水菜と豚肉で今すぐ作れる簡単レシピ5選

暑い時期もお鍋の季節にも頼りになる水菜。一年中を通して手に入りやすい野菜だからこそ、豚肉や定番調味料と合わせる簡単レシピが豊富です。主食のお供や副菜に、色々なバリエーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。冷蔵庫に水菜や豚肉が余っている時にもぜひ参考にしてみてください。

合わせ調味料をからめてほかほかご飯に乗せるだけ!「豚と水菜の味噌焼き丼」

まだ食べられる水菜が少しだけ余ってしまった…こんな経験はありませんか。そんな時に役立つのがこちらのレシピ!
味噌、味醂、にんにく等のご家庭によくある調味料を合わせて、炒めた薄切り豚バラ肉とからめたら、水菜を和えるだけで完成する簡単丼レシピです。
豚肉の柔らかさと水菜のシャキシャキ感が絶妙なバランスの一杯。この食感を味わえるポイントは、豚肉の柔らかさを生かすために火を通すのは4分程度にすることと、水菜は火を消したあと最後に加えること。少ない具材で美味しく仕上がります。

夕飯のおかずにもう一品。レンジでできる「豚肉と水菜のごまロール」

夕飯のテーブルには品目の種類を増やしたいけど、いざ作るとなるとそのもう一品に手が止まりがち。そんなときは巻いてチンするだけのお手軽おかずはいかがですか。
豚ロースで水菜とえのきを巻いたらあとは電子レンジにおまかせ。加熱したあとは普段お使いのごまだれをかけるだけです。お好みで白ごまと刻みねぎも上からパラパラとそえれば、彩りも鮮やかなおかずの出来上がり。
水菜とえのきのさっぱりしたコンビネーションに箸もすすみそう。旦那さまの晩酌にも、野菜が苦手なお子さまにもおすすめです。

水菜とポン酢を絡めて香り広がる「さっぱり豚肉サラダ」

今日はなんだかサッパリしたものを口にしたい!なんて突然のリクエストにも応えられる、さっぱりサラダレシピのご紹介です。細切りした豚ロースをごま油で炒めて、ポン酢、砂糖、にんにくで味付けしたら水菜、長ねぎ、白ごまを混ぜ合わせるだけで完成です。
それぞれの素材の風味がマッチしたさっぱりサラダ。
ポン酢やごま油の香りが食欲をそそり、豚肉でパワーがつきそうですね。

マヨネーズでコクアップ!「水菜と豚しゃぶのポン酢サラダ」

水菜と豚肉の組み合わせの定番、豚しゃぶサラダ。大人からお子さままでどなたにでも食べやすいことで人気ですが、働き盛り、食べ盛りの家族向けに、マヨネーズをプラスしたポンマヨだれはいかがですか。
ポンマヨだれは、いつものポン酢にマヨネーズを混ぜ合わせるだけのお手軽ドレッシング。
ゆでた薄切り豚肉を冷ましたら、一口大の水菜と、薄く小口切りしたみょうがを混ぜてポンマヨだれをかけるだけ!コクがグッと増して、ごはんにも合う爽やかサラダに変身します。

水菜と豚肉のうまみがつまった「昆布が香る蒸し豚」

焼く、茹でる、煮込む、とお肉の調理方法はさまざまですが、豚肉ならではの調理法の一つが蒸すこと。耐熱容器に水菜をはじめとして順に野菜を重ね、隠し味の昆布、豚肉、きのこ類をのせて調味料をかけたら蒸し器へいれます。蒸している間によく混ぜた練りごまと砂糖に少しずつ酢を加え、かけだれを作ります。蒸しあがったらかけだれと小口ネギをかけて、パクリ!野菜と豚肉のうまみがつまった一皿に舌鼓を打って味わいましょう。一度の食事でたくさんの種類の野菜を摂れる魅力のひと品です。

いかがでしたでしょうか。
今回は、水菜と豚肉を使った簡単レシピをご紹介しました。水菜と豚肉はクセが少ない食材同士だからこそ、少しアレンジするだけでひと味違った一品になったり、いつものメニューにバリエーションが広がります。
水菜はかさまし食材にもなりますし、値段も安価で主婦の強い味方ですね。水菜と豚肉を合わせた色々な調理法のレシピがあるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部