パプリカと鶏肉がたっぷり!お腹満足のご飯ものレシピ5選

赤や黄色、オレンジ色が鮮やかで、見ているだけでも楽しくなる、パプリカ。最近では紫色や茶色の種類を見かけることもあります。 同じ仲間のピーマンやししとうと違って苦味や辛味がないので、お子さまでも比較的喜んで食べてくれる食材ですよね。 パプリカの独特の甘味と酸味は、肉と合わせて調理するとよく引き立ち、エスニック料理などではご飯と合わせることも多いです。 今回は、パプリカと鶏肉を使って作る、ご飯ものレシピをご紹介します。

鶏肉とパプリカたっぷりタイ風バジルご飯「ガパオライス」

熱を通しても色がくすまず、鮮やかな赤色を楽しめるパプリカ。その彩りをバジルの緑色と合わせて、ガパオライスを作ってみましょう。
玉ねぎと鶏ひき肉、パプリカとピーマンの細切りを炒め、醤油とナンプラーで味付けして、お皿によそったご飯の横に盛り付けます。
仕上げに目玉焼きをのせたらできあがり。バジルは風味と色が落ちないよう、仕上げる直前に加えるのがポイントです。ナンプラーとバジルのきいたタイ風丼ぶり。
鶏ひき肉と玉ねぎに、甘酸っぱいパプリカが絶妙な組み合わせですよ。

パプリカと鶏肉があればすぐに作れる「バターチキンカレー」

具材は、鶏もも肉とパプリカだけ。
簡単に濃厚なバターチキンカレーができあがる、こんなレシピはいかがでしょうか。カレー粉と塩で下味をつけた鶏肉を、バターでこんがり焼き付けて、みじん切りにした、しょうが、にんにく、ガラムマサラ、カレー粉を加えて炒めます。ここにトマトの缶詰を加えて煮込み、最後にパプリカ、生クリームとバターを加えて、できあがりです。
バターでしっかり焼くことで、鶏肉の旨味をギュッと閉じ込めたバターチキンカレーは、シンプルながらコクの深い美味しさ。お子さまにも人気がありますよね。

パプリカとチキンソテーの旨味たっぷり「カラフルライス with チキンソテー」

食べ盛りのお子さまや、働き盛りの旦那さまに、ガツンとボリュームたっぷりのご飯ものを作ってあげたい。
でも、野菜も肉もバランスよく入れたい…。そんな時は、たっぷり緑黄色野菜の入ったご飯にチキンソテーをのせた、こんな一皿が喜ばれるかもしれません。
ご飯にたっぷり混ざった、にんじん、パプリカの赤や黄色は見るだけでも明るい気持ちになり、ふっくらジューシーなチキンソテーと、その上にかかったクリーミーなソースでどんどん箸が進みますよ。このレシピのポイントは、サッと素揚げにした玉ねぎの甘味を合わせるところです。
絶妙なおいしさで、何度もリクエストされそうですね。

ライムとナンプラーが異国感を醸す「鶏もも肉とパプリカのタイ風丼ぶり」

甘辛く炒めた鶏もも肉は、それだけでも白いご飯が進む、最高の人気のおかずですよね。
今回は、この人気のおかずをアレンジしたご飯物のご紹介です。鶏肉と玉ねぎにパプリカとライムをプラスして、アジアンテイストに仕上げたレシピです。
「あれっ、今日は珍しいね!」と喜んでもらえそうな一品ですね。
作り方は簡単。鶏肉と野菜を全て炒め、ナンプラーベースの甘辛いタレで味付けし、最後にライム果汁と刻んだパクチーを混ぜるだけ。白いご飯の横によそって、タイ風丼ぶりのできあがりです。軽めのおもてなしメニューとしても、活躍してくれそうですね。

パプリカと鶏ひき肉でみんなを笑顔に!「軍艦ガパオライス寿司」

おもてなしの定番料理の一つのお寿司。
生の握り寿司や巻き寿司は気が張りますが、もう少しくだけた場面では、ガパオライスをミニチュアにしたような、こんな遊び心たっぷりの軍艦巻きはいかがでしょうか。
軍艦の上に、鶏ひき肉とパプリカを炒めてのせます。その上にガパオライスに欠かせない目玉焼きをのせれば出来上がり。
この目玉焼きをうずらの卵で作るのが、このレシピのミソですよ。
見た目は小さくても食べるとガパオライス。
手で持ってひと口で食べられるこの軍艦巻は、持ち寄りパーティーや気軽なおもてなしにオススメです。
時にはお子さまのおやつや旦那さまの夜食にも、ほっと笑顔を誘ってくれますよ。

鶏肉とパプリカを使った、ご飯もののレシピをご紹介しました。スパイスやナンプラーが合うこの組み合わせ、普段の味付けは和風が多い、という方でも簡単に試せるので、ぜひ気軽に挑戦してみてくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部