なすと豚肉を使った、喜ばれるおもてなし料理5選

甘味のある豚肉とうま味をたっぷり吸い込むなすの最強コンビを使った、喜ばれるおもてなし料理をご紹介します。 召し上がるゲストはもちろん、おもてなしをするホストにも優しい時短レシピを集めてみました!

さっぱりソース!レンジで作る冷やしなす胡麻ソースがけ

ひんやりさっぱり、なすがメインの主菜レシピです。
レンジで加熱したなすを長方形状に切り、冷蔵庫で冷やします。酒をふった豚ひき肉もレンジで加熱。これで下準備は完成です。あとは、みょうがと青じそを細かく切って、粗熱を取った豚肉に胡麻ソースを絡めたら、綺麗に盛り付けて出来上がり!胡麻ソースと青じその香りが、全体の味に深みを出します。
仲間と集まって行うビールパーティーのおともに、大活躍してくれますよ。

なすが豚の脂と旨みをまとう なすの豚肉巻きフライ

作業時間わずか10分でできる、肉巻きフライのレシピです。
縦に切ったなすにバラ薄切りの豚肉をくるくると巻き付けて、衣を付けたら揚げるだけ。衣に使う卵液にはあらかじめ味付けをしているので、外から中までしっかりと風味を楽しむことができます。このレシピのコツは、塩を振って寝かせたなすから出てきた水気を、ペーパータオルなどを使ってしっかりと拭いておくこと。こうすることで揚げるときの油はねを防げます。外はカリカリ、中はほっくりの簡単フライ料理が出来上がりますよ。
冷めても美味しいので、おもてなしだけでなくお弁当にも嬉しい一品です!

そのまま食卓に出せちゃう蒸し料理 なすと豚肉の味噌風味蒸し

簡単な下ごしらえだけで、あとは蒸し器におまかせの簡単レシピです。
まずは調味料を混ぜ合わせ、タレを作って薄切りのバラ豚肉に絡めておきます。輪切りにしたなすの上に、タレが染み込んだ豚肉を敷き、胡椒をひと振りしたら蒸し器で15分。こねぎと糸切り唐辛子を乗せたら、あっという間に出来上がりです!
食卓へ出す食器を使って調理できるので、洗い物が少なくて済むのも嬉しいですよね。
蒸し料理の良いところは、温かい一品をさっぱりといただけること。そして素材の旨味を逃さないから、薄味でも味わい深いこと。性別や年齢を問わずみんなに喜ばれるレシピです。

旨みを吸ったなすがジューシー贅沢!豚肉のナスサンド揚げ

衣がサクサク旨みぎっしりのナスサンド揚げは、大葉とかくし味に使った生姜の風味が口いっぱいに広がります。まずは和風だしと白すりごまを使って衣液を作ります。白ごまを入れることで、風味のある衣になります。豚ひき肉にはすりおろした生姜を入れて、なすで挟みます。中心に入った大葉が、爽やかに食べやすい味にしてくれます。あとはナスサンドを用意した衣液に絡め、180℃の油で3〜5分揚げるだけ。最後にきざみのりをかけて、塩を添えたら完成です。
肉の旨みを吸い込んだなすが美味しい贅沢な一品です。

甘めの醤油だれがご飯によく合う なすと豚肉のかば焼き風

最後に、少し変わり種のスタミナ系おもてなし料理はいかがでしょう。水菜と青じその風味が口の中に広がって、食欲をそそる一品です。
縦に細切りしたなすと豚肉ロースに片栗粉をまぶし、焼いてから特製のタレと絡めながら煮詰めます。下に敷いた水菜の上に盛り付けて、仕上げに白ごまと青じそをのせたら出来上がり!炊きたてのご飯にのせて、丼にするのもオススメです。
小さめのお椀に一人づつサーブすれば、お客さまもお腹を十分に満たして帰ってくれるでしょう。男性が多く集まる時のおもてなしには特に活躍してくれそうですね!

喜んで食べてくれる仲間がいると、作ることがより一層楽しくなりますよね。
どれも主菜でも副菜でも使えるレシピですから、いざという時のレパートリーとしてストックしておくのもいいかもしれません。ぜひお試しください!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部