便利食材の白菜で!オススメ簡単副菜レシピ5選

漬物や鍋の食材として定番の「白菜」。水分たっぷりで、甘みのあるはくさいは、どんな食材とも合う便利な食材。今回は、白菜を使った料理の中から、オススメの副菜レシピをご紹介します。

箸が止まらなくなる!あと引く美味しさ「ピリ辛!白菜と塩昆布の即席漬け」

七味唐辛子がアクセントになり、ついつい箸が止まらなくなる一品。
材料は、白菜・ごま油・塩昆布・七味唐辛子だけと、とてもシンプル。まずは、白菜を5ミリ幅に切ります。ボウルに切った白菜・塩昆布を入れ、和えます。そのまま40分程度おいておきます。
白菜が塩気でしんなりとしたら、ごま油・七味唐辛子を加えて混ぜるだけと、とても簡単に作れます。作り置きもできるので、前日から作って冷蔵庫に冷やしておいてもOK。
その場合は、水分を一度切り、塩昆布の量を調整してみてくださいね。少し白菜が余ってしまった時にも使えるレシピなので、ぜひ覚えてみてください。

やさしい甘みのチーズ蒸し「鶏肉と白菜のみそチーズ蒸し」

白菜と鶏むね肉で作る、やさしい甘さのヘルシーな一品。
みそのコクと、チーズの相性がたまりません。白菜をざく切りにし、鶏肉は一口大の大きさにそぎ切りにし、片栗粉をまぶします。砂糖・味噌・みりんを混ぜ合わせ、タレを作っておきましょう。
フライパンにはくさいを並べ入れ、水と酒を回しかけ、蓋をし、弱めの中火で蒸し煮します。鶏肉を加えて、作ったタレを回しかけ、蓋をしてさらに弱めの中火で蒸し煮しましょう。チーズを散らして再度蓋をし、チーズが溶けるまで蒸し煮すれば完成です。
材料を切ってあとはフライパンで調理するだけと、とても簡単に作れるので、忙しい時にも役立つはずですよ。

はくさいがたっぷり入ったさっぱりメンチカツ「たっぷり白菜入りメンチカツ」

子供から大人まで人気のメンチカツ。今回は、白菜がたっぷり入った、あっさりと食べられるレシピをご紹介。
まずは白菜を粗みじん切りにしてボウルに入れ、塩を加えて塩もみし、水気をしぼります。合挽き肉・みじん切りにした玉ねぎ・卵・塩胡椒・パン粉を加え、よく練り混ぜます。タネに粘り気が出るまでしっかり練り混ぜてくださいね。
タネができたら、4等分にして、厚さ2.5センチほどの円形にまとめ、薄力粉・溶き卵・パン粉の順に衣をつけます。中温に熱した揚げ油できつね色になるまで中火で揚げれば完成です。
そのまま食べても美味しいですが、好みでソースなどかけて召し上がれ。お弁当のおかずにもぴったりですよ。

食卓にもう一品!「納豆と白菜の和え物」

白菜使った、シャキシャキ感とネバネバ感が楽しめる和え物のご紹介。
納豆・白菜があればすぐに作れます。電子レンジを使って、時間短縮できるのも嬉しいですよね。まずは、白菜の根元を切り落とし、3センチ幅のざく切りにします。切った白菜を耐熱ボウルに入れ、電子レンジで芯の部分が柔らかくなるまで加熱します。粗熱が取れたら、軽く水気を絞りましょう。白菜に納豆・醤油を加えて和えればできあがり。
冷やしても美味しく食べられます。白菜を他の野菜に変えてアレンジも可能ですよ。好みの野菜でぜひアレンジして見てくださいね。

はくさいの甘さを堪能して「白菜と豚肉のジューシーレンジ蒸し」

こちらも電子レンジを使った簡単調理ができる一品。
作ったタネの3分の1の量を白菜にのせ、上に白菜を重ねます。同様の作業を2回繰り返し、最後は白菜をかぶせた状態にしましょう。この時、タネを白菜に塗り込むように乗せることがポイントです。そうすることで、ばらけにくくなりますよ。
豚挽き肉に味がついているので、そのままでも美味しく食べられますが、好みでポン酢やからしをつけてくださいね。

フライパン調理から、電子レンジ調理まで、簡単に作れる白菜を使った副菜にぴったりのレシピをご紹介しました。白菜が少し余ってしまった時にも、活用できるレシピばかりなので、量を調整して活用してくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部