中華料理の定番!ピーマンと豚肉を使った炒め物レシピ5選

ピーマンと豚肉といえば、中華料理でよく使われる組み合わせです。回鍋肉やチンジャオロース、酢豚などの定番料理に使われており、キャベツやにんじん、なすなど色々な野菜とも相性の良い食材です。一年中手に入る食材であるため、ほとんどの家庭の冷蔵庫でストックされている食材なのではないでしょうか。そこで今回はこのピーマンと豚肉という2つの食材を使って、中華風ではない和洋風にアレンジした炒め物のレシピをご紹介します。

ほんのり香る梅の味わいが美味しい「ピーマンと豚肉梅風味炒め」

まずは梅干しを使ったさっぱりレシピをご紹介します。醤油とみりんをベースに、梅干しを加えたタレで炒めたものです。ごま油でしょうがとねぎを炒め、醤油と片栗粉で下味をつけた豚肉を加えます。サッと炒めて醤油とみりん、梅干のたれをからめ、最後にピーマンを加えて炒め合わせれば完成です。ピーマンのシャキシャキ感を残すため、ピーマンは最後に加えてサッと炒めるだけにしてくださいね。ほんのり香る梅風味が口の中をさっぱりさせてくれるため、箸も進みます。白いご飯にもよく合うレシピですね!

カレー風味で食欲をそそります 「もやしと豚こま肉のカレー炒め

続いては、カレー風味に仕上げたレシピをご紹介します。カレー粉を使って炒めているため、スパイシーに仕上がっています。豚肉をカレー粉で炒め、もやしとピーマンを加えてサッと炒めれば完成です。もやしとピーマンの食感は残したいので、最後に加えてくださいね。カレー風味の味付けは、誰にでも好まれる安定の美味しさ。もやしたっぷりで、家計にも嬉しい一品ですね。もし冷蔵庫にもやしがストックされていたら、ぜひお試しください!

野菜たっぷりなのにボリューム満点 「豚肉と夏野菜のラタトゥイユ」

続いてはトマトソースで仕上げた、フランスの郷土料理のラタトゥイユをご紹介します。にんにくと豚肉を炒めたら、たっぷりの夏野菜を投入して最後にホールトマトを加えて味を調整したら完成です。夏野菜は大きめに切ると食感が残って美味しく頂けますよ。夏野菜に限らず、冷蔵庫に残ってしまった野菜を使えば、居残り野菜を一気に消費できますね!にんにくとトマトソースを使っているため、お酒のおつまみから、メインのおかずまで幅広く活躍することでしょう。

彩りきれいなガーリック炒め 「豚肉とミニトマトのガーリック炒め」

続いてもトマトとガーリックを使った炒め物をご紹介します。にんにくの香りがたったフライパンに豚肉、ピーマン、トマトを投入して、焼き色をつけ塩で味を調整したら完成です。ミニトマトは火が通ると崩れやすいため、あまり混ぜ合わせすぎずに焼き色をつけて火を通すところがポイントです。とても簡単なレシピですが、彩りも鮮やかでガーリックの香りが食欲をそそる一品となっています。もう一品欲しいという時にぜひ作ってみてください。

色鮮やかなスタミナおかず!絶品!「豚肉のパプリカキノコ炒め」

最後は色々な野菜をいためてコチュジャンで味付けした、韓国風の炒め物をご紹介します。豚肉、きのこ、ピーマン、パプリカをごま油で炒め、火が通ったらコチュジャンや醤油、みりん等をあわせた調味料を全体になじませて完成です。コチュジャンの甘辛い味が食欲をそそるレシピです。他にもピーマンと相性のよいなすや、甘辛いソースとマッチする厚揚げなどを追加しても美味しいですよ。甘辛いコチュジャンソースはお子さまから大人までやみつきになりそうですね。

いかがでしたでしょうか。どれもボリューム満点で食欲のそそるレシピばかりでしたね。ピーマンと豚肉はどんな食材や味付けにもマッチするため、色々なアレンジが楽しめる食材となっています。今回は和洋様々なアレンジをご紹介しました。今回ご紹介したレシピを活用して、自分好みの味付けや食材の組み合わせを見つけてみてくださいね。レパートリーのマンネリ化にお悩みの方は、解消されるかもしれませんよ!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部