主食の一品で大満足!人気の豚バラ肉レシピ5選

噛むと、豚肉の甘い脂がじゅわ〜っと染み出る豚バラ肉。そのまま焼いて、塩胡椒でパクり。茹でて、さっぱりとポン酢でいただいたりと、アレンジ方法も多彩。どんな味付けや調理法にも合うところがいいですよね。お箸が止まらない、豚バラ肉のレシピ5選をご紹介します。

温泉卵がとろり『甘辛豚バラどんぶり』

時間がない日でも10分でラクラク出来る豚バラ肉のどんぶりをご紹介。長ねぎと豚バラだけで良いというのもうれしいポイントです。
ねぎを刻んだら水にさらし、その間に食べやすい大きさに切った豚バラをさっと両面焼きます。そこに砂糖と醤油を加え、強火で全体に煮からめたら完成で。
♪簡単すぎるので、目を離した隙にたれが焦げてしまった!というようなことがないように注意してくださいね。
どんぶりご飯にタレごと豚バラをのせ、ねぎと温泉卵もトッピング。甘辛に卵がとろりと絡む幸せを口いっぱい堪能しましょう。

ちょっと贅沢!『牡蠣と豚バラのあんかけ焼きそば』

今回の豚バラ肉メニューは、食卓に出したら大人も子供も大喜びしそうな贅沢焼きそばです。
野菜もたっぷりなのが嬉しいですよね。
片栗粉をつけてあげた牡蠣に、30分茹でて冷やした豚バラ肉、大きさを揃えてカットしたたくさんの野菜を用意します。麺はほぐさずに両面に焼き目をつけることでカリカリ部分も楽んで。麺をはじめ、野菜や豚肉を炒めるときにもごま油を使うことで香ばしさがアップ!
片栗粉の量を調整して、あんからとろ〜りあんまで、お好みでどうぞ。

ボリューム満点!とろけるチーズの『肉巻きおにぎり』

みんな大好きなおにぎりに、豚バラ肉をくるりと巻きつけるだけでボリューミーな一品になります。
ご飯にお肉を巻くのは難しそうと思うかもしれませんが、簡単にできるポイントはたった2つ。
1つはもち米をつかって、しっかり目に握ること。そして2つめは十字に置いた豚バラ肉の中心に握ったもち米を置いて、ご飯が見えないようにくるりと包むことです。麺つゆの甘じょっぱい味にチーズのコクがマッチ。
熱々はもちろん、冷めても美味しいので、お弁当やお出かけにもぴったりです。

麺にもお肉と野菜の旨みがじゅわ〜『肉野菜焼きビーフン』

ちょっと食欲がないときでもつるりと食べることができるビーフンを和風テイストにアレンジしてみました。
しっかりと味がしみたビーフンは実はおつまみにもオススメなんですよ♪
それぞれ食べやすい大きさに切った野菜やきのこ、お肉を炒めて15分程度で完成というお手軽さも良いですよね。
豚バラ肉の甘みと、きのこと野菜の旨みがたっぷりビーフンに染みるので、これをおかずにお米が食べられるのでは!と思ってしまうほど濃厚な味わいです。
注意点は1つだけ、ビーフンはお湯で戻すと溶けてしまうので必ず水で戻しましょう!

スタミナ飯の定番メニュー『豚キムチうどん』

甘辛酸っぱい、豚キムチといえば元気になりたいときのスタミナメニューの代表格!玉ねぎに、豚バラ肉をごま油で炒めたらキムチとニラをどさっと加え、ゆでたうどんを入れて炒め混ぜます。ここで完成…ではなく、ほんの少しの砂糖と醤油、コチュジャンを加えることがこのレシピのポイント。
隠し味のようにこの3つが効いて、クセになる味わいの豚キムチうどんが完成します。
辛いのがお好きなら糸唐辛子を散らしたり、まろやかな味にしたいなら温泉卵をのせてみるなどアレンジも楽しんでくださいね。

豚の脂の甘みとサクサクの食感、そして何と言ってもお手頃価格なのもうれしい豚バラ肉。
ご飯やさまざまな種類の麺とも相性抜群なので、満腹&満足なレシピがたくさんあります!
どれも手軽なレシピなので、いろいろな組み合わせと味付け、そして好みのアレンジも楽しんでくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部