ヘルシーな生春巻きを家で楽しむ!人気レシピ5選

エスニック料理で定番の「生春巻き」。野菜もたっぷり摂れて、とてもヘルシーな料理です。具材を変えるだけでアレンジの幅も広がりますよ。今回は、そんな生春巻きを家で手軽に楽しめる、人気のレシピをご紹介します。

クリーミーな味わいと舌触りが絶妙「アボカドとサーモンの生春巻き」

クリーミーなアボカドと、サーモンの相性抜群の一品。
シソの香りがアクセントになり、ついつい手が伸びてしまいますよ。まずは、スモークサーモン・にんじん・アボカドの下処理をし、レモン汁・砂糖・塩・胡椒をつぶしたアボカドと混ぜ合わせ、味をつけておきます。大きめのボウルに水を入れ、生春巻きの皮を1枚くぐらせ、濡らしたペーパータオルの上に広げ、具材を乗せていきます。きつめにひと巻きし、皮の左右を折り込み、最後まで巻きましょう。
具材に味付けしてあるので、そのまま食べられますよ。具材を分けて巻くことで、上手に巻けるので、試してみてくださいね。

ナンプラーの風味が魚介と肉のうま味にマッチ「えびと豚肉の生春巻き」

ナンプラーの香りが、えびと豚肉のうま味を引き出してくれる、ボリューム感も満足の生春巻きのご紹介。
えび・豚肉・キュウリがあればすぐに作れます。えび・きゅうりをそれぞれの大きさに切り、豚肉は熱湯で茹で、ざるに上げて水気を切ります。ボウルに水気を切った豚肉・えびを入れ、レモン汁・砂糖・ナンプラーを混ぜ合わせて加え、少し漬けて汁気を切ります。生春巻きの皮を水にくぐらせ、手前側にきゅうり・豚肉を挟んで重ね、反対側にえびを断面が上になるようにして巻きましょう。あとは好みで切って、器に盛り付けるだけです。
レモン汁が入っているので、さっぱりと食べられます。豚肉に味がしみて、えびとの相性も抜群です。食欲がない時にもおすすめの一品。

漬けて巻くだけ「マグロの生春巻き」

色鮮やかな見た目が食欲をそそる、簡単調理生春巻きのご紹介。
材料を切って、漬けて巻くだけで作れます。電子レンジを使っての加熱調理で時間短縮も可能に。まずは、漬けダレを作り、粗熱が取れたらワサビを加えて混ぜ、そぎ切りにしたマグロを入れ、少し漬けましょう。その間に、パプリカ・きゅうり・サラダ菜を準備して、生春巻きの皮はぬるま湯で柔らかくします。生春巻きの皮の上に、漬けておいたマグロ・パプリカ・きゅうりを置いたら、その上にサラダ菜を乗せて巻けばできあがり。
漬けダレにごま油やごま、コチュジャンを足すと味のバリエーションが広がるので、ぜひ試してみてくださいね。

大葉と蕎麦を使った「和風生春巻き」

エスニック料理のイメージがある生春巻きを、和風にアレンジ。クリームチーズと蕎麦の相性が絶妙にマッチして、クセになる味に。
まずは、クリームチーズを常温に戻し、食べやすいサイズに切り、きゅうり・大根・セロリは千切りにし、切った野菜と白ごまをボウルで混ぜ合わせます。蕎麦は茹でておきましょう。生春巻きの皮を水にくぐらせ広げたら、蕎麦・サンチュ・大葉・混ぜた野菜を乗せ、さらにクリームチーズ・スモークサーモンを乗せます。手前からギュッと巻き込み、形を整えて食べやすい大きさにカットすれば完成です。
醤油・マヨネーズを混ぜ合わせたソースでぜひ食べてみてくださいね。具材たっぷりでとてもヘルシーなのに、豪華な見た目がおもてなしにもぴったりですよ。

柿の新しい食べ方「生ハムと柿の生春巻き」

果物の柿を使った、一風変わった生春巻きレシピ。柿を生春巻きになんて意外ですよね。その意外な組み合わせが、とても美味しいオードブルに。
まずは具材の準備をして、生春巻きの皮をお湯に浸し、破かないように注意して塗れ布の上に広げ、巻くだけ。イタリアンパセリ・生ハム・セロリ・柿・もやしを順にのせて包み、器に盛り付けます。コチュジャン・ごまダレを混ぜ合わせて、ソースと一緒にどうぞ。
ピリ辛ソースが柿の生春巻きによく合い、シャキシャキとした食感も楽しめますよ。柿は少し固めの方が歯ごたえがあり、他の食材との食感が楽しめますが、固さは好みで選んで作ってみてくださいね。

野菜たっぷりで、ヘルシーな生春巻きの人気レシピをご紹介しました。中の具材を変えるだけで、手軽にアレンジできるので、好みの具材とソースで、好きな組み合わせを探してみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部