これは作ってみたい!和風パスタ5選

ちょっと手軽な食事を、という時に活躍するのがパスタ類。手早く作りたい時や、さっぱりしたパスタを食べたいという時には和風味がおすすめです。こってりしたソースよりも食べやすいものが多いので、食欲があまりない時にもおすすめです。今回はそんな、作ってみたい和風パスタをご紹介します。

ぷりぷりいかの和風パスタ「いかといんげんの梅わさびパスタ」

ちょっと食欲がわかない時は、ピリッとした梅わさび味のパスタはいかがでしょうか。決め手は最後に和える梅わさびソース。梅の爽やかな酸味のなかにわさびがピリッときいて、食欲を誘う美味しさです。パプリカ、インゲン、イカを炒め、ペンネと梅わさびソースを和えれば出来上がり。コリコリしたイカとパプリカのシャキシャキした食感を味わえます。見た目も鮮やかでサラダ感覚で食べられる一品です。

コクと酸味のバランスが絶妙「水菜とさんま蒲焼き缶の和風パスタ」

様々な種類がでている缶詰。調理が必要な食材だけではなく、そのままおかずにできる缶詰も豊富になりました。そんな缶詰をパスタに活用したのがこの料理。なんと、こちらのレシピで火を使うのはパスタを茹でる時だけ。あとは缶詰のサンマの蒲焼きの旨みをオイルごと利用します。こちらのパスタソースのベースは、トマトケチャップ。甘辛い蒲焼きのタレにトマトケチャップの酸味が混ざり合って、濃厚なソースに早変わりします。パラリとふった山椒粉の香りが絶妙です。ポイントは、パスタを茹で時間より1分早めにあげること。表記通り茹でてしまうと、缶詰をオイルを吸って柔らかくなりすぎてしまうのでご注意ください。時短料理としても、覚えておきたい一品です。

秋の味わいがいっぱい「しめじと秋鮭の和風パスタ」

しめじ、エリンギ、秋鮭と、秋の味覚が美味しい季節に作ってみていただきたいレシピがこちらです。見た目あっさり、でも食べてみるとボリューミーな一品です。味付けのポイントはマヨネーズを使うこと。具材を適度な大きさに切り、マヨネーズで炒めてワインなどの調味料で煮込みます。マヨネーズとワインのコク、隠し味の醤油で、本格的な味が手軽に作れますよ。旬のもの使うので、リーズナブルに食材が手に入るのも嬉しいですね。ちょっとしたおもてなし料理にもどうぞ!

切ってあえるだけ!「大葉ツナトマトの和風パスタ」

切ってあえるだけと、とても簡単に作れるのにリッチな味わいなのがこちらの「大葉ツナトマトの和風パスタ」。あらかじめ大葉や大根、トマトなどを味がしみやすい大きさに刻み、ツナと梅干しを刻んだものを麺つゆであえておきます。次にパスタを時間通りに茹でます。こうすることで、パスタを茹でている間に刻んだ食材に味が馴染みますよ。時間通りに茹で上げたパスタを、和えたツナと野菜にまぜ、お皿に盛りつけたら出来上がり。さっぱりとしたパスタなので、食欲がない時などにおすすめです。夏はパスタをそうめんに変えてもいいですね。簡単なのでお子さんと一緒に楽しく作れますよ。

和と洋のハーモニー♪「しめじと玉ねぎの和風パスタ」

今日のお昼は何にしようかなと悩んだ時に、あっさりなのにしっかり味の和風パスタはいかがでしょう。材料は、しめじ、玉ねぎ、ベーコン、マッシュルームとお手軽なものばかりですよ。まず始めにパスタを茹で始めます。同時に、くし形切りに切った玉ねぎを透き通るまでよく炒めましょう。このレシピでは玉ねぎを1人あたり1個の分量で使っているので、これだけでボリューミーになります。透き通ってきたら、マッシュルーム、ベーコンと他の食材と炒めながら味を整えていきます。そこへ茹で上がったパスタをいれ、絡ませて味を整えて出来上がり。ポイントは、パスタを茹でた時、茹で汁は取っておくこと。具材と絡ませた時に、パスタが絡みづらいときには茹で汁を少し入れ、なじませるとパサつきをおさえることができます。具沢山なので育ち盛りのお子さまや旦那さまにおすすめなボリューム満点の一皿です。

和風パスタは手軽な食材で作れるものが多く、しかも時間もかからずに作れるレシピばかりなので、忙しい時にぴったり。バターをいれてみたり、そうめんに変えてみたりと、アレンジもできそうです。料理が苦手な人も作ってみてはいかがでしょうか。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部