お手軽素材をごちそうに!水菜と豚肉のおもてなしメニュー5選

いつも冷蔵庫にあるおなじみの食材、水菜と豚肉。庶民の味方ともいえるお手軽食材で、おもてなしメニューを作ってみませんか。この記事では、シャキッとした食感の水菜と相性バッチリの豚肉が、味付けや形を変えて登場します。 見慣れた料理も見た目や味が変わると、食べる時の印象が変わって新鮮な気分で楽しめますよ!レッツトライ!

水菜と豚肉で本格的なおもてなしフレンチ「豚のハーブ焼き」

ハーブソルトと焼肉のたれを使ったパワーフレンチ。
しっかりと味が付いた肉の存在感で、立派にテーブルの主役を張れます。豚バラブロック肉は白ワインとハーブソルトをすり込んでカット。
オーブンの網に並べて焼き、途中で長ねぎをのせます。器に水菜とかいわれを敷き、焼肉のたれをかけておいたらスタンバイOK。ジュージューと焼けた豚バラ肉のせ、レモンと練りからしを添えてテーブルへどうぞ。

水菜と豚肉でワンランクアップ!「カリカリ豚のしょうが焼きサラダ」

しょうがの香りが食欲をそそり、お箸が進む一品のご紹介です。
作り方は簡単です。
醤油、みりん、酒、しょうがで合わせ調味液を作り、薄切りの豚バラ肉にもみ込んでおきます。にんじんは千切り、水菜とかいわれと合わせて冷水に軽く付け、パリっとさせて水をきりましょう。フライパンに豚バラ肉を並べて火を通し、つけ汁も加えてカリっとなるまで両面を焼きます。野菜をさらに敷き、その上に焼いた豚バラ肉をのせ、水でゆるめたマヨネーズをきれいにかければ完成。
野菜と肉を一緒に口の中へ入れれば、お客様も自然と笑顔になってくれるはずです。

水菜と豚肉に昆布を忍ばせて蒸す「野菜と豚肉のスチーム」

耐熱ボウルに水菜などの野菜や豚肉、きのこ類を重ねて間に昆布を入れるだけ。昆布の香りと旨味が加わった、ワンランクアップのスチーム料理です。
肉が柔らかく、野菜もたっぷり食べやすく、ヘルシーでおいしい一皿。練りごまが入った濃厚なごまだれも、食欲をそそりますね。
ちょっといい豚肉を奮発して買ったら、おもてなし料理に使ってみましょう。蒸し上がった野菜と豚肉に、万能ねぎとごまだれをかけて召し上がれ。

水菜を豚肉で巻いたパーティメニュー「シャキシャキ水菜の豚バラ巻き」

水菜のシャキシャキした食感が、そのまま楽しめる豚バラ巻き。手に取りやすいサイズ感なので、ホームパーティや持ち寄り会、あるいはお弁当にも大活躍しそう。豚バラ肉を広げて塩胡椒で下味を付け、そこに水菜の束をのせ、はみ出た部分をカット。豚バラ肉を巻いてから茶こしで片栗粉を振りかけ、食べやすい大きさに切ります。フライパンにバターを溶かし、豚肉巻きを焼き、焦げ目が付いたら酒とポン酢を入れて蓋を。肉の色が変わって全体に火が通ったら、お皿に盛り付けて白ごまと刻んだ青ネギをかけて完成です。調理の手順はこれだけ。見た目のインパクトに比べて、驚くほど簡単です。おもてなし料理にするときは、ほかの野菜などを添えて、お皿の盛り付け方に一工夫してみてくださいね。

お鍋一つでできる、水菜と豚肉のしゃぶしゃぶ「菜々豚しゃぶのコクみそあえ」

温かくしても冷たくしても美味しい一品。
お客さまがみえたときに、とりあえずお出しできる一皿があると便利ですよね。
これならあらかじめ冷蔵庫に作り置きしておける、便利なおもてなし料理です。白菜と水菜を熱湯で茹でて水気を切るとき、おたまの背で押し付けて、しっかりと野菜の水気を絞ることが肝心。
器に盛ったら、仕上げは万能ねぎ、白ごまで。食べ始めたら、箸が止まらなくなるおいしさですよ。

いかがでしたか。水菜と豚肉を使ったおもてなし料理をご紹介しました。
作り方が簡単なのに、ごちそう感のあるお得なメニューばかり。水菜は加熱しても生でもおいしい野菜で、豚肉とのコラボは絶品。
これなら一束がペロリと食べられそう。
体にもお財布にも優しい水菜&豚肉料理、ぜひ、レパートリーを広げてみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  2. 2がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部