽しめます。このレシピでは、ハーブを使って香り高く仕上げましょう。じゃがいもは皮付きのまま一口大に切り、電子レンジで加熱します。
にんにく、ベーコンを切ったら、オリーブオイルを熱したフライパンで加熱し、香りがたったらじゃがいもを加えて炒めます。じゃがいもの皮に焼き色がついたらソーセージを加え、粒マスタード、塩胡椒、乾燥ローズマリー、パセリを加えてさらに炒め、ソーセージに火が通ったら完成です。
ベーコンとソーセージの旨みがじゃがいもに染み込んでとても美味しそうです。

電子レンジで簡単レシピ!ラク!「レンジでケチャップポテト」

電子レンジでお手軽に作ることができる、じゃがいも料理のレシピをご紹介します。時間がないときでもサッと作ることができるボリューミーな一品ですよ。
豚バラ肉を使うことで立派なメイン料理になります。じゃがいもは5mm幅にスライスして耐熱容器に敷き詰めて塩胡椒し、その上に豚バラ肉を乗せ、ラップをして電子レンジで加熱します。レンジから取り出したら、ケチャップを塗り、粉チーズを塗して再度ラップをしてレンジにかけましょう。
最後にパセリを散らしたら出来上がりです。ケチャップとチーズの組み合わせは、じゃがいもにぴったりで食欲が増しますね。
ケチャップの代わりに、トマト缶を使用しても美味しく仕上がりますよ。

文句なし!メインでもサイドでもいい!とろり「ミートポテトの簡単グラタン」

メイン料理にうってつけの、じゃがいもの簡単グラタンレシピです。お手製のミートソースが、じゃがいもと絶妙にマッチします。
フライパンで、牛豚合挽肉、塩胡椒、ナツメグを入れて炒めて、トマト缶を加えて水分が半分くらいになるまで煮詰めたら、ミートソースは完成。
乱切りにしたじゃがいもを電子レンジで加熱して潰し、バターと牛乳を加えて混ぜ合わせましょう。
ミートソースの上に乗せてチーズをかけ、トースターで焦げ目がつくまで焼いたら完成です。クリーミーな味わいと、ミートソースの旨みがたまりません。

とろっとミルキー、万人ウケの味「ポテトのクリーム炒め」

ごろごろ野菜が食べ応え十分の、まろやかで美味しいクリーム炒めはいかがですか。
カレー風味で、子どもから大人まで大好きな味付けですよ。このレシピでは、じゃがいもを揚げ焼きにすることで、外はカリッと、中はホクホクの食感が楽しめます。
ブロッコリーや玉ねぎも使用してボリュームも満点ですね。黒胡椒やニンニク、カレー粉、レモン汁の風味がアクセントになりつつ、野菜の旨みを引き立てます。
パンに合わせてもモリモリ食べることができますね。

ナイフを入れるとサプライズ!「デミグラスハンバーグのポテト包み」

デミグラスハンバーグの中にポテトを包んだ、とっておきのボリューム満点メニューです。
お子さまにも喜ばれそうなレシピですね。じゃがいもは柔らかく茹でて潰し、牛乳と生クリーム、塩胡椒を加えて混ぜ合わせて成形します。
みじん切りにした玉ねぎをバターで炒めたら、ハンバーグの材料と混ぜ合わせて、じゃがいもをチーズと一緒に包み、焼いていきましょう。
赤ワイン、ケチャップ、中濃ソースを熱して作ったデミグラスソースをかけて召し上がれ!じゃがいも、チーズ、ひき肉の絶妙なハーモニーを楽しめる、本格的な絶品ハンバーグです。

じゃがいもを使った洋食のメイン料理を5つご紹介しました。どれも食べ応えバッチリで、食欲の増すレシピですね。
このメイン料理だけでも、大満足できるレシピです。子どもから大人までみんなで楽しめるおすすめメニュー、是非お試しください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部