簡単なのに豪華!ちょっと特別な日の中華5選

ササっと炒めて手早く作れる中華料理は、時間がないときの強い味方。 今回は簡単に作れる豪華な中華料理のレシピを集めてみました。いつもとは少し違う食材を使ったり、盛り付けを工夫することで特別感を演出できます。 お祝いの席などにもふさわしい、ちょっと豪華な料理を作って、テーブルに華を添えましょう。

お刺身が豪華な前菜に変身!「中華風鯛のカルパッチョ」

まず最初にご紹介するのは、豪華な鯛のカルパッチョです。
刺身を買ってきてお皿に盛り付けるよりも、カルパッチョ仕立てにしたほうがいつもとちょっと違う特別感が出て、豪華な雰囲気になります。
合わせ調味料に加えた花椒の辛みがピリッと効いて、ごま油の香りもよく、インパクトのある中華風カルパッチョに仕上がります。刺身はほかの白身魚に代えてもOK。
前菜にはもちろんのこと、ご飯にのせて食べても美味しい一品です。

ササっと簡単調理でも豪華な雰囲気「絶品中華牛肉とエリンギのうま煮」

次に紹介するのは、オイスターソース香る牛肉とエリンギのうま煮です。
あらかじめ牛肉にしょうゆ、砂糖、片栗粉をもみこんでおくことで、牛肉がパサつかず、しっとりと柔らかくなります。ごま油で味つけ牛肉を炒めたら、エリンギを加え、鶏ガラスープで煮込んでとろみをつけたら完成です。
美味しいスープを吸ったエリンギがあわびのような歯ざわりになって美味。唐辛子の辛みがアクセントになり、ご飯が進む美味しさです。ゆでたチンゲン菜をお皿に盛りつけることで、本格中華料理店で出てくる一品のような、豪華な雰囲気が出ます。

海鮮を贅沢に使った本格中華「牡蠣と帆立のオイスターソースソテー」

ちょっと豪華な食材をふんだんに使った料理は、やはり豪華な雰囲気が出るものです。次に紹介するのは、帆立と牡蠣の中華炒めです。帆立も牡蠣もお刺身用でも食べられる新鮮なものを贅沢にいただきます。
お刺身用の帆立は厚みを半分にし、牡蠣と一緒ににんにくが香るごま油でサッと炒めます。
にらを加えて、オイスターソース、紹興酒、酢を入れて炒め合わせたら完成です。紹興酒とオイスターソースが香り、にんにくとにらが帆立と牡蠣の美味しさを引き立ててくれます。いずれも火の通りが早い食材なので、加熱しすぎに注意して、短時間加熱で仕上げてください。
辛いのがお好みの方は、にんにくと炒めるタイミングで唐辛子の輪切りを加えてもピリ辛仕立てにしても美味しいでしょう。

炊飯器で簡単に本格中華「炊飯器deトンポーロー」

次に紹介するのは、炊飯器で仕上げる絶品トンポーローです。コトコト何時間も鍋で煮込む必要なく、炊飯器を使ってほっとくだけで調理ができる画期的なレシピです。
豚バラ肉の表面に焼き色をつけて炊飯器に入れ、八角やにんにく、ねぎなどと一緒に調味液で1時間煮込みます。豚肉の上下を返してゆで卵を加え、さらに1時間。
完成までには時間がかかりますが、炊飯器で加熱している間はほっとくだけでOKなので、手間をかけずに、箸でとろっとほぐれるやわらかいトンポーローに仕上がります。本格中華な味わいはおもてなし料理にもふさわしい、豪華な雰囲気が出ます。

中華の人気料理をコラボ「えびチリ焼きそば」

「焼きそば」と一口にいっても、具材と盛り付けで雰囲気はガラッと大きく変わります。
最後に紹介するのは、人気の中華料理「エビチリ」をのせた豪華な焼きそばです。
中華麺をごま油で両面をカリッと焼き付けたら、放射線に切って皿に盛り付けます。同じフライパンにねぎやにんにく、しょうがのみじん切りを加えて、海老を炒め、パプリカを入れて、調味液で煮込んで、水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。
香味野菜と豆板醤、チリソースの調味液など、同じタイミングで投入する調味料をあらかじめ合わせておくことで、フライパンに火をかけ始めた後に、ばたつかずササっと仕上げることができます。最後に回し入れたごま油の香りがよく、中華麺にエビチリがからんで最高に美味しい一品です。

簡単なのに豪華な中華料理のレシピをご紹介してきましたがいかがでしたか。
おなじみの食材でも調理法や盛り付け、食材の組み合わせを変えることで、特別感が出て、豪華な雰囲気になります。
大人も子供も喜ぶ本格的な味わいで、お祝いの日の定番になる予感満載のレシピの数々です。ぜひおためしください。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  3. 3ウキウキ♪運動会のお弁当レシピ特集深月あかり
  4. 4厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部